3倍速学習法

「ago」と「before」の違いは?これを読めばスッキリ解決!

「ago」と「before」はどちらも「〜前」という意味ですね。

でもこの2つの言葉、あなたは正しく使い分けられていますか?

なんとなく両方使っている、という人も多いかもしれませんね。

でも「なんとなく」理解していてもあなたの英語力は上達しません!

そこで今回は「ago」と「before」の違いについてスッキリと整理してしまいましょう。

仕組みが分かればとても簡単なのでぜひこの機会に覚えてくださいね。

現在が基準の「ago」

「ago」の語源は「a」+「gone」で「ある出来事から〜だけ過ぎ去っている」という意味です。

話しては現在と比べて「〜前」という期間を述べていますので「ago」を使うときは必ず現在が起点となっています。

また「ago」はほとんどの場合数字を伴います。

数字でない言い方としては「long time ago」という言い方がありますね。

では例文をいくつか見ていきましょう。

I met him 2 weeks ago.

(彼に2週間前に会った)

I’m sorry, but deadline was over 3 days ago.

(申し訳ありませんが締め切り期限はは3日前に過ぎました)

I don’t remember that, because it was long time ago.

(随分むかしのことだったので覚えていない)

また「ago」は「back」に置き換えることができます。

She went out 1 hour ago.

She went out 1 hour back.

(彼女は1時間前に出かけた)

「back」を使った言い方は非常に口語的なのでビジネスの場で使うことは控えた方が良さそうですが、ネイティブスピーカーは日常会話ではちょくちょく使っています。

完全に「ago」と置き換えられるので英会話で試してみてください。

I went there 2 years back.=I went there 2 years ago.

(2年前にそこに行った)

こんな風に使うことができますね。

過去が基準の「before」

「before」の場合は話者の会話の起点は過去に置かれています。

例えば「昨日彼女と話した時に彼女は教師になって2年目だと言っていた」など、過去に視点が置かれた場合に「〜前」といいたい場合は「before」を使いましょう。

先ほどの日本語の例文を英語にしてみると

I met her yesterday, and she said she had became a teacher 2 years before

となります。

つまり彼女が教師になったのは話者と会話をした時点から「2年前」ということになります。

このように過去を基準として「〜前」というときは「before」を使いましょう。

では例文をご紹介します。

I studied English 2 years before I joined this company.

(この会社に入社する前に2年ほど英語を学んだ)

I exchanged with my parents a few days before my birthday.

(誕生日の数日前に両親と喧嘩をした)

I realized I had been there twice before.

(私は前にそこに2回行ったことがあると気づいた)

また過去をはっきりと起点にしていなくても漠然と「これまでに」と言いたい時も「before」を使うことができます。

I’ve been to Hawaii before.

(ハワイに行ったことがある)

I told you before. Do you remember?

(前にも言ったよ。覚えてる?)

また「before」の特徴は、過去を起点とするだけでなく、未来について語る時も「〜前に」という表現を使うことができます。

例えば「その日の2日前に電話します」だったら

I’ll call you 2 days before that.

と言うことも可能です。

未来について語る場合は、話者が話している日時や時間がすでにはっきり決められていることが条件ですね。

Before next week, let’s just finish up this.

(来週の前にこれを終わらせてしまいましょう)

こんな感じでも使えますね。

まとめ

今回は「ago」と「before」の違いについて解説していきました。

意外と簡単な使い分けでしたね。

今まではなんとなく使い分けていた人も多いと思いますが、これからは現在を起点にするのか、過去や日時の決まった未来を起点にするのか?

どちらかきちんと見極めて使うようにして見てくださいね。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<