「一緒に遊ぼう」は英語で?遊びに誘う時に使える英会話フレーズ3選

英会話に慣れるには、とにかくたくさん話すこと。

英語を話す相手をどんどん誘って遊びに行く機会を増やしましょう。

でもどうやって誘おうか・・

すでにそこから気が引けてしまったりして(笑)。

だって自分から誘うって、なかなか勇気がいるものです。しかも英語でなんですから。

でもうまく誘えたら、ちょっと自信がついてその後の会話もスムーズに行くかもしれません!

では、どんなシーンで、どんな相手にどう誘ったらいいか見ていきましょう。

友人を遊びに誘う時はこの文句!

親しい友人、または親しくなりたい人を気軽に誘うにはこれです。

・Let’s hang out this weekend! (今週遊ぼうよ!)

これはネイティブの人たちは本当に良く使ってます。カジュアルな感じですね。

改まってお誘いっていうニュアンスではないので、気楽に誘えます。

さらにもっと砕けた感じでは

・Let’s hit it up next week. (来週遊ぼー)
・Hit me up soon!(近いうち誘ってね!)

があります。Hit〜upで遊ぶ、一緒につるむ、っていう意味になります。

これはだいぶ打ち解けた友人間でのやり取りで、特に若い子たちが使ってますね。

「Hang out」 も「Hit it up」も語感がいいのでさらっと使ってクールに友人を遊びに誘ってみましょう!

まだちょっと距離がある人へのお誘いは?

ではまだちょっと距離のある人たちを誘う時、何て言ったらいいでしょう。

例えば、新しい職場の人たち、友人の友人、これから仲良くなるかもしれない、でもまだ簡単に気軽に「Let’s hang out soon!」とは言えない人たち。

いきなり気安く誘って引かれるのも嫌だし、丁寧すぎても堅苦しい。

そんな時はこう誘いましょう。

・Let’s get together soon. (今度ご一緒しましょうね)
・You wanna go out for drinks tonight? (今夜一杯どうですか?)

これです!丁寧すぎない!そして気軽すぎない。

こうしてお誘いしてどんどんお喋りして、気がついたらもう「Let’s hit it up!」って誘い合う仲になれてるかもしれないですね。

英会話の上達には、とにかく喋って喋って会話のフローを掴むことです。

そのためにもどんどん誘って遊びに行きましょう!

直訳したら「Let’s play together! 」。これって使えるの?

「一緒に遊ぼう」って直訳したら「Let’s play together! 」ですよね。

でもこれって実際使えるんでしょうか? どんな時に、誰が使うのか・・

それはズバリ、子供です。

「あーそーぼ!」です。筆者の3歳の息子も毎日毎日「Let’s play! Let’s play! 」連呼です。

でもこの間、アメリカ人の父親と息子の会話を何気なく聞いていたら、

「Daddy, We’ll  hang out this weekend right?」(お父さん、週末一緒に遊ぼうよね?)

なんて言ってるんですね。

男同士、ちょっと背伸びしてそんな言葉を使っていてなんとも微笑ましかったです。

まとめ

「一緒に遊ぼう」と英語で誘う表現を説明しました。

  1. Let’s hang out this weekend!
  2. Let’s get together soon.
  3. Let’s play together!

友人間での気軽な誘い文句、ちょっと距離のある人への誘い方、それに子供の「あーそーぼ!」ですね。

他には「Let’s play game」、「Let’s play baseball」などの、ゲームやスポーツをする時に「Play」は使われますね。

スマートに誘えたら、きっと楽しい時間を過ごせること間違いなしです。

これらを使いこなしてどんどん遊びに行きましょう!

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~