「ぶっちゃけ」を英語で言うには?日常で使える便利な表現方法

若者を中心に、近年すっかり定着した言葉「ぶっちゃけ」。

みなさんも日々の会話で多用しているのではないでしょうか。

こういった最近定着した言葉って、そのまま英語の辞書を引いても載っていませんよね。

でもこんなニュアンスの言葉を使えたら、英語での日常会話もこなれたものになるはず!

相手やその状況によって使える「ぶっちゃけ」を覚えましょう!

まさに「ぶっちゃけ」!みんな使いすぎなこの言葉

「ぶっちゃけ」って、元々の意味は「もうこの際はっきり言っちゃうけど」みたいなニュアンスですよね。

でもここ最近は別にぶっちゃけてない話でも、とりあえず「ぶっちゃけ」を話の頭につけてたりします。

そうすると、なんだかその話が「別にぶっちゃけてなくても」もっと興味深かったり、特別に面白いような感じに聞こえるからではないかなと思います。

それか単に、「ぶっちゃけ」って言うのが癖になっているとか(笑)

そんな感じの英語、あるんです。

・To be honest

・Honestly

直訳すれば「正直に言うと」ですね。まさに「ぶっちゃけ」。

この言葉、ネイティブの人たちめっちゃくちゃ使います。老若男女。

しかもぶっちゃけてなくても使います。

そういう意味でも、日本語での「ぶっちゃけ」と同じですよね。

話始めにとりあえずつける。ぶっちゃけてなくても、本当にぶっちゃけてても…

ということで、何気ない会話の始まりに、気軽にとりあえずつけてみましょう!

真剣な「ぶっちゃけ」もあるんです!

次はもっと、「本当にぶっちゃけ」たい時に使える言葉です。

・To tell you the truth..

これは、「実はね」とか「本当のこというと」といったニュアンスでしょうか。

「Honestly」と始まる話より、「To tell you the truth..」で始まる話の方が、ちょっと身構えて「えっ何々??」と聞いてしまう感じです。

例を出すとこんな感じです。

「Honestly..」(ぶっちゃけね..)

「What?」(何?)

「I really like this coffee!」(このコーヒー美味しいよねえ!)

「oh yeah me too.」(ね、私も好き)

軽いですよね、この「ぶっちゃけ、Honestly」は。

では次はどうでしょうか。

「To tell you the truth..」(実はね..)

「What?」(どうしたの?)

「I’ve been feeling very lonely and so depressed. 」(なんだか寂しくて、すごい鬱っぽいの。)

「Oh no, what happened?」(えっ何があったのよ?)

ちょっと本当にぶっちゃけられた感じですね。

話の重さなどによって使い分けられるとネイティブ感が出ますよ。

まとめ

何かと便利な「ぶっちゃけ」、英語でも場面によって使い分けられると会話の幅が広がります。

こういうちょっとした言葉を会話の始まりにつけられると、より自然な感じで話ができますよね。

  • To be honest, Honestly
  • To tell you the truth

軽い「ぶっちゃけ」、真剣な「ぶっちゃけ」。

みなさんも早速使ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~