ワーホリを利用してカナダで1年間働いてみて驚いたこと【体験談】

今回は僕がカナダで働いていたときのことについていろいろお伝えしていこうと思います。

僕が最初にカナダに行ったときはワーキングホリデイビザを取得してカナダに行きました。

そのビザは1年間の間だったら現地の人と同じ生活が出来るというものでもちろん合法的に働くことが出来ます。

すごく魅力的なビザで多くの日本人がこのビザを持ってカナダに語学留学、もしくは、働きに行きます。

そしてやはり現地で働き口を見つけるということが1つの大きな目標でもありますよね。これが一筋縄にいかないです。

今回はそんなカナダで働いてみたいと思っている方々に向けて、僕のカナダでの体験談をお伝えしていこうといきます。

なかなか働き口が見つからない!?

カナダへの留学は僕にとって一番最初のことだったのでもちろん英語力は全くありませんでした。

言葉が通じないと話にならないので、まずは最初の3ヶ月は語学学校に通うことにしました。

そこで3ヶ月みっちり勉強して、何とか英語でコミュニケーションがとれるところまでのレベルまでたどり着きました。

これも相当な量、勉強したのでまた別の機会でお伝えしたいところですが、今回は割愛します。

で、ここからが問題なんですが、この後どうやって仕事場を見つけるかですよね?

僕はもうとにかく何もわからなかったのでありとあらゆる情報を手に入れる努力をしました。

日本語でサポートしてくれるエージェントに聞いてみたり、インターネットでバンクーバーの情報を探してみたり、通っていた学校の先生や友達、現地の職場情報に詳しい人に聞いてみたり、いろいろやりました。

結果、とにかく行動するのが一番手っ取り早いと思ったので英語で作った履歴書とカバーレターを持って街に繰り出しました。

そしてとにかくこの履歴書をどんどん配りまくりました。たぶん100件くらい配ったと思います。

コーヒーショップやスーパー、デパート、フードコート、お土産屋さん、本屋さんもうどこでもよかったのでとにかく何も考えず思い立ったらすぐに行動しました。

ただ、英語を使う環境で働くというのが僕の中の絶対条件だったので、日本食レストランや日本人が多く働く場所は避けました。

日本語を使わない環境に身を置くということに関して多くの方が一度は壁にぶつかります。

やはり海外でせっかく英語を使う機会があるのに日本と同じ環境では意味がないし、周りの友達の中にはせっかく1年間いたのに全く英語力が伸びないという人も数多く見てきたので僕はそうはなりたくないと思い、意地でも英語環境の整った仕事場を見つける決意をしました。

しかしやはり英語力のなさを指摘されたり、うまくコミュニケーションがとれなかったりとなかなか雇ってくれる場所は見つかりませんでした。

ホストファミリーが協力してくれた!!

カナダでの滞在先はホームステイを選び、1年間同じところに住んでいました。

ホストファミリーはカナダに移住してきたフィリピン人ですごく優しい家族でした。

今でも繋がりがあります。

あるとき夕食時に、僕が「なかなか仕事が見つからないんだよね~」とホストファミリーと話していました。

そういった夕食時の英会話も楽しみの一つです。

で、家の近所にバーガーキングというハンバーガー屋さんがあるのですが、今日そこの近所のバーガーキングに履歴書を出してきたんだーと話をすると、なんとそこのオーナーもフィリピン人でうちのホストファザーと知り合いだということがわかりました。

そこから話が進み、ホストファザーがそこのバーガーキングと話をしてくれて次の日に面接という話になり、そのまま面接を受け、働くという経緯になりました。

ホストファミリーには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。こうして英語環境で働くという僕の一番の目標が達成できました。

英語環境で働くのは驚きの連続!!

学校以外の場所で英語が使えるというのは本場の英語に触れるということなのでワクワクがいっぱいでした。

初日は今でも覚えてますが、会う人みんなに積極的に話しかけコミュニケーションを取りにいきました。

もちろん仕事も真面目にこなし、もともと備わっている日本人としての気質(働くことに対しての真面目さ)もしっかり念頭に置き一生懸命働きました。

いきなりレジ係はちょっと無理だったのでまずはフードスペースの掃除、方付けから教わりました。

教えてくれる人は日によって変わりましたが、それでもゆっくり丁寧な英語で教えてくれたので僕でも非常にわかりやすくいろいろと勉強になりました。

後、普段よく使う表現というのもたくさん学ぶことが出来ました。

例えば何かお願いされるときにはCan you ~? (~してもらえる?)、こちらが何かしたい場合はCan I ~?(~してもいいですか?)といった具合に少しずつですが、こういった表現をマスターすることが出来ました。

これはお金も稼げて英語の勉強にもなるから一石二鳥でラッキーだなと感じました。

働くことへの意識の違い ~日本人と比べて~

これも非常に面白いなと思ったんですが、全体的に多くの外国人が働くことへの意識が低いということ。

僕は新人でしたし、言われたことに対してはNOとは言わず全てこなすようにしました。

働くことも好きですし、日本人は基本一生懸命に働く人が多いように思います。

だけど、そこで一緒に働いていた同僚は何かと仕事を押し付けようとするし、自分はなるべく楽をしようとします。

お客さんがいないときはフードスペースで寝転んだり、休憩でもないのにお菓子を食べだす人もいました。

これには逆に面白いなと思いました。

僕はさすがに休憩時間じゃないので同じようには出来なかったですが、同僚の中には、お前は働きすぎだからもっと楽にしろなんて言われたこともあります。

日本じゃありえないこの感じでも許される海外も逆に面白いななんて思いました。

お客側からしたらもっとちゃんと働けって感じですが、一方でこういう緩み方も日本でも少しはあれば鬱や過労死ということも少なくなるのかなと思いました。

僕は、、、、、やっぱり真面目に働く日本の方が好きかな ^^;

まとめ

他にもいろんな出来事があって非常に面白い日々でした。

ここでは全て書ききれないのが非常に残念です。

トータルでみて海外で働くということは僕にとって一生忘れられない体験になりました。

ここで触れた英語がきっかけでもっともっと英語を勉強したいなと思ったし、もっと海外の文化やいろんな人の意見を聞きたいと思いました。

こうして僕の体験談をみなさんにお伝えできるというのも素晴らしいことだと思います。

自分の知らない世界をみることが出来るのでカナダで働くということは非常におすすめです!!

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~