カナダに行ったら食べたい!在住者が教えるカナダ料理のおすすめBEST3

旅行の楽しみのひとつでもある現地の食事。

私も旅先で今まで食べたことのないような食べ物に出会って、良い刺激をもらったりしています。

この記事では、現在カナダ在住の私がおススメする、カナダに来たら食べたい、カナダ料理BEST3をご紹介していきます。

#1 カナダのファストフードの定番! プティン

「カナダで有名な食べ物って言ったら何ですか?」とカナダ人に聞くと、多くの人が教えてくれるのが、このプティン。

「プティンって何?」って感じですよね。(笑)

私もカナダに来るまで聞いたことがなかったのですが、プティンはフライドポテトにチーズ、そしてグレイビーと呼ばれるソースがかかった食べ物。

初めて見たときは、「この食べ物は、何?」と、見た目と量にかなり衝撃を受けました。(笑)

カロリーが結構気になりますが、奥深いグレイビーの味と、チーズの濃厚さ、そしてカリカリのポテトの食感が病みつきになるんです!

多くのファストフード店から、レストランまでいろんなお店で食べることができるので、試してみる価値ありですよ♪

#2 カナダと言ったらやっぱり サーモン料理

カナダの特産品と聞いて、サーモンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

カナダではサーモンが良く取れるので、サーモン料理もいろいろ。

スモークサーモンを使ったベーグルやピザ、サーモンのグリルに、サーモンの缶詰、そして日本食もとってもポピュラーなのでフレッシュなサーモンを刺身やお寿司で食べることもできます。

私のおススメは家庭で一般的に食べられる、サーモンのグリル。シンプルにサーモンをガーリックバターでソテーして、レモンを絞って食べます。

サーモンのおいしさが楽しめる簡単料理です。

日本人の私にとっては、時々、「日本の塩鮭が恋しいな~。」と思うこともありますが、サーモンはいろんな形で調理できるので、お魚が食べたいときは、ちょっと和風にアレンジして食べたりもしています。

#3 ブレックファストはカナダの食文化!

カナダの人は、朝食をレストランで食べるのが好き♪なので、ブレックファストレストランはいつもにぎわっています。

私は、日本で朝食をレストランで食べるという事はあまりなかったので、この文化にはちょっとビックリでした。

朝食のメニューは、ふわふわのパンケーキや、エッグベネディクト、ワッフルにオムレツなどレストランによっても様々。

私のお気に入りは、やっぱりパンケーキ!

バターミルクを使ったパンケーキはふわふわで独特の風味があり、とってもおいしいんです。

またパンケーキシロップも、日本のものとはちょっと違った味で、「海外でご飯を食べてる~。」と実感できます。(笑)

カナダの料理を楽しむなら、ブレックファストレストランも必見ですよ!!

いろんな食文化が集まる国、カナダ

私がおススメする3つのカナダ料理をご紹介してきましたが、カナダはいろんな国からの移民の方たちが一緒に暮らしている国。

なので、カナダらしい料理のほかにも、様々な国の料理が食べられるのも魅力です。

そして、カナダの人たちは異文化をとっても楽しんでいて、スーパーに行っても、インターナショナル・コーナーがあって、日本食材のお醤油やお米、南米で食べられるタコスを作るキットや、インド系のスパイスなど、いろんな食材を目にすることができます。

「だれがどんなものを買っているのかな?」と思って見ていると、アフリカ系の人が和食を買っていたり、私のようにアジア人がインドのスパイスを買っていたりと、みんな自分の食文化だけにこだわらず、様々な料理を楽しんでいます。

私も、スーパーに行くのが大好きで、いつもこのインターナショナル・コーナーに立ち寄ります。(笑)

見たこともないようなスパイスを見ていると、「これはお肉を使ったカレーに入れると、おいしいわよ。」と、インド系のおばさまからアドバイスをもらったりすることもあります。

カナダに来たら、スーパーをチェックするのも、カナダの食文化を知ることができて、楽しいですよ。

まとめ

  1. カナダのファストフードの定番プティン
  2. カナダと言ったらやっぱりサーモン料理
  3. ブレックファストはカナダの食文化!

カナダで暮らしてみて感じたのは、カナダ料理はとってもシンプルなものが多いということ。

また、様々な文化が入り混じった国でもあるので、今日はベトナム料理、今日は和食など、毎日違った料理を楽しめるのもカナダのおもしろさなんです!

カナダ旅行の際は、いろんな料理にトライして、リアルなカナダを楽しんじゃいましょう♪

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~