大学生は英語を独学で身につけるべき?留学なしでも通用する理由

どうも、REOです。

今日は留学しなくても英語は身につけられるよって話をしようと思います。

特に大学生で英語を勉強する人はかなり役に立つ内容だと思います。

僕自身、大学時代に「独学」で英語を勉強したことで、十分ネイティブにも通用する英語力を手に入れています。留学もしていないし、英会話教室にも通ったことはないです。やり方さえ間違えなければ独学はある意味、最強の方法ですね。

大学生活を無駄にしないためにも、ベストな方法を理解しましょう!

留学しても英語が身につかない理由

まず断言しますが、留学したからといって英語が身につくというのはありえません。

実際、留学して英語ができるようになったという人は、僕の周りでは一人も見たことがないです。(笑)

たしかに多少は英語ができるようにはなりますが、どちらかといえば外国の文化とかを知るために留学は行くものだと思っています。

なぜ留学しても英語が身につかないかというと、絶対的にインプットが不足するからです。

日本人で英語の思考回路がまだまだできていないうちは、リーディング、リスニングなどインプットを増やしていくことが大事なんですよね。

言葉っていうのは、インプットした分しかアウトプットできません。知らない単語、知らない音、知らない表現、これを話せるわけがないのです。

でも留学の弱点は、どうしてもアウトプットメインになってしまうことです。いきなり英語の環境に飛び込むので、インプットがおろそかになっちゃいます。

ちなみに英会話スクール・英会話教室もこれと同じで、いきなりアウトプットをやらせようとします。だから伸びません。

英会話スクールで英語を話せるようになった人も見たことがないです。(笑)

大学生は独学がコスパ最強

そこで独学ですね。大学生はどんどん独学で英語を勉強するべきだと思っています。

なぜなら独学は、インプットとアウトプットのバランスを自由にできる。自分のペースで勉強できる。お金がかからない。などなど、メリットが盛りだくさんです。ぶっちゃけ英語を習得するのに必要な条件は全部そろっています。

もちろんネイティブと会話するとか、生の英語に触れる。みたいな要素もあれば便利ですが、それはインターネットのサービスを使えば今の時代いくらでも実現できますよ。これについては別の記事で詳しく紹介したいと思います。

で、なぜここまで独学をおすのかというと、大学生で時間的にも余裕がある分、じっくりと英語力を鍛えてもらいたいからです。留学して付け焼刃の英語フレーズを覚えても、それは本当の英語力とは言えないと思うんですよね。

だからこそ、自分で課題を見つけながら段階的に学習を進めていって、「自力で」英語を身につけることが貴重です。

結局英語を習得するためには、どこかで必ず努力する期間が必要です。留学するにしても、人から教わるにしても、それを生かすには自分で勉強しないと始まりません。

学校の授業よりも家庭学習が大切なのです。予備校の授業を受けただけでは受験に合格できないのと一緒です。「独学の力」こそ一生役に立つものだと思います。

独学で英語学習を成功させるためには?

さて、じゃあどうやって英語を独学でやっていくか。正しい方法さえ続けていけば確実に力がつくのが独学ですが、なかなか何をしたらいいのかってわからないですよね。

そもそも、日本の義務教育で習ってきたような英語のイメージだと、絶対に英語は伸びません。(笑)

あれは受験のための英語なので、実際に英語が使えるようにはならないし、TOEICのスコアを伸ばすにしても限界が来ると思います。

そこで、僕が独学をする時にこだわっていた2点のポイントを教えます。

リスニングを中心に鍛えていく

英語を英語のまま理解したりだとか、いわゆる『英語脳』になるためにはリスニングを鍛えていくのがもっとも効率がいいです。

日本の学校教育では、リスニングはあまり重要視されていなくて、文法・英単語・長文読解などが中心だったと思います。その延長線上で独学をやってしまうとかなり危険です。

本来、言葉っていうのは耳を中心に覚えていくものなので。赤ちゃんもまずは耳から入りますよね。いきなり字を読まないし、喋りもしないです。

あと世界を見渡してみても、読み書きはできないけど言葉は話せるっていう人は沢山いますよね。

そういったことからリスニングの重要性が分かるかと思います。

せっかく大学生で時間もたっぷりあって、独学で好きな方法で勉強をできるのですから、どんどんリスニングの音声を聞きまくって、耳から英語を吸収しましょう。

ちなみにリスニングを鍛えるのにめちゃくちゃ使えるサイトを見つけたので参考にしてください。

ボイスチューブが便利すぎる件。英語学習めっちゃ捗る

モチベーションの管理

あとやはり、独学となると「モチベーションを保てるか心配・・」という人も多いと思います。僕自身、ナマケモノなので何度も苦労してきた部分です。

しかし、しっかりとモチベーションを管理して勉強を続けていけば、必ず成長していきます。

英語を身につけるには継続することが何より大事です。1か月集中して頑張った人より、3か月、半年と継続して頑張った人の方が力が付きます。

僕がモチベーションを維持するうえで重要だと思うのが、外部からの刺激をたくさん取り入れることです。勉強するための環境づくりだとか、目標を紙に書くとか。なんでもいいです。

間違っても自分のやる気を信用しないことですね。(笑)

やる気っていうのは必ず波があります。3日もすればどんな固い決意も少しは揺らぎます。だから自分の内部から湧き上がるやる気は信用せずに、外からの刺激をたくさん取り入れるようにしましょう。

大学生が勉強のやる気を出す方法をまとめてみました。

大学生必見!!勉強のやる気が起きない時にスイッチを入れる方法

まとめ

はい、というわけで、大学生が独学で英語を身につけていく方法を説明しました。留学しなくても、英会話スクールに通わなくても、英語の力はメキメキ伸ばすことができます。

大学生のうちに英語を習得すれば、この先めちゃくちゃ有利になりますよ。

TOEICのスコアが高ければ、就活の時にまわりに大きな差をつけることができるし、選べる職業の幅も広がります。給料の面でも優遇されます。

ぜひ英語をあなたの武器にしてください。

ちなみに僕が大学時代に、英語を習得するまでにおこなった手法を全てこちらにまとめています。

⇒独学でネイティブに通用する英語を身につける方法

興味のある方はぜひ。

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です