3倍速学習法

「あえて」を英語で言いたい時は?「Dare」の意味と正しい使い方

「あえて」を英語で言うと? 

辞書をまず引いてみると、「dare」が出てきます。

「dare to (do)~ 」で、「あえて〜する」となります。

これは「勇気を持って、恐れずに」といった意味合いになり、例文を出すと

・I dare you to call her. (彼女に電話しなよ。)

つまり「敢えて彼女に電話するように促す」「彼女に電話するよう勇気づける、焚きつける」といった感じです。

しかしこのニュアンスでの「dare」、会話では実際のところあまり使われません。

せいぜい子どもたちが言ったり、少々ふざけた時にわざと改まった言葉を使う感じで使ったりでしょうか。

もう少し掘り下げて見ていきましょう。

じゃあどんな風に「dare」は使われてるの?

「勇気を持って〜する」、「恐れずに〜する」といった意味でのdareはあまり普段の会話では使われなく、主に文章などで使われるということでしたね。

ではどんなニュアンスの「dare」が会話で使われているのでしょう。

代表的なものはこれではないでしょうか。

・How dare you!(なんだと!)

このフレーズに訳をつけるのもなかなか難しいところですが、「よくもそれができるな」といったニュアンスになります。

How dare you talk to me!(よくもそんな口がきけるな)

などです。

かなり強いフレーズですが、友達同士でのふざけた会話でもよく聞かれます。

・I knew she will cancel the dinner with you tonight!(今夜のディナーデート、お前絶対振られると思ってたよ!)

・How dare you~! (てめえ!)

という感じですね。

 

また、

・Don’t you dare! (〜するな!)

も使われますね。

例文を出すと

・Don’t you dare touch her!(彼女に触るな!)

ただ「Don’t touch her!」と言うよりもとても強い言い回しになります。

人差し指を相手の顔の前に突き出して、まっすぐ睨みながら言う。そんなイメージです。

 

またこんなフレーズも。

・Why did you do that!?(なんでそんなことしたんだよ!?)

・I did it on a dare!(だってそうけしかけられたんだ!)

ここでの「dare」は先ほどの「勇気を持って〜する」に少し近い意味合いになるというか、「on a dare」で「勇気付けられて」や「けしかけられて」といったニュアンスです。

・I dare you!(やってみなよ!)

も同じ感じですね。挑発するというか、けしかける、そんな感じです。

・I dare say~

となると、「あえて言うなら」、「恐れずに言うなら」という意味になります。

「わざと」なニュアンスは結局なんて言えばいいの?

ということで、「わざと」みたいなニュアンスの「あえて」は結局英語でなんて言ったらいいのでしょう。

一番しっくりくるのは「on purpose」です。

意図的に、わざと、という意味になりますね。例文を出すと

・He didn’t say that on purpose.(彼はそれをあえて言わなかった。)

意図的に言わなかった=あえて言わなかった、ということになりますね。

「on purpose」と同じ意味では他にも「purposely」「knowingly」「consciously」などがあります。

「知っていてあえて」といった意味合いですから、「dare」の「勇気を持って、勇敢に〜」とはまさに逆の「あえて」ですね。

これらを使った例文もあげておきます。

・She’s never purposely disappoint him.(彼女はわざと彼をがっかりさせたことはない。)
・He smiled knowingly and left the room.(彼は意図的な笑顔を見せて部屋を去った。)
・I talked in a low voice very consciously.(あえて小さな声で話した。)

といった感じで、全て「on purpose」と置き換え可能です。

まとめ

「あえて」を英語で言うと、ふた通りの「あえて」が見えてきましたね。

「勇敢に〜する」の「dare」、「わざと〜する」の「on purpose」。

そして日常会話での「dare」の使われ方は、「How dare you!」「Don’t you dare~」などでした。

これらは「あえて」ネイティブによく使われるフレーズを選びました。

真剣に怒っている時、また気の合う友達とふざけ合う時など、状況や相手を読み取って、上手に使ってみましょうね!

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<