英語の暗唱を「上手い」と思わせる3つのコツ。今日から実践してみよう

あなたは英語で暗唱をしたことがありますか?学校での英語の暗唱大会や会社での英語スピーチなど、英語に日常的に触れている人に暗唱が必要になる場面も多いですよね。

でも大量の英語を覚えるのは大変だし、せっかく覚えてもコツを掴めていなかったりすると、聞き手に伝わりにくいこともあります。

せっかく英語で暗唱をするなら「英語うまい!!」と思われたいはず。

そこで今回は、私の実体験を交えて、英語での暗唱のコツについてお話ししたいと思います。きっとあなたも活用出来るヒントがたくさんあると思いますよ!

英語の暗唱が上手く聞こえるポイント(1)

かつての私の発音は「ザ・カタカナ」英語でした。

なんとなく英語っぽく聞こえるよう口真似をしてみるものの発音は悪く英語も全く出てこないため、悔しい思いをたくさんしなければいけませんでした。

大人になってから英語を独学で始めたので、赤ちゃんの頃から英語に触れていた人のような能力を得るのは絶対無理…。そんな私が思いついたのが「上手く聞こえるように話す」ということです。

その方法はまず「W,R,F,V」を意識して大袈裟に発音するというもの。

W 短く強く「ウォッ」と発音する

R 大袈裟なくらい下を丸めて発音する

F 上の歯を下唇に乗せて息を出す

V 上の歯を下唇に乗せて息を出して振動させる

これらを意識するだけで誰がどう聞いても悪かった発音がかなり改善されました。

これらのアルファベットの共通点は「特に日本語の発音とかけ離れているもの」ということです。

あくまで個人的な見解で、そんなことない!と思う人も多いかもしれませんが、 Avril Lavigne やTyler Swift などは W が強めな気がします。二人とも人気歌手なので魅力的に聴こえる歌い方をしていたのかも知れません。

 

もう一つのポイントは文と文の間を短くすることです。例えば

I like apples…………because, apple is  sweet.

と間が空いてしまうと文章の流れを止めてしまい、英語が下手に聞こえてしまいます。

この場合、

I like apples, because apple is sweet.

英語学習者にとっては I like apples と because apple is sweet の2文のように思えますが、これは一つの文章としてサラリと読んだ方が上手く聞こえます。

暗唱の際も英語の流れを止めないように文の間の感覚を狭める意識をすると良いと思います。

英語の暗唱が上手く聞こえるポイント(2)

リエゾンを駆使すると英語が上手く聞こえます。
リエゾンとはある単語と単語が繋がると発音が変化するというもの。

では詳しく見ていきましょう。

Keep it up.(この調子!)

これを普通に読むと「キープ イット アップ」ですね。

リエゾンが働くと「キーピリアップ」になります。

ネイティヴスピーカーは舌が回りやすくするためにリエゾンを活用しているだけなのですが、私たちがリエゾンを使うと言いやすくなるだけでなく英語が上手く聞こえるという効果もあります。

だいたい T プラス 母音の時にリエゾンを付けることができますね。

下のような例があります。

Let it go. (放っておこう)

レリゴー

I like oranges, but I don’t like grapes.

アイ ライク オレンジーズ バライ ドンライク グレイプス

Give it up! (パーっとやろう)

ギビリラップ!

英語が第一言語でなく帰国子女でもない私たちが人に「英語が上手いな!」と思ってもらうには「上手く聞こえる」ような工夫が必要なのです。

今回の2つに気をつけるだけでも、かなりのパワーアップが期待できますよ!

人前で英語を暗唱する時に注意したいこと

英語で暗唱をする際に気をつけたいのは言葉の「間」と「速度」です。

下の文章はどのように読んだら大事なことが伝わるでしょうか?

English is what connect the people around the world.

(英語は世界中の人をつなぐものである)

まずEnglish のあと一瞬間を置きます。

そのことによって「英語がなんなんだろう」と人を惹きつけるのです。

その後 is what を言い connect をゆっくり言います。

人々が冒頭で抱いた疑問の答えだからです。

そして the people を言ったらまた少し間をおいて around the world をゆっくり言いましょう。

世界中の人をつなぐことが出来る!ということを強調することが出来ます。

日本語でもそうですが英語は特にこのスピーチのテクニックを大袈裟に使うと、伝わりやすくなります。

まとめ

  1. 「W,R,F,V」を意識して大袈裟に発音する
  2. リエゾンを意識する
  3. 「間」と「速度」を考えながら暗唱する

英語の暗唱をするときは上手い!と思わせるテクニックを使って、暗唱を工夫して見ましょう。

スピーチのコツを使うとさらに自分の表現力を高めることが出来ますよ。

それではまたお会いしましょう!see you next time!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

24歳の現在、僕は就職をせず、
世界中を飛び回って生活をしています。

一度きりの人生、やりたいことは沢山ありました。
そのために英語も勉強してきました。

けど現実はきびしく、
時間も限られているし
金銭的な問題もあるし
生活のために働く必要もある。

せっかく英語を勉強しても、
理想の人生を実現するのは簡単じゃなかった。

こちらのレポートにも書いたように
当時は様々な苦悩がありました。

そんな僕でも、今では英語を武器に
個人として自立していける力を身につけ
理想としたライフスタイルを実現できています。

下記、僕の無料メルマガでは
英語×自己実現の具体的内容を発信してるので、

現状の生活に物足りなさを感じている、
まだまだ人生で挑戦したいことが沢山ある、
そんな方はぜひ登録いただけると嬉しいです。

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<