教材選びについて

 

英語の教材を選ぶとき、

  • 本屋などで売られている書籍型の教材
  • ネット上で売られている情報型の教材

大きく分けて、この2種類があるかと思います。

 

それぞれ特徴も違っていて
どちらにもメリットデメリットがありますが、
僕は断然、後者のネット教材をおすすめします。

 

というのも、僕は最初は
書籍型の教材ばかりを集めていまして、

 

本屋さんに立ち寄れば必ずと言っていいほど
「あーこれめっちゃ欲しい!」と思って
1500円くらいの書籍をぽつぽつ買っていました。

 

どれもこれも良さそうに見えて
色々手を出したくなるんですよね・・。

 

まあ1500円ならなんとか買ってもいっか。みたいな。

 

けどその時買った教材が
役に立ったかっていうと、
どれも役に立ってないんですよね・・

 

書籍って買うのは気軽ですけど、
投げ出すのも本当に簡単にできてしまいます。

 

「やってやるぞ」っていう覚悟がないから
(最初はあってもすぐ消えるから)

 

僕は安く買った教材で学んだことって
本当に少ないんです。

 

じゃあ結局
何が役に立ったかというと、

 

一大決心して買った
2万円のネット教材でした。

 

ちなみにネット教材で一番有名なのは
「スピードラーニング」でしょうかね。

 

こういったネット教材は、
本や書籍、あるいは教室とは違って
以下のメリットがあります。

 

〇販売者の充実したサポートを受けられる

〇随時、最新版にバージョンアップされる

〇英語学習に役立つ特典がもらえる

〇英語教育のプロが教えている場合が多い

〇書籍よりも濃い内容が詰め込まれている

〇ダウンロード型で音声学習を中心に行うことができる

〇自分のペースで勉強を進められる

〇英会話教室に比べると断然安い(1~2万円が相場)

 

そして何よりも、僕の中では2万円という
いつもより高額なお金を払ったわけですから、
何から何まで吸収してやろうと思ったし
絶対に投げ出さないと心に誓ってやりました。

 

こういったモチベーションという意味でも
ネット教材を実践するメリットは大きいです。

 

逆にネット教材のデメリットを挙げるなら、

 

▲書籍と比べると値段が高い

▲購入するまで中身が分かりづらい

▲質の低いものも一部で存在する

 

といったところでしょう。

 

値段についてはさっき言ったように
メリットにもなるしデメリットにもなるので
人によって捉え方は変わると思います。

 

やはりネット教材となると
普段ネットで買い物をしない人は
多少の抵抗を感じたり、

 

中にはたいして内容でもないのに
販売ページだけ豪華に見せている物もあるため、

 

初心者の方は注意して購入するべきです。

 

もちろん素晴らしい実績の方が
本当に価値のある内容を
提供しているものもあるので、

 

「ネット教材=詐欺」という考えは短絡的ですが。

 

現に今の僕があるのも
優良なネット教材のおかげですし。

 

もし、

「2万円を返金するから、教材購入前の英語力に戻ってください」

と言われたら、全力で拒否します。

 

10万円でも、50万円でも嫌ですね。

 

その教材を使って身につけた英語力で
字幕なしで海外ドラマを楽しんだり、
海外に行っても現地の人と交流ができます。

 

それを50万円で手放すなんて、
絶対にありえない話です。

 

2万円は学生だった僕には怖かったですが
実際はリターンの方があまりにも大きかったです。

 

教材と言うのは、
英語学習のパートナーのような存在ですね。

 

英語という大きな目標に向かっていくには、
『羅針盤』として優良な教材を手にすることは
非常に重要な欠かせない要素です。

 

留学したり英会話教室に通うよりは
はるかに安い金額で済むものなので、
リスクも少なく充実した内容を学べます。

 

おすすめの教材については、
こちらにまとめているので参考にしてみてください。

 

⇒優良教材一覧

 

僕自身、英語にはお金をかけながら
ある程度の経験は積んできたと自負しています。

 

これを参考にしてもらえれば、
少しは安心して取り組んでもらえるかと。

 

———————————————————–

  英語習得入門

  英語を学ぶのに必要な費用

  教材選びについて

  英語脳の秘密

  右脳インプットの底知れぬ力

優良教材・オリジナル企画