3倍速学習法

「ドン引き」って英語で何という?場面別に使える6つのフレーズ

生活の中で、ドン引きしてしまう事って、誰にでもあるはず。

「付き合い始めた彼氏が子どもっぽすぎて引いた。」とか、「電車でお年寄りに席を譲らない若者を見てドン引きした。」など、いろんなシチュエーションがありますよね。

今回はそんな「ドン引きした」エピソードを話す時に使えるいろんな英語フレーズをご紹介していきます!

嫌な感じを伝えるなら「Off-putting/Putting off」

誰かの行動や発言に嫌悪感を抱いたり、不快な思いをした時には「Off-putting」や、「Putting off」というフレーズがよく使われます。

例えば、

I saw that the workers in that restaurant uses left over food to the other customer and it really put me off.

レストランの従業員が食べ残しを他のお客さんに使いまわしていたのを見て、マジでドン引きした。

とか、

I just started to date with Mark, but his childish behavior was off-putting.

マークと付き合い始めたんだけど、彼の子どもっぽい行動にドン引きしちゃった。

なんて感じです。

付き合うまでは分からなかった彼氏/彼女の性格に驚いてしまう事ってありますよね。(笑)

そんな話を友達とするときなどに、「Off-putting」や「Putting off」を使ってみましょう。

興ざめした感じを伝えるなら「Turn me off」

電気やスイッチを消す時に、英語では、「Turn off」という言葉を使いますよね。

そこに「Me」が入ることによって「Turn me off」となり、「自分のスイッチが切れる」=「嫌気がさす」、「興ざめする」といった意味になります。

使い方としては、

His arrogant attitude towards the waitress turned me off.

彼のウェイトレスさんに対する横柄な態度にドン引きした。

とか、

I was turned off by my friend’s careless words.

友人の心無い言葉にドン引きした。

といった感じになります。

人によってドン引きするポイントはいろいろですが、引かれてしまわないような行動をすることって、大事ですね。

「Gross」で引いていることを表そう

「Gross」という言葉には、「気持ち悪い」といった意味があります。

ですので、キモくてドン引きしてしまった時なんかに使えちゃうんです。

例えば、

You know what? Kevin asked me out even though he has a girlfriend!

聞いてよ!ケビンがデートに誘ってきたのよ!彼女がいるのに!

You must be kidding me! That’s gross!

うそでしょ?マジでドン引きなんだけど!

なんて感じになります。

「Gross」は「This octopus looks gross.」「このタコちょっと気持ち悪いね。」といった感じで、見た目が気持ち悪いものなどにも使われますが、「キモい―!」と言いたいときなんかにも「Gross!」と言うだけで、「キモい」と言った意味で使えます。

また、他にも「Disgusting」や「Yuck」なんかも同じような意味で使えるので、キモくて引いてしまった時なんかに使ってみましょう。

「ありえない!」と思ったら、「Eww」と言ってみよう

日本語でも気持ち悪い時に、「オエッ」とか、「ウエッ」なんて言ったりしますよね。

英語では、それにあたるのが「Eww」という表現。

「イウ―」といった感じで発音します。

私がオーストラリアで働いていたレストランに、ウナギの巻き寿司があったのですが、オーストラリアではウナギを食べる習慣はあまりなく、お客さんに「これ何?」と聞かれた時に、

This is eel.

これはウナギですよ~。

と言うと、

Eww

オエッー。

と返してくる人が良くいました。(笑)

ウナギの「Eel」(イール)が、「Eww」(イウ―)と似た音という事もあって、ちょっとふざけて言っている人もいましたが。(笑)

直接的に、「ドン引きする」という意味のある言葉ではありませんが、ドン引きした時や、キモいと思ってしまった時なんかに言ってみましょう。

言葉も出ない時は「Make me speechless」

引いてしまった時って、驚きすぎて、言葉も出ないことってありますよね。

そんな時は、「Make me speechless」という表現を使って見ましょう。

I saw that my boyfriend ate the whole cake without me, and made me speechless.

彼氏がホールのケーキを独り占めして食べたのを見てしまい、ドン引きした。(言葉を失ってしまった。)

なんて感じで使えます。

驚きすぎて言葉も出ない時に使えるフレーズです。

気持ち悪くなるほど引いてしまった時は、「Make me sick」

誰かの行動が具合が悪くなるほど嫌だったり、気色悪いと思った時には、「Make me sick」なんていうフレーズも使えます。

The chewing sound makes me sick.

くちゃくちゃ食べる音にドン引きしちゃうんだよね。

とか、

Her bad dress sense made me sick.

彼女のファッションセンスのなさにドン引きした。

なんて感じです。

具合が悪くなるほど引いてしまった時には使ってみるのもアリですよ。

まとめ

  1. 嫌な感じを伝えるなら「Off-putting/Putting off」
  2. 興ざめした感じを伝えるなら「Turn me off」
  3. 「Gross」で引いていることを表そう
  4. 「ありえない!」と思ったら、「Eww」と言ってみよう
  5. 言葉も出ない時は「Make me speechless」
  6. 気持ち悪くなるほど引いてしまった時は、「Make me sick」

今回は、「ドン引きしてしまった」と言いたいときに使えるフレーズをご紹介してきました。

「気持ち悪くてドン引きした。」とか、「~の行動にドン引きした。」など、引いてしまう理由はいろいろありますよね。

日本語では一言で表せますが、英語で「ドン引きした。」と言いたいときは、場面によってフレーズを使い分けれると良いですね♪

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<