英会話は継続は力なり!私にやる気をくれる5つのやる気スイッチ

私が英語の勉強を始めて、最初は新しいことを始めた勢いがあるから勉強が進むけれど、どんどんつまらなくなったり疲れてきて勉強を休むこともよくありました。

英語の勉強をやめてしまおうかと頭をよぎったこともありましたが、『英語だけは諦めたくない!』と試行錯誤を繰り返しているうちに自分の英語の勉強スタイルができて、自分なりにモチベーションを保てるようになりました。

今回は私がこれをするとやる気スイッチが入る!という方法をご紹介しますね。

モチベーションはなかなか続かない

私は英語を基礎から勉強し直すことにしたので、文法や単語を覚える勉強から始めました。文法や単語の暗記は正直あまり面白くない勉強だと思っています。学生の頃みたいな詰め込みの試験対策のような勉強法をイメージして同じような勉強の仕方をしていました。

文法書も英単語の参考書も面白味に欠けるし読んでいると眠くなってしまって…。

気分を変えようと発音の練習をしようとしても発音記号とアルファベットの発音の確認の練習はやっていても、ただただつまらない。次第に本を開くのも嫌になってしまいました。

でも、このまま英語の勉強から逃げていては身に付かないどころか英語の勉強をやめてしまうような気がして、私なりにどうにかしてモチベーションを保てる方法はないかと色々試してみることに。

色々試しているうちに英語も少しずつ身に付いてきて英語の勉強が楽しくて仕方なくなって、今は毎日英語を勉強しないと気が済まないようになったくらいです。(笑)

これが私の英会話やる気スイッチ

一時期CMから”やる気スイッチ”という言葉が流行りました。でも、本当に”やる気のスイッチ”ってあると思います。

私が英語の勉強を始めて、モチベーションが下がり勉強のやる気が出なかった時が何回かありました。私は飽き性なのでいつもなら投げ出してしまうところですが、英語だけは習得したい思いが強かったので色々な方法を見つけ出して今に至ります。

きっとあなたのやる気スイッチを押すことができる方法があると思いますので、ぜひ試してみてくださいね。

①具体的な目標を立てる

私は趣味として英語の勉強を始めたので喋りたいという曖昧な動機でしたが、それよりも具体的な目標を設定することの方がやる気が起きるキッカケになります。

例えば、TOEICや英検などの試験に申し込む。受けようか迷っているなら申し込んでしまった方がいいです。これは勢いですから、都合のつく日の試験に申し込んでしまいます。申し込んだら勉強するしかありませんから!

他には、短期留学や海外旅行の予定を決める。予定を組んでしまえば、勉強するしかありません。思い立ったが吉日です!

②英語や資格など色々な勉強をしている仲間を見つける

身近な人で英語の勉強や英語以外で何か資格の取得を目指している人がいないか探してみます。その時に自分が英語の勉強をしていることを公言してしまいます。

もし勉強している人が見つかれば、『その人も頑張っているのだから自分も頑張ろう!』とやる気が出ます。お互い励まし合って目標を達成できたら素敵ですよね。

私は英語学習をしている仲間がいるのでSNSで情報交換をしたり励まし合って英語学習を続けています。仲間のおかげで英語の勉強をやめないで続けることができているので、本当に感謝しています。

③YouTubeなどで外国人や英語の上手い日本人の動画を観る

私はこの方法を1番使います。YouTubeは英語の勉強に本当に役立っています。私の場合、鈴木亮平さんや歌手のAIちゃん・福士蒼汰さん・渡辺謙さんなどの英語インタビュー動画をよく観ます。

日本人で英語を習得した人達の英語を聞いて『私もやれば出来るはず!』とやる気が出ます。英会話やリスニングの勉強にもなるのでオススメです。外国人のインタビュー動画もカッコイイので憧れが増してやる気が出ます。

あなたもお気に入りの英語動画を探してみてはどうでしょうか?

④たまに外国人と話をする

私は英会話カフェに行って外国人と話す機会を作ったり、外国人の友人とWebcamで話したりしています。自分の英語のレベルや話した後自分の会話を振り返って反省点がわかるので、もっと勉強しようとやる気が出ます。

毎回外国人と話した後に自分の英語を振り返って、強化しないといけない部分を見つけては勉強を繰り返すのも効果的ですよ。

私は語学に終わりはないと思っています。外国人と話しながら常に勉強していく姿勢を持ちましょう。

⑤英語を使わないといけない環境を作る

このやる気スイッチは実際難しいことかもしれませんが、確実にやる気が出て英語が最も身につく方法だと思います。

私は英語を使う仕事を始めました。やる気を超えて強制的に自分を英語環境に置くことにしました。外国人の集まる飲食店や英語を使うアルバイトをしてみるのも一つの方法です。

社会人の方はもう既にお仕事をされているのでなかなか難しいと思いますが、そんな方はスマホの設定を英語にしてみたり、スケジュール帳や日記などに書くのは英語にする。英語オンリーのブログやTwitterなどのSNSを始めるといったように英語環境を作ってしまうのです。

あなたの可能な英語環境を作ることは、やる気スイッチというよりはやらなければいけないことになるので最初はキツイと思うことが度々あると思いますが、確実に英語を習得できるし英語の勉強を続けているとどんどん英語環境になっていきますので、そんな生活が普通になります。そうなれば、英語はあなたの言語になっています。

やる気スイッチは誰にでもある!

いかがでしたか?あなたのやる気を刺激してくれそうな方法が見つかりましたか?

人間いつもやる気がある訳ではありません。本当にやる気が出ない時は英語の勉強は休んだ方がいいと思います。私も時々英語の勉強を休んでいます。

でも、勉強という形でなく英語に触れています。英語を使う環境にいるので勉強するという意識がなくなってしまっただけかもしれません。勉強だと思い過ぎるとしんどく感じますが、英語が日常になってしまえば自然な自分の生活の一部になりますよ。

英語をより身近に取り入れて、あなたのペースであなたのやりたいように英語を日常に取り入れてくださいね。

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。