3倍速学習法

「ご飯支度」は英語で何という?海外でよく使われている表現とは

日本語だと一言で済むことも、英語ではいろいろと言い方がある場合があります。

例えば「ご飯」。

日本語なら、お昼頃「ご飯にしようか」と言えば、昼食のことですし、夕方、お母さんが「そろそろご飯よ〜」と呼んでくれたら、それは夕食とわかります。

でも、英語だと、それぞれ朝食なら「breakfast」、昼食だったら「lunch」、そして夕食が「dinner」 と言わなければならないですよね。

では、「ご飯の支度をする」ってなんていうのでしょうか?

英語をネイティブとして使う方達の「食に関する言葉」をまとめたのでご紹介します!

「ご飯の支度をする」ってなんていうの?

この「ご飯の支度をする」を英語にするにはいくつかの言い回しがあります。

その中でも、ご飯(夕食)の支度することを単純に直訳して「prepare dinner」と使うことが多いですね。

My husband and I have a party tonight, so I have to prepare dinner earlier.

(今晩、主人と私はパーティに行くので、早めにご飯の支度をしなくてはいけないわ)

または、「get dinner ready」を使っていう場合もありますね。

If you don’t study now, can you help me to get dinner ready?

(もし勉強してないなら、ご飯の支度を手伝ってくれる?)

などになります。

他にも、ご飯にまつわる言い方というのはたくさんあるので、ご紹介します。

「ご飯ができたわよ〜」を英語でいうと?

よく英語のファミリードラマなどをみていると出てくるこちらの言い方「ご飯ができたわよ〜」。

お母さん役の人は部屋にいる子供達に向かって

Dinner is ready! Come here!

(ご飯ができたわよ。来なさい〜)

と言って、呼び寄せていますね。

もちろん、これが朝食なら「Breakfast is ready.」に変わりますし、昼食なら「Lunch is ready.」に置き換えるだけでいいですね!

他には、

It’s dinner time.

Time for dinner.

(ご飯の時間よ〜)

などもあります。

こんな簡単な言葉が生きた英語表現なので、ぜひ、覚えて使いたいものですよね。

英語で「いただきます」や「ごちそうさま」ってあるの?

日本語の「いただきます」という言葉には、「食材や作ってくれた方への感謝の気持ち」から、「いただかせていただきます」という言葉の語尾を取ったと言われています。

英語では、残念ながらこれに直訳する言葉は見当たらないです。

でも、ご飯の前にあえていうなら、「食べましょう」の意味で

Let’s eat!

(いただきます)

と訳されることがあります。

感謝の意味を込めて「Thank you for cooking.」を付け加えてから「Let’s eat!」といえば、丁寧ですね。

「ごちそうさま」の方も同じように「ご馳走を作ってくれた方への感謝の気持ち」から、「ご馳走」に「様」をつけて「ごちそうさま」になったと言われています。

こちらの方も、英語では直訳する言葉は見当たらないのですが、感謝の意味として同様に

Thank you for your nice dinner (meal).

(ごちそうさまでした)

というように使うことが多いですね。

外国でお呼ばれした時、食べる前、そして食べた後にちゃんと挨拶できたら、きっと喜ばれること間違いなしです。

ぜひ使ってみてください。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<