3倍速学習法

「Good job」の意味や正しい使い方は?目上の人には使っていいの?

「Good job」は日本語でもカタカナで「グッジョブ」と使われるように比較的使いやすくよく知られているフレーズですよね。

直訳すると動詞がなく「いい仕事」となりますが、「よくやったね」とねぎらいの言葉になります。

では目上の人に「Good job」と言っていいのでしょうか?

また頑張った友達、同僚、後輩に英語でその人の頑張りを褒めたいとき、毎回「Good job」ではなんだか味気ないですよね。

今回はそんな簡単なようで少し複雑な「Good job」の意味や使い方を例文とともに紹介します。

また言い換えのフレーズ、目上の人に「Good job」と言いたいときの失礼にならないフレーズも合わせて紹介しますのでチェックしてください。

「Good job」の意味と使い方を例文で紹介!言われたらどう返せばいい?

「Good job」という表現には、「よくやった」「よく頑張った」という意味があります。

日本でも良く使われていて、英語圏なら頻繁に聞くフレーズです。

主語と動詞(誰がどうしたのか)は目の前の相手に言う場合ならわざわざ言わなくても伝わるので、この場合は省略されています。

それでは、実際に「Good Job」を使った例文を見ていきましょう。

・よく頑張ったね!

「You did a good job!」

・頑張ってくれてありがとう

「Thanks for the good job.」

・今日はお疲れ。

「Good job today.」

・彼女はうまくやっています。

「She is doing a good job.」

・いい仕事を見つけられた。

「I found a good job.」

省略しないで「Good job」を使うと最初の文のようになります。

過去形ではなく完了形にして「You have done a good job!(よくできました!)」と言うこともできます。

何か助けてもらった場合など感謝の気持ちを述べたい場合は「Thanks for~」と付け加えると丁寧ですね。

また文を現在進行形にすると「うまくやっている」といった意味になります。

最後の文はねぎらいの言葉ではなく普通に「Good job」を名詞として使った場合の表現でした。

・ありがとう、そう言ってもらえて嬉しいです。

「Thank you. I’m glad to hear that.」

・まだまだ勉強中です。

「I’m still learning.」

返すときは、「Thank you」か、相手も一緒に頑張ったときには「You too!」と返すといいでしょう。

「Good job」の後に色々褒めてもらった場合には例文のように自分の今の心情を伝えられるといいですね。

日本人的には謙遜して「いやいや。」と言いたいことも多いと思います。

その場合には二番目の文がぴったりでしょう。

「Good job」と言いたいときに使える言い換えフレーズ集

「Good job」以外にも相手の仕事ぶり、やったことを褒めるには色々な表現があります。

一番簡単な言い換えは、「Job」の前の言葉を他の言葉に、「Good」より褒める程度が大きいものやより具体的な言葉にするか、「Job」を「work」に言い換えることです。

そのほかにもねぎらいの意味のある簡単なフレーズをここで紹介します。

・頑張ったね!

「Great job!」「Nice work!」「Excellent job!」

・よくできました。

「Well done,」

・よく働いてくれてありがとう。

「Thank you for working so hard.」

「Well done」は学校生活をしていると毎日どこかで聞く言葉です。

「Good job」と全く同じ使い方をしますので、違いはありません。

「Thank you」を使った文を先ほども紹介しましたが、友達の間でも「Thank you」を使った表現にすると柔らかく丁寧な表現になります。

目上の人に「Good job」と伝えたい!失礼のない表現を紹介

「Good job!」ともし後輩や自分より立場が下の人に言われたらどう感じますか?

特に気にしない人もいる、というのはもちろん日本だけでなく海外でも言えることです。

しかしちょっと違和感を感じた人もいるのではないでしょうか。

目上の人に「Good job」のような言葉を失礼の無いように言う方法を紹介します。

・あなたからたくさんのことを学ぶことができました。ありがとうございます。

「Thank you very much. I learned so much from you.」

・一緒に働くことができて嬉しいです。

「I am glad to work with you.」

・助けていただきありがとうございました。

「Thank you for your help.」

一緒にチームで働いた場合は、助けてもらったこと、学んだことを感謝するように英語を作るのが無難です。

また会社の雰囲気によってもどんな言葉を使うべきかは変わってきますので、慣れないうちは周りの言葉遣いをよく観察するのがいいと思います。

まとめ

今回は「Good job」の意味や使い方、言い換えの表現について紹介しました。

  1. 「Good job」の意味と使い方、言われた時の返し方
  2. 「Good job」の代わりに使える言い換え表現
  3. 目上の人へ失礼にならない「Good job」のニュアンスが入った表現

英語圏では、なんでもかんでも褒めていくスタイルの人がとても多いです。

ビジネスの場面では日常生活よりは減りますが、それでも色々な表現で相手を褒めます。

子供相手なら1日に何度言うか数えきれないほどです。

「Good job」と言った後でも、何がよかったのか、どうよかったのか具体的にするとより相手とのコミュニケーションが円滑に進みますので、思い切ってたくさん使っていきましょう。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<