私が英会話の発音を独学でマスターするために行った3つの学習法

英語を独学で学んでいるあなた!発音ってどんな風に身に付けたら良いのか迷いますよね。独学で発音を学んで正しい発音が身につけられなかったら、と心配になる人も思います。

発音も独学で頑張ってみよう!と心を決めたとしてもどうやって勉強したら良いか分からない…という声も聞こえてきそうです。

そこで今回は英語の独学者がどのように英会話の発音を勉強したら良いのか、そのヒントをご紹介したいと思います。

全て私が実際に実践してきた学習法なので「Riko風オリジナル学習法」ですが、あなたの独学のヒントになれば嬉しいです!それではさっそく始めていきましょう!

発音は独学でも大丈夫?

大丈夫です!

日本語と英語では動かす口の筋肉が違うので、完全にネイティヴと同じ発音になるのははっきり言うと特に社会人になってから英語の学習を始めた人にとっては難しいです。

しかし「ネイティヴ」っぽい発音を真似し続けることで、いつの間にかネイティヴに限りなく近い発音を習得することは可能です!

発音の基本は押さえておこう

私がまず実践したことはアルファベットの基本の音を覚えることでした。フォニックスなどでなくアルファベットひとつひとつの音です。

  • B 口を閉じた状態から思い切り空気を出して破裂音で発音する
  • F 上の歯を下の唇の上に重ねてそこから空気を出して発音する
  • L 舌で上顎の前の方に触れて発音する
  • M 最後に口を閉じて発音する
  • N 最後に口を開いて発音する
  • R 舌を丸くまるめて発音する
  • V “F”と同じ口の形で口の力を抜いて唇を振動させて発音する
  • W 口をすぼめて大きく開く力で発音する

これだけまずは押さえれば大丈夫です!もちろん私も最初は上のように文章で書かれていても「?」という感じでしたが、意識しながら続けていくうちになんとなく掴めるようになりました。

はじめから出来ないと決めつけるのではなく、いつも頭の中に置いておき意識し続けることが大切です。発音が少しずつ改善されていきますよ!

リエゾンを攻略しよう

英語のリエゾンとは英単語と英単語のつながりよって発音が変わる現象のこと。これを攻略することによって発音がぐっとネイティヴに近づきます。

またこれを理解することによってリスニング力も大きく上がりますのでぜひマスターしましょう。

例えば、live it up (パーっとやろう!)という単語。

普通に読むと「リブ イット アップ」ですね。これがリエゾンの現象が起きると「リビリアップ」という発音になるのです。これが「リエゾン」と呼ばれる現象です。

恐らく言いやすさのためにこの現象が起き起きているのだと思います。日本語会話で「分からない」よりも「分かんない」の方が使われているのと同じですね。

他にも

right away (すぐ行きます!)「ライト アウェイ」→「ライラウェイ」

shake it off (気にしない!)「シェイク イット オフ」→「シェイキリオフ」

などもあります。子音+母音の流れの時にリエゾンが起きていますね。But I の時もリエゾンが起きるので「バット アイ」と言うよりも「バライ」と言うとかなりの発音の改善になりますよ!

私も最初はかなり苦労しました。やはりどうしても単語と単語を区切って読んでしまい、リエゾンを見逃してしまいカタカナ英語から中々抜け出すことが出来ませんでした。

でも諦めずにネイティヴの英語をネットなどで聴き続け、何度も何度も繰り返してリエゾンを頭に叩き込みました。

リエゾンが出来るようになるとかなり発音が上手くなったように聴こえるので、英語を勉強話すのが楽しくなってどんどん人前で積極的に英語が話せるようになります!

独学で発音を鍛えるのに役立つ教材

私はyoutubeの英語学習チャンネルを利用していました。私のオススメは“espresso English”というYouTube チャンネル。

発音についてだけでなく外国語として英語を勉強する人の為に英語に関する知識がぎゅっと詰め込まれています。10分〜20分程度の動画が全部で150本ぐらいあります。全ての動画に字幕がついていて、はっきりとゆっくり読まれていふので、とてもわかりやすいですよ!

私はこの動画を全部観ました。説明している内容で学ぶことも多かったですし、それを説明する英文の中にも知らない単語がたくさんあって学ぶことが多かったです。

もちろんこの動画を通してリエゾンを勉強することもできます。発音について取り扱っている回もたくさんあるので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

英会話独学者が英語の発音をマスターするコツは「いかにそれっぽい発音に近づけるか」だと思います。真似をし続けていればそれがいつしか本物になっていくものです。また真似をすることで本当の発音と自分の発音のどこが違うのかを見極めることもできます。

練習をしていく過程で少しぐらい日本語っぽい英語になってしまっても全く気にすることはありません。下手な発音を何度も何度も繰り返して、何回も何回も間違わなければ本当に上手くなることは出来ないですからね^^

私の経験が少しでもお役に立てば幸いです。あなたもぜひ自分の発音を学ぶヒントにしてみてくださいね。それではまた!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

24歳の現在、僕は就職をせず、
世界中を飛び回って生活をしています。

一度きりの人生、やりたいことは沢山ありました。
そのために英語も勉強してきました。

けど現実はきびしく、
時間も限られているし
金銭的な問題もあるし
生活のために働く必要もある。

せっかく英語を勉強しても、
理想の人生を実現するのは簡単じゃなかった。

こちらのレポートにも書いたように
当時は様々な苦悩がありました。

そんな僕でも、今では英語を武器に
個人として自立していける力を身につけ
理想としたライフスタイルを実現できています。

下記、僕の無料メルマガでは
英語×自己実現の具体的内容を発信してるので、

現状の生活に物足りなさを感じている、
まだまだ人生で挑戦したいことが沢山ある、
そんな方はぜひ登録いただけると嬉しいです。

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<