3倍速学習法

「復縁」を英語で何という?ヨリを戻す、やり直すなど様々な言い方

恋人とヨリを戻す、元のサヤに戻る…「復縁」って英語で何て言うのでしょうか?

誰かとヨリを戻したい時、誰かの噂話の時など、知っておいたら損はない言葉ですよね。

恋愛系の噂話は、どこの国でもどの世代でも、みんな結構好きなものですよね。

日常会話でも、恋愛系のフレーズを結構知っておくと何かと役に立つのではないでしょうか。

特に女の子同士だったら、そんな恋話が一緒にできるようになってくると、一気に距離が縮まって仲良くなれたりしますよね。

雑談がどんどん弾んで、楽しい会話ができるようになってくると、英会話の自信もどんどんついてくるはずです。

そんなわけで、「復縁」を英語で何というかみていきましょう。

「ヨリを戻したい!」を英語で

いわゆる「復縁」、ヨリを戻したい、はこれです。

・Get back together.

復縁したい、と言いたい時はこれを使って「I want to get back together with you.(あなたとヨリを戻したいの。)」と言えばいいわけですね。

そしてもし復縁できたなら、「I got back together with my ex. (元彼とヨリを戻したの。)」となるわけです。

「ex」は、元〇〇の意味です。「Ex girlfriend」「Ex boyfriend」と言って、元彼女、元彼氏を表します。

「Ex wife」「Ex husband」で、元妻、元旦那です。

でもこれらはいちいち「ex 〇〇」とは言わず、ただ「ex」ということが多いですね。

発音は、そのまま「エックス」です。

「やり直す」のニュアンスが強い復縁の言い方

やり直すといったニュアンスを強く感じさせるのは

・start over

といった言い方でしょう。

「We started all over again.」で「最初からやり直す事になった。」となります。

「Let’s start over again.」で「やり直そうよ。」です。

寂しくてもう一度ただくっついた、というよりは、問題があったけれどお互いに頑張って関係を修復する、といったニュアンスですね。

 

また、似た表現では

・Worked it out

があります。

これも「関係を修復する」といったニュアンスです。

「We worked it out.」で「私たちやり直したんだ。」といった感じになりますね。

 

それから、

・We are on a rebound.

で同じく「私たちやり直したんだ。」と表現することもできます。

復縁を繰り返す人々を表す言葉

別れてはまたくっついて、また別れて、またくっついて…そんなカップル、みなさんの周りにいませんか?

不思議なもので、世界中になぜか結構いるんですよね、そういうカップル。

最初はみんな別れるたびに心配して、慰めたり励ましたりするんですけど、だんだん「別れたの」と聞いても、どうせまた戻るんでしょ?と呆れられてしまうという。

そんなカップルを表すフレーズがこちらです。

・On-again, Off-again relationship

「on relationship」で付き合っている、「off relationship」で付き合っていない、というわけですね。

それを繰り返しているので「On-again」「On-again」なわけです。

ちなみに「relationship」は「関係」という意味で、恋人関係はもちろん、友人関係、家族関係と全ての関係を表すことができます。

そして恋人同士限定で、「in a relationship」で付き合っている、という表現になります。

日本では、「付き合おう」と告白をして恋人同士になるという事が一般的ですよね。勇気を出して好きな人に告白して、OKをもらえたら、晴れてその人と恋人になるという感じですね。

でも欧米の恋愛事情はちょっと違うんです。「告白をして、恋人になる」というのはなく、まず「date」、デートをするというところから始まります。2人で映画に行ったり、大人だったら飲みに行ったりするんですね。

この状態を「They are dating(彼らはデートしてる)」というんです。

または「They are seeing each other.」や「They go out together.」と言います。

どれも同じニュアンスで、カジュアルに2人きりで良く出かけたり、遊んだりする仲という感じです。

ただの友達ではないけど、真剣に交際をしているわけでもないというわけです。

なので、中には何人かと同時にデートをする人もいます。でもただデートしているだけなので、浮気にはならないんですね。

そしてしばらくデートを続けて、お互いこの人だ!と思えば、「in a relationship」、つまり真剣交際に発展するわけです。これを「commitment」と言います。

「誓約」とかいう意味もあるこの言葉、この「commitment」は恋愛においては結構ヘビーなニュアンスで、コミットして付き合うと、もちろんもう他の人とデートもできませんし、きちんとしたお付き合いになるわけですから、「commitment phobia(コミットメント恐怖症)」なんていう言葉もあるほどです。

独身貴族でいたい男性に多いような…。

「in a relationship」になってようやく、お互いを「girlfriend(彼女)」「boyfriend(彼氏)」と呼び合い、「I like you」でなく「I love you」と言い合うようになるわけです。結構慎重ですよねえ。

なので、欧米の人と一度デートしただけで、いきなり「I love you」と言ったら引かれますので、ご注意を。

まとめ

というわけで、「復縁」と、恋愛にまつわる言葉を少し見ていきましたね。

ここでもう一度、「復縁」の表し方をまとめると、

  • Get back together.
  • Start over
  • Worked it out
  • On a rebound.

です。

恋愛系でも雑談をどんどん膨らませて、英会話に自信をつけていきましょう!

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<