英語の聞き取り3つのコツ!!できる人は無意識にやっている事とは?

こんにちは、Atsukoです♪

日本人の傾向として、リーディングは何とかできるけど、リスニングや会話になると相手の言っていることがわからなくて苦手という人が多いですよね。

私も、英語は前からある程度できる方だと思っていたのですが、ワーホリで入学した語学学校で最初に入ったクラスの先生(イギリス人)の言っていることが全く分からず慣れるまで苦労しました。

逆に、その先生の言っていることがわかると授業内容の理解度も格段に上がりましたし、会話も難なくできるようになっていきました。

そこで今回は、英語の聞き取りができるようになる3つのコツをお伝えします♪

聞き取りのコツ①文章のリズムをつかむ

英語は日本語に比べると、1つの文章の中で強弱がわかりやすくつけられます。しゃべっている人が伝えたいこと、重要なことは自然と強く発音されますし、逆に補足的な単語やそこまで意味がわからなくても構わない言葉は弱くなります。

このリズムがわかると、自然と流れで英語が耳に入ってくるようになります(もちろん聞き慣れることは大切ですが)。

基本的には、主語・動詞・名詞は強く発音される傾向にあります。また前置詞(onやinなど)は弱くなることが多いです。

聞き取るのが不慣れな時は、まず聞こえてくる音をキャッチするのがいいと思います。私も、初めて語学学校の授業に参加した時に、先生が速いスピードでしゃべっていたので全文を聞き取ることはできませんでしたが、強調したいところはちょっと声が大きくなったり、すこしゆっくりはっきり発音していたので、そういう単語から聞き取るようにしていました。

聞き取りのコツ②最初の2,3語までを集中して聞く

長い文章を正確に聞き取るのはかなり難しいですし、体力がいります。しかし、英語は日本語と違って主語のすぐ後に動詞が来るので、冒頭の2,3語ぐらいまでを聞き取れたら、その文章の大まかな内容がわかります。

例えば、「I like reading a book before going to bed.」という文章があるとします。

”I like reading”まで聞き取れれば、何かを読むのが好きなんだなというのがわかります。Beforeより後は本を読むシチュエーションなので、読むことの補足になるので、最悪聞き取れなくても相手の言いたいことは伝わりますよね。

私は相手のしゃべるスピードが速かったりうまく聞き取れなかったりするときは、文章の後半部分を思い切って聞き流します。最低限その人が言いたいコアの部分が聞けたら、あとはもう一度言ってもらうように頼んだり、質問をしたりできるからです。

また、もししゃべる相手が上の例文のBeforeより後の言葉を強調したい場合は、大きくはっきり発音してくれることが多いので、そこを言いたいんだなということが伝わります。

英語ができるようになれば、耳でキャッチできる単語の量も増えてくるので、最初は大事な冒頭部分だけに集中することが大切です。

聞き取りのコツ③大きなフレーズで意味を理解する

英語を1語ずつ正確に聞き取ることはかなり難しいのですが、苦手な人ほど全部きちんと聞こうとしがちです。しかし、英語は前後の言葉同士がつながるリンキング(またはリエゾン)や、2,3語のフレーズで一つの意味を持つ言葉がたくさんあるので、1語ずつ意味をとるのは大変です。

また、日本語に句読点があるように、英語も息継ぎの瞬間や文章のまとまりごとにちょっとした行間のようなものができるので、そのくくりで大まかに聞き取るようにすると理解しやすくなります。

聞き取るときは、リーディングのように英文を正確に和訳する必要はありませんから、頭の方から意味を少しづつ理解できれば、相手の言いたいことは十分理解できます。

英語が流れるように聞こえるのは、リンキング(on and onがオーネーノンのように聞こえること)や熟語(get on やcome onのように2つ以上の言葉を使って意味があるもの)が使われているからで、まずはこういうくくりで聞くようにすれば、次第に意味が分かると思います。

TOEICなどのリスニング問題は、通常の会話以上にフレーズ毎で区切ってしゃべっていたりするので聞きやすいと思いますし、実際に私もワーホリ後で耳が慣れた状態で昨年TOEICを受験した時は、リスニングが意味をつかみやすいようにしゃべってくれているなと感じました。

まとめ

以上が英語の聞き取りで重要なポイントです。

  1. 文章全体のリズムをつかむ!
  2. 最初の2,3語に意識を集中する!
  3. 大きなフレーズ単位で理解する!

私はこれまで、自分がどうして英語が聞き取れるようになったかあまり考えたことはなかったのですが、この3つのコツがつかめたなと実感した時に英語がクリアに聞こえるようになったと思います。

今はインターネットやテレビで英語の素材はたくさんあるので、日常的に英語を耳に入れてこれらのコツをつかめれば、海外に行かなくても十分聞き取れるようになると思うので、参考にしていただければ嬉しいです。

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。