3倍速学習法

「Kill」の6つの意味を紹介!スラングや意外な使い方とは?

「Kill」と言えば、小学生でも知っている単語ではないでしょうか?

私が小学生だった頃はまだ、英語教育を小学生から、なんて気配すらありませんでしたが、そんな私でも「Kill=殺す」ということは知っていました。

確か、当時ハマっていた「タイガーマスクII世」というマンガの中で、外国人レスラーが「アイル・キル・ユー」とつぶやく場面がたくさんあったように記憶しています。

そんな「kill」ですが、実は「殺す」以外にも色々な使い道があります。

その多くは、スラングですけど・・・。

Killの基本の基本。時間つぶし、暇つぶし

特にスラングではなく、普通の日常会話で利用出来る言い回しです。

例えば

I’m going to the movie tonight just to kill some time.

と言えば、

今夜、暇つぶしに映画にでも行ってくるわ。

というような意味になります。

Kill = 止める・消す

マニュアルのバイクに乗っている方々であれば、ご存知かと思いますが、ハンドルの右側(つまりアクセル側)の親指が当たるあたりに「キル・スイッチ」というものがありますよね。

通常は、赤いスイッチになっているかと思います。

これを英語で表記すると「Kill switch」ですね。

これは電気や燃料を遮断することによって、エンジンを手軽に止めることができるスイッチです。

日常的な会話でも「エンジン止めて」という時に「Kill」はよく使います。

例えば、

Can you kill the engine so I can hear your voice?

あなたの声が聞こえないから、エンジン切ってもらってもいい?

また、エンジンだけではなく、「電気を消す」という意味でも使います。

Please kill the light.

というと、

電気を消してくださいませんか?

という意味になります。

また、「音楽を消して」という意味で「Kill the music」ということもできます。

ここまで読んで、ピンときた方はいらっしゃるかと思いますが、

kill = turn off

という意味で使えるということですね。

「kill」の意外な意味。食べる・飲み干す

多くの方がご存知ないかと思いますが、「kill」は、実は「食べる・飲み干す」という意味でも使うことができます。

例えば、

I’m gonna kill that sandwiches.

の意味は、

私、あのサンドイッチ食べちゃうね。

という意味です。

以前、Employee of the Monthという映画を見ていると、

Why don’t you go kill a couple of sandwiches there?

というセリフが出てきました。

「??」と思い調べてみたところ、

あそこに行ってサンドイッチでも食べてきたら?

という意味でした。

この表現は「飲む」にも使えます。

Mentalist(メンタリスト)というドラマの中に、こんなセリフがありました。

Oliver here would have trouble killing a light beer…

ここにいるオリバーは、軽いビールでも飲めないんだ

という意味ですね。

スラングっぽい言い回しですので、例えば彼氏/彼女や婚約者の親の前で、この言葉を使うことは避けた方がいいでしょうね。

でも、友人を昼食や飲みに誘う時に、この表現を使ってみたら、ちょっとかっこいいかもしれませんね。

例えば、

Do you wanna kill some burgers for lunch?

とか

Hey, let’s go out and kill some beer!

など、いかがでしょうか?

日常会話ではほとんで使わない「kill」ってどんな意味?

ここからは完全にスラングですね。

日常生活で使うことはほとんどないと思いますが、一応、覚えておきましょう。

その1:出来が良かった

Oh! I totally killed that math test. I scored 98.

数学のテスト最高だったよ。98点だった。

その2:ひどく罵る

She killed him by saying he is too short for becoming her boyfriend.

彼女は彼に対して、背が低すぎるから私の彼氏なんかにはなれないわよ、とひどく罵った。

その3:マリファナ

I got good kill yesterday. Do you wanna some?

昨日、すごくいいマリファナを手に入れたけど、欲しい?

まとめ

  1. Killing a time = 暇つぶし
  2. 消す、止める、turn off
  3. 食べる・飲み干す
  4. 出来が良かった
  5. ひどく罵る
  6. マリファナ

ということで、killには結構たくさんの意味があり、あらゆる表現で使うことができます。

ネイティブにとっては、「殺す」という意味であることからスラングとして派生しやすい言葉なのかもしれません。

これからも、killを使った表現はたくさん出てくることと思いますので、しっかりとフォローしていきましょう。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<