3倍速学習法

「奇跡的に」は英語で何という?覚えておきたい5つの表現方法

奇跡的な体験ってしたことありますか?

生活している中で、「奇跡的に助かった!」なんて場面に直面する事もありますよね。

今回は英語で「奇跡的に」というフレーズをご紹介していきます!

「奇跡的に」って英語でなんて言う?

英語で「奇跡的に」と言う際に、もっともよく使われるのが、「Miraculously」という単語。

「ミラキュラスリー」と発音します。ちょっと発音が難しいですね。(笑)

使い方としては、

He survived from the shipwreck miraculously.

彼は奇跡的に難破から生還した。

Miraculously, nobody died from the fire.

奇跡的に、火災でだれも亡くならなかった。

といった感じです。

また、「Miraculously」のもとになっている「Miracle」という単語を使って、

It is miracle that I came to work on time.

奇跡的に職場に時間通りに着いた。

なんて感じの言い方もできます。

 

2つ目は、「Luckily」「ラッキリー」という単語。「Lucky」「ラッキー」がもとになっている言葉です。

「運よく」とか「幸運にも」といった意味で使えるので、

Luckily, I got free ticket for the Disneyland.

幸運にも(奇跡的にも)ディズニーランドの無料チケットを手に入れた。

Luckily, it’s not raining today!

幸運にも(奇跡的にも)今日は雨が降っていない!

なんて感じで使うことができますよ。

 

3つ目にご紹介するのは、「Against nature」というフレーズ。

「Against 」は「反して」、「Nature」は「自然」なので、「自然に反して」という意味になり、「不自然な」とか、「奇跡的に」といった意味を持つフレーズとなっています。

「自然ではないこと」=「奇跡的なこと」といった感じのニュアンスですね。

なんだかおもしろいフレーズですよね。(笑)

使い方は、

He was hit by a huge truck, but he didn’t have any injury.

彼はめちゃめちゃ大きいトラックにひかれたんだけど、怪我がなかったんだって。

Wow, that’s against nature!

マジで?それは奇跡的だったね。

なんて感じです。

この表現は、どちらかというと「不思議な」という意味の「奇跡的な」よりも、「不自然な」という意味の奇跡体験に使われることが多いので覚えておきましょう。

いろんな「奇跡的な」という意味で使える表現を覚えよう

奇跡的な状況って色々ありますよね。例えば、「奇跡的に助かった!」という時は、「危険だったけど助かった」という意味も含まれています。

そんな時には、

I had a narrow escape from thunder storm.

危機一髪(奇跡的に)嵐から逃れられた。

なんて感じで言うことができます。

この「Narrow escape」には、「危ないところを助かる」といった意味があるので、「奇跡的に」という意味でも使えます。

 

他にも、「今日は奇跡的な出会いがあったんだ!」なんて時には、

I had a fateful encounter this morning!

今朝、運命的な(奇跡的な)出会いがあったんだ!

という事もできます。

奇跡的な出会いがあったら、ワクワクして、誰かに言いたくなっちゃいますね♪

そんな気持ちを込めて、使ってみましょう。

自分の奇跡体験を英語で説明してみよう

英語力を上げるためには、英会話を楽しむことが大事。

そして、自分の周りで起こった出来事や、自分の気持ちを英語で説明できるようになると、英語で考えられるようになり、英語力が身について行くのを実感できますよ。

今回のテーマである「奇跡的な」を使って自分の奇跡的な体験を英文に訳してみましょう。

例えば、私の場合は、子どもの頃に死にそうになっていた猫が息を吹き返すという姿を見たという奇跡的な体験がありました。それを説明するには、

One day, I went to my garden and I heard a noise from garage.

ある日、庭に出て見ると、ガレージから物音が聞こえてきました。

I opened the garage and found 3baby cats crying there.

ガレージを開けると、泣いている3匹の赤ちゃん猫を発見!

2 of them were crying and active, but another one was very quiet.

2匹の猫は元気そうに泣いていたのですが、1匹はとっても静かでした。

I thought this one is already dead, but I rubbed her back and kept her warm.

私は、この猫はもう死んでしまったのかなと思いつつも、その子の背中をなで、温めました。

Miraculously, she started to breath!

すると、奇跡的にその猫は息を吹き返したんです!

Those 3 cats are living in my house happily.

この3匹の猫は私の家で幸せに暮らしています。

なんて感じの文章が作れます。

英語で文章を作るのは、最初は大変ですが、自分が知らない単語が何かを確認することもできますし、どういった言い回しをしたらよいかなども考えることができるので、よいトレーニングになりますよ。

まずは日本語で文章を考えて、それから英文に訳して、自分の奇跡体験を英語で言ってみましょう♪

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<