メルボルンのコーヒーが感動的に美味しかった!私のお勧めを紹介

オーストラリアといったら、皆さん何を想像するでしょうか?

青い海や、コアラ、カンガルーなんかが有名ですよね。

ですが、オーストラリアはコーヒーも有名で、特にメルボルンは、コーヒーの街と言われるほど、多くのカフェがあるんです。

今回は、メルボルンのコーヒー文化についてご紹介していきます!

オーストラリアン・コーヒーの種類とは?

#1 一番人気のラテ

オーストラリアでは、ミルク入りのコーヒーが良く飲まれています。

一番人気のコーヒーは、ラテ。日本でも人気ですよね?

コーヒーとミルク、そして程よい量の泡がコーヒーをよりクリーミーに仕上げてくれます。

そしてなんといっても、ラテアートのすごさ!私も、初めてオーストラリアのカフェに行った時に、味のおいしさにも驚きましたが、ラテアートの美しさにも衝撃を受けました。

ハートや、花、スワンなど、バリスタさんの個性あふれるアートが楽しめますよ。

#2 オーストラリアならではのコーヒーを楽しみたいなら、フラットホワイト

フラットホワイトって、日本ではあまり聞かないコーヒーの種類ですよね。

その名の通り、フラット(平たい)なホワイトコーヒーで、ミルク多めで、泡少なめの、滑らかなコーヒーなんです。

コーヒーが苦手という方も、フラットホワイトは、ミルクが多いので、飲みやすいコーヒーですよ。

#3 コーヒーのフレーバーを楽しめるカプチーノ

カプチーノはふわふわの泡に、コーヒーと少なめのミルクが入ったコーヒー。

ミルクが少なめなので、コーヒーの苦みがよく感じられます。

上にチョコレートパウダーがかかっているのが一般的で、もっとチョコレートなフレーバーがほしい時は、チョコレートとカプチーノ、両方の味が楽しめるモカチーノなんていうオーダーもできますよ。

#4 ブラックコーヒー好きならロングブラック

オーストラリアで、コーヒーを頼むときに、ブラックコーヒーと言っても、伝わらない場合が多いんです。

ブラックのコーヒーが飲みたいときは、ロングブラックや、フィルターコーヒーを頼みましょう。

ロングブラックは、エスプレッソコーヒーをお湯で薄めたもので、フィルターコーヒーは、日本で飲むような、フィルターを通したコーヒー。

カフェによって、いろんなドリップ方法があったりするので、ブラックコーヒー好きな人も、様々なオーストラリアのコーヒーを楽しめますよ。

コーヒーのオーダーの仕方は?

せっかくオーストラリアでコーヒーを飲むのなら、自分流にアレンジしちゃいましょう。

ミルクも、普通のミルクから、低脂肪乳(Skinny Milk)、豆乳(Soy Milk)などから選べますし、温度も温め(Warm)や、熱め(Extra Hot)とオーダーすることもできます。

英語でオーダーするときは、

「Can I have a skinny latte extra hot, please?」

ラテを低脂肪乳で、熱めでお願いします。

なんて感じでオーダーしてみましょう。

私は、その日の気分や英語の勉強のために毎日違うものをオーダーしたりしていました。

メルボルンに行く際は、いろんなコーヒーを試して、自分のお気に入りのコーヒーを見つけちゃいましょう!

メルボルンのおススメカフェ

#1 本格イタリアンコーヒーが楽しめるBrunetti(ブルネッティ)

Brunettiは、メルボルン市内に何件かあるカフェで、いつもお客さんでにぎわっています。

コーヒーもおいしいのですが、たくさんの種類のケーキがあって、私もいつもどれにするか迷っていました。

季節のケーキもあるので、店員さんにおススメを聞くのも良いですよ。

#2 個性的なカフェ Brother Baba Budan (ブラザー・ババ・ブダン)

このカフェはとってもユニークで、1度行ったら忘れられないカフェ。

メルボルン中心部のメインロードからちょっと離れた路地にあるのですが、たくさんのイスが天井につられていたりして、都市の真ん中にいるとは思えないような不思議な空間なんです。

コーヒーの味も格別!ですが、とっても人気のカフェなので、座って飲めたらラッキーです。私もほとんどの場合、お持ち帰りにして、近くの公園で飲んだりしていました。

メルボルンのコーヒーを知りたいのなら、チェックしておきたいカフェです。

#3 隠れ家的なオシャレカフェ Seven Seeds (セブン・シーズ)

Seven Seedsは、メルボルン市内からちょっと離れたカフェですが、こちらもメルボルンでは有名なカフェ。

メルボルンの人におススメのカフェを聞いたら、絶対にこのカフェの名前が上がります。

私も友人と一緒に何度か行ったことがあるのですが、カフェのメニューも充実していますし、お店の雰囲気もとってもおしゃれで、ザ・メルボルンな雰囲気を味わえますよ。

まとめ

  1. オーストラリアン・コーヒーの種類は、「ラテ」「フラットホワイト」「カプチーノ」「ロングブラック」
  2. コーヒーのオーダーはアレンジ自在なので、お気に入りの組み合わせを見つけましょう。
  3. メルボルンに行くなら、「Brunetti(ブルネッティ)」「Brother Baba Budan(ブラザー・ババ・ブダン)」「 Seven Seeds(セブン・シーズ)」がお勧め!

メルボルンのコーヒーには、日本には無いおいしさがあります。私も、オーストラリアに行って初めて、コーヒーのおいしさに魅了されました。オーストラリアのコーヒーを一度飲んだら、病みつきになること、間違いなしですよ!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

24歳の現在、僕は就職をせず、
世界中を飛び回って生活をしています。

一度きりの人生、やりたいことは沢山ありました。
そのために英語も勉強してきました。

けど現実はきびしく、
時間も限られているし
金銭的な問題もあるし
生活のために働く必要もある。

せっかく英語を勉強しても、
理想の人生を実現するのは簡単じゃなかった。

こちらのレポートにも書いたように
当時は様々な苦悩がありました。

そんな僕でも、今では英語を武器に
個人として自立していける力を身につけ
理想としたライフスタイルを実現できています。

下記、僕の無料メルマガでは
英語×自己実現の具体的内容を発信してるので、

現状の生活に物足りなさを感じている、
まだまだ人生で挑戦したいことが沢山ある、
そんな方はぜひ登録いただけると嬉しいです。

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<