3倍速学習法

胃の調子が悪い?「ムカムカする」と英語で言いたいときに使えるフレーズ

海外の脂っこい食事やビッグサイズの料理を食べると、「あれ?なんだか胃が痛いかも。」「胃がムカムカする」なんてこともあります。

私も先日、フライドチキンを食べた後に、「う~。胃が痛い。」と、具合が悪くなってしまいました。(涙)

今回は、そんな胃の調子が悪い時に、「ムカムカする」と言いたいときに使える英語フレーズをご紹介していきます!

「胃がムカムカする」って英語でなんて言う?

「胃がムカムカする」と英語で言うには、いくつかフレーズがあります。

まずご紹介するのが、「Sick to my stomach」という表現。

「Sick」が「病気」という意味なので、「Sick to my stomach」で、「胃が病気」=「胃がムカムカする」といった意味になっています。

使い方は、

Hey you look pale, are you ok?

具合悪そうだけど、大丈夫?

I’m actually not feeling well. I feel sick to stomach.

実は具合が悪いんだ。なんだか胃がムカムカしてるんだよ。

なんて感じです。

次にご紹介するのは、「Upset stomach」という表現。「Upset」(アップセット)という単語は日常よく使われる単語で、

Hey don’t be upset!

そんなにがっかりするなよ。

とか、

My boyfriend was upset when I said let’s break up.

私の彼は別れようといったら動揺していた。

といった感じで、「がっかりする」とか、「動揺する」なんて意味があります。

胃の調子が悪い時には、「Upset stomach」という事で、「おなかの調子が悪い」「胃がムカムカする」といった意味になるので、

Why you are not eating?

なんで食べてないの?

I have an upset stomach.

胃がムカムカしてるんだよ。

といった感じで使えます。

よく使われる表現なので、覚えておくと便利ですよ。

もうひとつご紹介したいのが、「Nausea」(ノウジア)という単語。

この単語には、「吐き気がする」とか、「胃がムカムカする」といった意味があります。

ですので、

I feel nausea. I guess I ate too much.

胃がムカムカする~。食べすぎちゃったかも。

といった感じで使えます。

「Nausea」は「吐き気がする」といった症状を伝える言葉ですので、実際に吐きそうなときなんかは、

I think I’m going to throw up.

とか、

I feel like I’m going to vomit.

といった感じで、「吐く」という意味の「Throw up」や「Vomit」を使いましょう。

海外で胃の薬を買うにはどうしたらいい?

「胃がムカムカする。胃の薬を買いに行きたい!」そんな時には、英語で何て言ったらよいのでしょうか。

胃薬は英語で、「Stomach medication」とか、「Medication for stomach」と言います。

「胃」と「薬」のコンビネーションなので覚えやすいですね。

薬局に行ったら、

I am looking for a medication for stomach.

胃薬を探しているのですが。

と聞いてみましょう。そうすると、薬局のスタッフから

What is your symptom?

どういった症状ですか?

なんて感じで詳しい症状などを聞かれるので、

I have an upset stomach.

胃がムカムカするんです。

とか、

I feel nausea.

吐き気がするんです。

なんて感じで答えましょう。

薬局によっては、

Would you prefer liquid or tablet?

液状の薬か錠剤がありますが、どちらが良いですか?

なんて聞かれることもありますので、自分が飲みやすいものを選びましょう。

具合が悪い時は、きちんと伝えよう!

私がオーストラリアに留学していた時、一番初めは学校の寮に入っていたのですが、月に1回ほど、寮のみんなでホームパーティをしていました。

どの国の料理もおいしかったのですが、やはり国が違えば味付けも違い、どうしても口に合わない食べ物がありました。

ですが、「食べられない。」とも言えず、無理して食べたのですが、そのせいでなんだかおなかの調子がおかしいのに気づきました。

留学したてという事もあり、英語で話すのにまだ恥ずかしさもあり、友人に「具合が悪い。」と言う事もできず、無理してその場をやり過ごしたのですが、夜になってかなりひどい胃痛を経験しました。(涙)

海外の食べ物は、日本とは調理方法も違ったり、大量の油や大量のお砂糖が使われている料理もあったりするので、日本人の口に合わないものもあります。

ですので、食べていて「ちょっと体調がおかしいかな?」と思ったら、無理をせず「I’m sorry but I’m having upset stomach so please excuse me.」「ちょっと胃の調子が悪いので、失礼させてください。」と言って、休憩させてもらったり、無理に食べたりしないようにしましょう。

日本の方は、私自身も含め、あまり「No」というのが得意ではない方が多いです。

ですが、具合が悪い時ははっきりと言った方が相手にも分かってもらえますし、後々もっと具合が悪くなってしまう事を防ぐことができますよ。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<