独学で英語をマスターした私がすすめる洋楽を使った勉強法のコツ

こんにちは!Rikoです。あなたは普段どんな方法で英語を勉強していますか?

参考書を使って勉強するのも大いにアリなのですが、飽きてしまったりしてモチベーションが下がってしまうことってありますよね。

今回はそんなあなたに洋楽を使った英語の勉強法をご紹介したいと思います。

それではさっそく始めていきますよ^^!

洋楽の勉強法の長所と短所

何事にも長所と短所があります。まずはそれらをしっかりと理解して長所だけ上手く取り込んで学習できるようにしていきましょう。

長所

  • 英語がより身近なものになる

洋楽は英語圏に暮らす人々の生活に密着した音楽です。それらを使って学習することによって、英語の持つニュアンスなどを活き活きと感じることが出来るようになります。学習が楽しくなるので一人で勉強している独学者には良いポイントですね。

  • 英語のリズムがつかめ発音が良くなる

洋楽は音楽のリズムの中に言葉が上手く詰め込まれています。文章としては読めるのに歌にのせて読むと口が回らない文章なども多く出てくるでしょう。しかしそれらに負けず練習し続けていくと口が筋肉の使い方を覚えて発音の矯正になります。

  • リスニング力強化になる

洋楽は音楽なので繰り返し聴いても苦になりません。英語に限らず語学にとって重要なのは「何度も何度も繰り返すこと」。参考書のつまらない例文を何度も繰り返して口に出しているとすぐに飽きてしまいますが、洋楽だったら何度も楽しく耳にすることが出来ますね。これがリスニング力のトレーニングになっていきます。

短所

  • 歌があまり好きでない人には苦痛

当たり前ですが歌が苦手な人には向かない練習法です。洋楽を使って学習をして英語が嫌いになってしまうようでしたら、無理してやらない方が良いかもしれません。

  • 間違った文法も出てくる

洋楽の歌詞の中には文法的に正しくない表現も多く出て来ます。しかしこれらは文法的には正しくないが日常会話ではある程度認められている表現ですので、正しくないことを頭に置きながら学習してください。例えばヒップホップなどでは She don’t like me. などという表現も多く出て来ます。

  • スラングの宝庫なので使わない表現もある

洋楽の歌詞の中には使わないスラングも多いです。例えばこんなものがあります。

I gotta go now. Skirt Skirt!
(行かなくちゃ!ぶーんっ!の意味。使ったら変な人と思われます。)

Yaaaaaaassssssssss!
(すごくテンションの上がったYesの意味。)

Throwing shade
(悪口を言うの意味。歌詞では使われていますが日常会話では使いません。)

洋楽を使った勉強法

お待たせしました!ではこの勉強法の長所と短所を踏まえた上で方法をご紹介しますね。

①曲を選ぶ

どんな曲でも大丈夫です。自分のお気に入りの一曲を見つけてください。初心者の方にはゆっくりめのバラードがオススメです。

②曲を覚える

次に曲を覚えましょう。家事をしながら聴いたり、出勤中に聴いたり毎日コツコツ聴いてメロディーも覚えてください!

③歌詞を見て意味を確認する

これが一番大切な行程です。分からない単語やイディオムをきちんと調べて確認しましょう。意味が分かったら終わりでなく、きちんと覚えるまで繰り返して学習してくださいね。

④歌詞を見ながら歌ってみる

それではいよいよ歌って見ましょう!歌えないところがたくさんあっても大丈夫です。どうしても口が回らない箇所は一度メロディーから離れてゆっくり何度も練習してみましょう。

⑤歌詞を覚えて見ないで歌ってみよう

歌詞を覚えるには大体100回は歌わなければいけないと思います。私は毎日仕事から帰ったらこの歌とこの歌をうたう!と決めて帰った途端歌をうたったりしていました。1日3回うたえば大体1ヶ月で覚えることが出来ますよ!

私が実際に練習した曲をご紹介

最後に私が実際に昔練習した曲を1曲ご紹介します!

①Avicii «Waiting for love»

Aviciiはスイス出身のEDM(electronic dance music)のカリスマ的存在。英語も堪能なので私はよく彼のインタビュー映像をインターネットで観て英語の勉強に役立てていました。

彼のEDMにはポップミュージックの要素やカントリーミュージックの要素も入っているので、クラブミュージックを聴かない人も聴きやすいと思います。

このWaiting love には勉強になるこんな一節が。

Monday left me broken
Tuesday I was through with hoping
Wednesday my empty arms are open
Thursday waiting for love, waiting for love
Thank the stars it’s Friday (*)
I’m burning like a fire gone wild on Saturday
Guess I won’t be coming to church on Sunday

(*)マークのThank the stars it’s Friday はThank god it’s Friday (神様に感謝しよう、今日は金曜日だ!=花金の意味)を文字ったものです。

こんな英語の奥深くに触れられた時の喜びは大きいですよね。ちなみに「花金」の英語は略してTGIFとよく言われています。

まとめ

私が洋楽を使った勉強法に取り組んだ時は悲しいくらい英語で歌をうたうことが出来ませんでした。

全然口が回らないし、なんだか歌詞も難しくてよく分からないし、自分のうたっている英語はひどい発音で人に聴かせられるものじゃないし…。それでも毎日毎日うたい続けました。

Sing!という世界中の人がカラオケを投稿する携帯のアプリがあるのですが、慣れて来た頃はそのアプリに自分の英語の歌を投稿したりしていました。世界中からたくさんの英語のメッセージをもらって、そのメッセージも英語の勉強になりましたし、自分の歌を録音して聴けるのは良い機会でした^^

あなたもぜひ楽しく英語を勉強してみてくださいね。それではまた!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。