3倍速学習法

「No clue」の意味とは?ネイティブがよく使う使い方を覚えよう!

英語が流ちょうに話せたらカッコいいですよね。

特に、スラングなどもマスターしてネイティブのように話せるようになれたらなとあこがれる方も多いのではないでしょうか。

今回は、使えたらカッコいいネイティブがよく使う「No clue」というフレーズについてお話していきます!

「No clue」の意味とは?

「Clue」という単語には、「手がかり」とか、「糸口」なんて意味があります。

ですので、何かを解決するヒントがある時、謎を解く糸口がある時なんかに、

Police are still not finding any clue about the cause of accident.

警察は未だにその事故が起こった原因の手がかりを見つけられずにいる。

とか、

It is hard to do crossword without clue.

クロスワードをヒントなしで解くのは難しい。

なんて感じで使われます。

「手がかりとか、糸口なんて、映画の中や、ニュースなどでしか使わないでしょ。」と思いますよね。(笑)

ですが、「Clue」という単語は日常会話の中でもよく使われるんです!

「Clue」を使ったフレーズでよく使われるのが、「No clue」という表現。

「全然知らないよ。」とか、「さっぱりわからないな。」なんて言いたいときに使える表現です。

いろんな使い方があるので、見ていきましょう!

「No clue」ってどうやって使う?

「No clue」というフレーズは日常生活でよく使われます。

例えば、

Do you know where I put my glasses?

私のメガネどこにあるか知ってる?

Umm, I have no clue.

さあ。知らないわね。(全然見当もつかないわ。)

Do you know what language is spoken in South Africa?

南アフリカで何の言語が話されているか知ってる?

I don’t have any clue about that.

さあ。全然知らないなぁ。

I need to find out for my assignment.

試験の為に調査しなきゃいけないんだよね。

なんて感じです。

「No clue」は「I don’t know.」と似ていて、「知らないよ。」といった意味で使えますが、「I don’t know.」よりも強く、「全然知らないよ。」とか「さっぱり分らないな。」といった意味で使えるフレーズです。

多くの場合、「I have no clue.」と、「I have」の後ろについて使われたり、「I don’t have any clue.」なんて表現が使われますが、カジュアルな会話の時には「No clue」とだけ言う事もあります。

ですが、「No clue」だけで使う場合は、「さあね」みたいな感じの言い方になるので、仲の良い友達などの間でだけ使うようにしましょう。

また、「He」や「She」を使う場合は、

She has no clue about her grandma’s condition.

彼女はおばあさんの症状がどんなものなのかさっぱり分からない。

とか、

How’s the preparation for Tom’s surprise birthday party going?

トムへのサプライズの誕生会の準備は進んでる?

It’s been going on schedule and he has no clue what will happen tonight!

スケジュールどおりよ!彼も今夜何が起こるか見当もついてないわ。

なんて感じで、「Have」を「Has」に変えて使うことができます。

疑問文にする場合は、「Clue」を使って、「~について知ってる?」と聞くことができます。

例えば、

I can’t find the last slice of cake, do you have any clue?

残しておいた最後のケーキが見つからないんだけど、知ってる?

I have no clue.

全然知らないよ。

とか、

Do you have any clue where I can buy organic cosmetics?

オーガニックのコスメってどこで買えるか知ってる?

といった感じです。

また、「Any clue?」と聞くだけでも、「知ってる?」といった意味で使えるので、

I wonder how the weather is tomorrow. Any clue?

明日のお天気ってどんな感じなんだろう。知ってる?

なんて感じで使えます。

他にも、授業中に先生が生徒に、「見当がつく人はいますか?」といった意味で、「Any clue?」と聞くこともあります。

「Any clue? 」と聞かれて、答えを知っていたら、

Yes I have a clue!

はい!わかります!

なんて感じで答えることができますし、分からない時は、

Can you give me a clue?

ヒントをください。

なんて言う事もできますよ。

「No clue」と同じような意味で使えるフレーズたち

I have no idea

「I have no idea」というフレーズも、「知りません。」とか「分かりません。」と言いたいときによく使われるフレーズです。

「I have no clue」と同じく、日常生活でよく使われる表現なので、覚えておくと良いですよ。

I’m not sure

「I’m not sure」には、「よく分かりません。」といった意味があります。

確信が持てない時などに、

Do you know when the next bus arrives?

次のバスがいつ来るか知ってますか?

I think it will come in 10 minutes but I’m not sure.

多分10分後だと思うのですが、確信は持てません。

なんて感じです。

「I’m not sure」を使う事で、「知りません!」と言うよりも、「よくわかりません。/確信が持てません。」といった意味になり、柔らかい表現になりますよ。

I don’t know

「知らないよ。」と言いたいときに一番最初に思い浮かぶのが、「I don’t know.」というフレーズではないでしょうか。

ですが、「I don’t know.」は、使い方によっては、きつく聞こえるときもありますし、実は日常生活の中ではあまり使われない表現なんです。

ですので、会話の中では、「I have no idea」や「I have no clue」、「I’m not sure」なんかを使ったほうが、よりナチュラルな表現になりますよ。

まとめ

  1. 「Clue」の意味とは?
  2. 「No clue」ってどうやって使う?
  3. 「No clue」と同じ意味で使えるフレーズたち

「No clue」というフレーズを使うだけで、グーンと英語の流暢さがアップします。

ただ、あまり丁寧な表現ではないので、仕事の時などは使うのを控えたほうが良いかもしれません。

友達同士の間などでの会話の際には、使ってみたらカッコよく聞こえますよ。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<