3倍速学習法

「残っている」を英語で!日常でよく使う色々な言い方を紹介

「この前買ってきたポテトチップスまだ残ってる?」とか、「まだ残って勉強してるの?」など、「残っている」という場面って結構ありますよね。

身近な言葉ではありますが、英語にするとなかなか知らなかったりします。

今回は、日常でよく使われる「残っている」を英語で表す表現についてご紹介していきます。

「残っている」って英語でなんて言う?

Leaveを使った表現

私は現在海外在住6年目。海外生活の中で私が一番よく使う「残っている」という単語は、「Left」で、いろんな場面で使っています。

この単語は「Leave」の過去形で、「出発する」とか、「去る」といった意味が一般的に知られていますよね。

ですが、「Leave」には、「残す」という意味もあるんです。

例えば、図書館などで勉強している際には、

A: Let’s go home. It’s getting late.

もう帰ろうよ。遅くなっちゃうよ。

B: Oops, sorry I didn’t realize I am the only one left.

おっと。ごめん、もう僕しか残っていないと気付かなかった。

という事もできますし、試験中に残り時間を聞く場合、

A: How long do I have?

あとどれくらい時間がありますか?

B: You have 5 minutes left.

あと5分残っています。

なんて感じになります。

また、家庭でも、

A: Is there anything to eat?

なんか食べるものある?

B: Do you mind to eat left over? There is some curry in the fridge.

残り物でもいい?カレーなら冷蔵庫に入ってるよ。

なんて感じでいろんな使い方ができます。

「Leave」の良いところは、人でもモノでもいろんな場面で使えるという事。

最初の文章では「自分」が残っていること、2番目の文章では「時間」が残っていること、そして最後の文章では「食べ物」が残っていることに対して使われています。

また、最後の文章には、「Left」+「Over」で「Leftover」という「残り物」という意味の単語が出てきています。

これも日常的によく使われ、私もよく使う便利な単語です。

Remainを使った表現

次に紹介する「残っている」という意味の単語は「Remain」(リメイン)。

この単語はどちらかというと「留まる」とか、「残存する」といったニュアンスがある言葉です。

「Leave」よりも、よりフォーマルな単語だといえます。

例文としては、

After people found out the building has a problem, only few people remain in that building.

建物に問題があると分かってから、そのビルに残ったのはほんのわずかだった。

といった文章が作れます。

「Remain」はどちらかというと文章的な表現ではありますが、話すときに使われることもあり、引っ越しをするという状況では、

What else is in your room?

他に何かある?

Nothing remains.

もうなにも残ってないよ。

といった感じで使えます。

また、身近なところでは、飛行機のアナウンスで、

Please remain seated.

おかけになってお待ちください。

といった英語のフレーズを聞くこともあるはず。

ここでも、「Remain」が使われ、「座ったまま留まってください」といった意味で使われています。

飛行機に乗る際は、注意して英語のアナウンスを聞いてみると、このフレーズをキャッチできるはずです!

直接的ではない言い方もあるんです!

「残っている」という単語を紹介しましたが、これらの単語を使わずに「残っている」と言う事もできるんです。

例えば、「終業時間なのに残っているの?」と聞くときに、

A: Do you still need to stay?

まだ残っているの?

B: Yeah, I have to work overtime today.

今日は残業だよ。

なんて感じの会話ができます。

「Stay」には「留まる」という意味があるので、「Still」と一緒に使って、「まだ留まっている」=「まだ残っている」という意味になっています。

また、残って働く残業は英語では「Overtime」と言います。こちらも併せて覚えておきましょう。

他にも、「まだ~をしなければいけない」といった感じで、「まだやることが残っている」という事もできます。

例えば、

A: Let’s watch some movie.

映画でも見ようよ。

B: I wish, but I have some homework to be done.

できればそうしたいけれど、まだ宿題が残っているんだよ。

となります。

直接的に「残っている」といってはいませんが、「宿題がある」=「宿題が残っている」と訳すことができますよ。

単語自体に「残っている」という意味が含まれるものもある

単語に「残っている」という意味が含まれているものもあるんです。

例えば、「Impressive」という単語。この単語には「印象に残る」という意味があり、「残っている」という単語を使わずとも、「印象」と「残る」という2つの意味を持っています。

ですので、

A: What is the most impressive moment thru the trip?

今回の旅行で一番印象に残っているのは何ですか?

B: I would say it was a hiking in the mountain.

森にハイキングに行ったことです。

なんて感じで使えます。

他にも、「Memorable」という単語も「思い出に残る」という意味があり、1つの単語の中に「思い出」と「残る」の2つの意味が存在します。

使い方としては、

To saw the wild elephant was a memorable experience.

野生のゾウを見たのは、思い出に残っている体験です。

なんて感じで使うことができますよ。

まとめ

今回は、いろんな「残っている」という意味のフレーズをご紹介してきました。

日本語では一言で「残っている」と言えますが、英語にすると、状況や、何に対して使うかによって単語も変わってきます。

いろんな「残っている」の使い方を覚えて、英語力を上げていきましょう♪

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<