”めっちゃ美味しい”を英語で伝えたい!そんな時に使える7つの表現

前回は、料理が“まずい”を表す5つの表現を紹介しましたが、今回は、“美味しい”の表現をご紹介します。

海外では、知り合いと一緒にレストランに行ったりすることもありますが、自宅に呼ばれるおもてなし形式も多いです。

ホームパーティやポットラックパーティ(参加者がそれぞれ料理を持ち寄って食べるカジュアルな形式)などのパーティが家でよく開かれるので、知らない人とも仲良くなれます。

食べ物は生活には欠かせないものだからこそ、“美味しい”と言う機会は多いと思います。そんな時に使える表現をいくつか紹介します。

It tastes good!

先日、カナダ人家族に夕食に呼ばれました。とても美味しいお料理ばかりで、会話も盛り上がり楽しい時間を過ごすことができました。

そこでメインで出てきたのがポーク(豚肉)でした。

あんまり豚肉が好きではないのですが、出されたものはとっても柔らかくって美味しかったんです!

『This meat is very tender, it tastes good! 』(このお肉とっても柔らかくて美味しいです!)

と伝えると、とっても喜ばれました。

Tasty

It taste goodと似ていますが、こちらのほうがより 『味わい深い』ということを表現していると言えます。

香りが良い、食欲をそそる。そんな美味しさには “Tasty”がぴったりです!

『This 〇〇 is very tasty!』(この〇〇、すっごく美味しい!)

『I ate very tasty pie yesterday』(昨日、すごく美味しいパイを食べたんです。)

This is the best 〇〇 I’ve ever tasted!!

これを言ったら(言われたら)、最高の褒め言葉です!

今や日本にいてもイタリアン、フレンチ、中華、タイ料理…色々な国の料理が食べられる便利な世の中になってきましたよね。

でも、特に家庭料理はそれぞれの家庭の味・隠し味などがあって、他では食べられないような美味しさがあります。

私も、何カ国かでホームステイをした経験がありますが、家庭で作ってもらった料理は格別で、とても満足した海外生活を送ることができたのを今でもよく思い出します。

よくホストマザーに

『This is the best 〇〇 I ever taste!』(この〇〇は今まで食べた中で一番美味しい!)

と言っては、レシピや秘訣を教えてもらって、今の自炊に存分に活かしています!

Delicious

日本の学校で習う『美味しい』の表現はこの“Delicious”がほとんどだと思います。

一般的にこの表現は、ただ『おいしい』というよりも、『とっても美味しい・めっちゃ美味しい』という時に使います。ネイティブにとってこのDeliciousはかなり満足度の高い時に使っていると思います。

レストランや、招待されたホームパーティーなどで美味しさを表したいフォーマルな場所でも使うと良いでしょう。ファーストフードなどに使うにはちょっと大げさになってしまうかもしれません。

『I went to the famous restaurant the other day, and everything was delicious!』

(先日、有名なレストランに行ったのですが、すべての料理がめっちゃ美味しかったです。)

I love it!

先日、知り合いがケーキ屋さんをオープンし、試食会をするから食べに来てね!と言われて行ってきました。5〜6種類の新作ケーキが並んでいました。

知り合いの彼女が「How do you like it~?」(どう〜?)と訪ねてきました。

すべて美味しくて大満足でした。

そして答えたのがこの表現、

I love it!!!」(すごく美味しい(好き!))

“美味しい”というだけでなく、“私の好み!”という事も伝えることができる便利で、カジュアルな表現です。

Smells very good.

食べる前から、“香り”だけで美味しそう!という時ありますよね!

例えば、ホストマザーが料理を作ってくれている時、何を作っているか分からないけどすごくいい匂いがする!

そんな時は

Smells very good! What are you cooking?』(すっごくいい匂いがする!何を作っているの?)

と言いましょう。

その後の会話も盛り上がりますよ!

Yumm!

これは、子供が使うことが多いような表現ですが、大人になってからでも親しい間柄ではよく使います。

アイスクリームやデザートを食べたときなどに、

『Mmmm,  Yumm!』(ん〜、おいしい!)』

と使うことが多いです。

仲良しの友達とスイーツを食べに行った時に使える表現です。

まとめ

日本でも海外でも、一緒に美味しいものを食べると仲良くなれます!

レストランに行ったり、料理をしたり…食を通した表現を知っておくことはとっても便利です。

特に、カナダはいろんな国の人が集まって構成されるモザイク社会なので、各国の料理が身近に楽しめます。そして、日本料理はヘルシーだし彩りも豊かでとっても人気があります!

ただ、こちらでは日本食屋さんに行くと色々な種類の巻き寿司が開発されていて、みんなそれを“SUSHI”と呼ぶので本当の生魚を使う“寿司”とは少し違いますが、みんな日本人は毎日それを食べているものだと思われがちです…

そんな風に、食を通して文化を知ることも留学していてとても楽しいです!

ぜひ今日ご紹介した“美味しい”の表現、使ってみて下さい。

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。