アメリカでバイトしたい日本人必見!絶対に知っておきたい4つの壁

さて、この前アメリカで大統領が入れ替わる式が行われましたね。ドナルド・トランプ氏が新しい大統領になるわけですが、ということは、移民や難民にさらに厳しくなるわけです。

オバマ元大統領は初めての黒人大統領で人々にとても優しかったですよね。

トランプ大統領は「メキシコに壁を払わせる」や「難民を受け入ることはもうしない」など様々な発言が話題となっています。 

これからの留学生にも何か影響が出るのでは?とも言われています。

今回はそんなアメリカでのアルバイトはどうしたらいいのか。疑問に思っている人、実際アメリカで働きたいんだけどどうしたらいいのか悩んでいる人、そしてこれから留学する人へ、違法バイトの怖さと実態をお話ししたいと思います。

アメリカにはワーキングホリデー制度がない

まずはアメリカにはワーキングホリデー制度がないんですね。

私も実は最近知りました(笑)

ワーキングホリデーについて考えたことがなかったので知識がなく、ついこの間私の友達が「どうしてアメリカはワーホリないのーT.T」と言っていた時に初めてアメリカにはワーキングホリデーがないことに気づいたんです^^; 

全世界にあるものだと思ってました・・。 

ワーホリができないとすると、ビザを取らなければいけないことになりますね。

それも就労ビザでないとできません。 

学生ビザではアメリカでバイトすることは禁止されています。学校内ならば決まった場所でのバイトということで許可はされていますが、基本的にアメリカでのバイトは就労ビザ以外では違法なんです。

違法バイトはものすごく怖い

長く留学している人なんかは知っているともいますが、日本人の留学生で違法バイトしている人結構たくさんいますよね。

バレなきゃ大丈夫。いいえ、大丈夫ではありません。

私も最初はどうやってバレるんだろうと思っていました。

私留学生ですなんて言わない限り大丈夫なんじゃ..?って。

しかしお店には日々見回りをしている覆面の人たちが来てあの子は?となるらしいんです!

バレたら本人はもちろん日本に強制帰国です。それに働いていたお店も潰され、店主はもう働けなくなり、違う州に飛ばされたり、それこそその人も強制帰国になったり。 

とても怖いですよね。自分のせいで人の人生を狂わせてしまうんです。

そして自分の留学生活にもピリオドを打たなければなりません。 

働ける許可がない限りアメリカでのバイトは100%オススメしません。 

ではどうしたら就労ビザが取れるんでしょうか?

就労ビザを取るまでの流れ

実は就労ビザを取るのでさえもかなり大変なんです。なぜなら、会社からの採用が必要だからです。そして申請し企業が了承しないとビザはおりません。

なのでワーキングホリデーのように自由にビザを申請することは不可能で、高校や大学を卒業してアメリカで働きたいと願っても無理なんです。

就労ビザを取得するには、「留学する」ことです。

留学して大学を卒業するとOPTという1年間だけ働ける制度があります。それが終了した時にその企業に申請して了承を得れば就労ビザを獲得でき、合法で正式にアメリカで働くことができます。

しかし了承されるのはごくわずかで現実はかなり厳しいようです。

私はグリーンカードを持っているので合法で働くことができるんですが、学生ビザは先程言ったように働くことはできません。学校を卒業し研修ビザを取得してから働くことができます。

そのままオファーがあれば就労ビザを申請し働けることはできますが、ほとんどの学生はそのOTPが終わったら日本に帰国してしまいます。

アメリカで就職するにはカレッジで卒業するのではなく、ユニバーシティに行き、出来ることなら大学院まで行くと採用してくれる確率は高くなります。

バイトするまでにお金と時間がかかる

そしてアメリカで働くというのは本当に難しいことなんです。

働くまでにも莫大なお金がかかります。私のグリーンカードの時もそうだったんですが、弁護士を通すのでお金がとにかくかかるんです。

私は50万くらいは払ったかな?という感じです。安い方なのかはわかりませんが、100万とかもっとかかる人もいるみたいです。

そしてすぐ降りないのがビザを取得する上でのデメリットです。

何ヶ月も待って忘れた頃にやってきたりします。最短で数ヶ月、問題があったりすれば1年かかったりもします。

私もかなり精神的にきつかったのを覚えています…

よく知らない人は特にこの「莫大なお金を払って弁護士を通す」事を知らないと後で大変な思いをするかもしれないので気をつけてください。「え!?こんなに払うの!?」となります。(笑)

まとめ

このようにアメリカでのバイトの道は厳しく遠いんです。

たくさん時間とお金をかけてまでアメリカでバイトをしたいという人は全然いいと思いますが、くれぐれも違法バイトには気をつけてくださいね^^;

よく言われているのは、「アメリカでバイトがしたければ留学しちゃえ」です(笑)

英語力も身につくし、一番安定した就職までの道のりだったりしますよ。

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です