英語のフレーズ暗記は効果なし?初心者がやりがちな間違った勉強法

英語を勉強している人は必ずと言っていいほどフレーズ暗記に挑戦しているのではないでしょうか?

私は英語の勉強をやり直そうと思って真っ先に購入したのが、英語のフレーズ集でした。

日常よく使いそうな英語のフレーズばかり掲載されている参考書。

英語の勉強をやり直そうと決めて数ヶ月はひたすらフレーズ集を見ながらCDの音声に合わせてオーバーラッピングしていましたが、全然覚えることができませんでした。

私が英語の勉強を続けてきて、フレーズ暗記を効果的に勉強するには勉強の順番やポイントがあるということがわかりました。

私なりに見つけることができたフレーズ暗記の効果的な勉強方法を今回はご紹介しますね。ぜひ参考にしてください。

英語のフレーズ暗記をする前に必要な勉強がある

私は英語の勉強のやり直しをはじめた時に、フレーズを暗記しさえすれば英語が話せるようになると思っていました。

ただ、いざフレーズ集を買って毎日フレーズをCDの音声に合わせて読んでも、何日続けても忘れてしまって一向に覚えられなかったんですよね。。

『私は記憶力が悪いんだ』と少し落ち込んだりもしました。泣

そんな時にある英語の先生が「英語の構造がわかってないのにフレーズだけ覚えようとしても覚えられないよ。英語の基礎がわからないとフレーズを理解できないし、頭に入らない」と教えてくれたんです。

確かにそうですよね。暗記が得意な人もたくさんいると思います。

でも私のように毎日育児や家事をしながら英語を勉強していると、本当に覚えられない(笑)

そこで、勉強方法を変えることにしました。やっぱり英語の基礎固めとして英文法と基本的な英単語を復習していくことにしたんです。またそれに加えて、英語の勉強を飽きないように海外のカルチャーに関することも調べるようになりました。

これが結果的に非常に重要な部分です。

フレーズ暗記が効果を発揮できる勉強の順番

勉強の順番を変えてみて、私なりに短期間で英語を身につける英語の勉強の順番が掴めたような気がしています。

その順番というのが、英文法と基本的な英単語の復習をすることからはじめて、中学英語が大体終わったら、シチュエーション別のフレーズを覚えていくという順番です。

英文法と英単語の復習には発音などのスピーキングの勉強も含まれます。

そのかいあって、フレーズ集を使うのは基礎固めが終わってからする方が、より実践的に効果が出る英語力が身につくことが実感できました。

アメリカ人の友人と話す時には、中学英語が中心でそれに加えて英語特有の言い回し・フレーズを使います。

そしてネイティブの友人が使うフレーズを聞いて、さらにフレーズを増やしています。

フレーズ暗記は身近なシチュエーションが効果的

フレーズ集を購入する時のポイントでもありますし、どんなフレーズから覚えていくと効果的かというと、自分に身近なシチュエーションで使う英語のフレーズから勉強していくことです。

そうすることですぐに使える英語力になります。

私の場合は、育児をするママの1日で使うフレーズ集から覚えていきました。子供と過ごす中で子供にかける言葉のフレーズやママの独り言で言いそうなフレーズを集めた参考書です。

自分の日頃のシチュエーションに合わせた英語のフレーズは1番覚えやすいし、毎日使う言葉ばかりなので毎日練習したり思い浮かべることが多いので英語が身近な自分の言葉になっていきます。

そして、外国人に道を尋ねられた時に使うフレーズや海外旅行でよく使うフレーズなど、シチュエーション別のよく使うフレーズをどんどん増やしていく感じで勉強を進めると、どんどん語彙力が増えていきました!

英語特有の言い回しをフレーズで暗記しよう!

英文法と英単語の基礎固めを勉強してからフレーズを覚えていくと、英文法の理解からフレーズを理解して暗記できるので、より頭に残りやすいと思います。

ただ、英語には特有の言い回しがありますので、決まり文句として暗記しなければいけないフレーズも多くあります。

例えば、What’s up?というフレーズは、日本語訳でいうと「元気?」「調子どう?」という意味でフランクな仲間同士で使う挨拶的なフレーズです。

英語の基礎固めが終わって、外国のカルチャーも勉強していくと英語圏の日常会話の空気感を味わうようになってきます。

そうした中で使われるフレーズを覚えていくとフレーズはただの暗記ではなく英語の感覚のようなものが掴めるようになってきます。

この感覚は英語の基礎固めができて英語圏のカルチャーの知識が増えたことで生まれる感覚だと思います。

英語の感覚を掴めるようになってくれば、あなたも確実にネイティブに近づいている証拠ですよ。

英語の勉強に無駄な勉強はない

今回は私が体験して気づいた英語のフレーズ暗記の効果的な勉強法を紹介しました。

英語の勉強はどんな勉強でも無駄な勉強はないのです。

毎日色々な方法で英語に触れることが1番大事なことです。毎日英語に触れることで知識が蓄積されていきます。

あなたらしい方法で英語の勉強をして英語に触れていってくださいね。

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。