3倍速学習法

留学後の進路はどうなる?経験者の僕が教えるリアルな就職事情とは

こんにちは!フィリピン留学、カナダワーキングホリデーを経て、英会話講師をしているSKYです。

友人や生徒さんから、社会人の留学後の進路についてよく聞かれます。

留学後にまともな仕事につけるのか?

1年ほどの留学で、仕事に使える英語力が身につくのか?

ほとんどがこういった質問です。

社会人になったはいいものの、実は海外留学してみたい、と思っている人は案外多いのではないかと思います。

なので今回は、社会人の留学後について、僕の経験や僕の周りの友人の例を話したいと思います。

留学後の進路は、留学中の過ごし方次第

社会人にとって、一度就職した会社をやめて、海外留学し、再び日本で就職するというのは、 少し勇気のいることですよね。

しかも現実的に、思い描いた通りいく保証もありません。

多くの社会人が留学に踏み出せない理由が、この不安だと思います。

僕の経験から言うと、留学後の進路が望み通になるか、ならないかは、100%留学中の過ごし方次第だと思います。

もう少し細く言うと、留学でどれだけの能力やスキルを身につけたかによります。

僕自身のことを例に挙げてみます。

僕は新卒で入った会社を1年で辞め、ゼロから英語を勉強し直しました。

フィリピン留学、カナダワーキングホリデー中、ハッキリ言って、僕はまったく遊んでいませんでした。

アスリートもびっくりのストイックぶり。

留学中に出会った人からは、「僧侶みたいだね」なんて言われました(笑)

そこまでいくと少し気持ち悪いですね・・・笑

そうして1年半の海外生活を終え、僕はTOEFLibt100というスコアを持って日本に戻ってきました。(TOEFLibt100はアメリカにあるのほぼすべての大学の応募条件をクリアするレベルです)

すると、ありがたいことに職探しには少しも困りませんでした。

日系企業の海外部署や領事館、留学エージェントなどからお仕事のお誘いをいただきました。

しかし、「物事を人に教える」という経験がしたかったので、僕は英会話講師という仕事を選び、今に至ります。

ここまで楽に仕事を探すことができたのは、ひとえに英語力のおかげだと思います。

もし僕がTOEFLibt70とかTOEIC700程度だったら、おそらくもっと苦労していたでしょう。

なので、留学後の進路は、留学の成果(=英語力など)次第だと思います。

留学後、どんな職業に就けるの?

ここからは、僕が留学中に知り合った人たちの留学後の進路を紹介します。

〇語学学校(講師、スタッフ)

僕のように英語力を使って講師になる人や、スクール運営や生徒ケアをするスタッフになる人もいます。

学校には外国人講師も多くいるので、スタッフもある程度の英語力が必要です。

 

〇外資系企業(金融)

日本の証券会社に数年勤務したのち1年間カナダに留学し、外資系の証券会社に転職した人がいます。

その人曰く、「同僚の外国人はみんなTOEFL100以上持ってる」とのことです。

やっぱり高い英語力が必要ですね。

 

〇国内企業の海外部門

大手メーカーの海外部門で仕事をしている女性の知人がいます。

彼女は留学から帰国したあと、まず語学学校でスタッフとして働いていました。そして現在の職に転職しました。

英語をどれほどの頻度で使うかは会社によるでしょう。

でも、英語が話せて当たり前の環境なので、英語での高いコミュニケーション力が必要です。

 

〇留学エージェント

留学経験をもとに、留学カウンセラーとしては働いている人がいます。

英語自体を使うことはほぼないらしいですが、勉強や現地生活の経験を活かすことができます。

 

〇旅行会社

留学で身につけた英語を使って海外を旅行し、その経験から日本の旅行会社で働いている方もいます。

英語が直接仕事につながっているわけではないですが、留学していなければ就くことのなかった仕事です。

そういう意味では、留学前と比べて仕事の選択肢が増えたと言えます。

 

〇保育園(子供向け英語スクール)

ワーホリから帰国後、キッズ向け英会話スクールで先生をしている知人もいます。

外国人講師もいるので、ある程度の英語力が必要だと思います。

 

〇ツアーガイド

日本で外国人向けにツアーガイドをしてる人と、海外で日本人向けにツアーガイドをしている人がいます。

場面は違えど、どちらも英語は必要な環境です。

 

〇翻訳家

海外で日英の翻訳をしている方がいます。

僕が出会ったころ、すでに2年ほど海外で生活をされていました。

 

〇海外ボランティア(JAICAなど)

英語を鍛えたのち、海外ボランティア団体の一員として様々な国で活動してます。

東南アジアやアフリカの辺境に行ってるみたいです。すごい。

 

〇地方金融機関

留学後、まったく英語を使わない、海外経験がまったく必要ない仕事に就いた友人もいます(笑)

なんだそれ!もったいなすぎるだろ!

だけど友人曰く「やっぱり日本の働き方が合う」だそうです。それも留学したからこそ気づけたことですね。

おわりに

ネットで留学経験談を読むと、ある人は、1年の留学ではほとんど英語力が伸びなかったと言い、ある人は、1年でかなり英語を話せるようになったと言います。

留学で身につく英語力は、その人の過ごし方、周囲の環境で驚くほど変わります。

留学先には、学生もたくさんいます。遊びたい欲求にも駆られます。

でも、強い信念と決意、明確な目標を持って自分がすべきことに集中できるなら、留学は必ずその後の人生に良い影響を与えます!

社会人で留学を悩んでる方、短期でもいいので是非1度留学してみてください!

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<