3倍速学習法

「作業する」を英語でいうと?よく使われる4つの表現を覚えよう!

「今は作業中です。」とか、「作業が終わったらご飯食べに行こう!」なんて感じで、意外といろんなところで「作業」という言葉を使う機会ってありますよね。

そんな「作業」という言葉、英語ではなんて言うのかを、今回の記事ではご紹介していきます。

「Work」を使って「作業」を表現しよう

「作業」と言いたいときに、とってもよく使われるのが「Work」という単語。

「Work Hours」と言えば、「作業時間」となりますし、「Work Wear」は「作業着」なんて感じになります。

余談ですが、工事現場などで、蛍光色のベストを着ている方を見たことありますよね。

あのベスト、英語では、「High vis vest」「よく見えるベスト」っていう名前なんです。ちょっとおもしろいですよね。

「Work」の使い方は、

I am working.

作業中です。

とか、

I have to finish this work by tomorrow.

この作業(仕事)を明日までに終わらせなければなりません。

といった感じです。

「Work」は「作業」や「仕事」を表す時に使われる言葉です。

ただ1つ難点は、この単語は不可算名詞といって、「Water」や「Happiness」などと同様に数えることができない単語です。

ですので、

I finished 2 works.

といったように、複数形にすることはできません。

「Work」は数えることができない、仕事全般を表す単語だということに注意しましょう。

2つ以上の作業を表現するなら「Task」が便利

「Work」が数えられない単語なら、2つ以上の作業をしていることを表すにはどうしたらいいの?と思いますよね。

そんな時は「Task」という単語が便利。

「Task」には「作業」とか、「課された任務」といった意味があり、ひとつひとつの細かい単位の作業を表すことができます。

例えば、

Can you do me a favor? I have something I want to ask you to do.

ちょっとお願いがあるんだけどいい?やってほしいことがあるのよ。

Umm, depends. I have too many tasks to finish by Monday.

え~っと、お願いにもよります。月曜までに終わらせなければいけない作業がたくさんあるんです。

とか、

Have you finished the tasks I asked you?

お願いしていた作業はもう終わった?

なんて感じで使えます。

誰かにお願いされた仕事という点では、「Task」は日本語の「作業」に近い意味を持つ単語だといえます。

「Task」は数えられる言葉なので、2つ以上の作業があることを伝えたい時には、「Task」を使ってみましょう。

「Operation」も「作業」という意味で使えます!

「Operation」も「作業」という意味で使える単語のひとつ。

この単語は、「作業」という意味から、機械の「運転」、企業の「運営」、そして「手術」なんて意味もあり、使い方次第で意味が変わってきます。

「作業」という意味で使う場合は、

Would you like to see our operation line?

わが社の作業工程をご覧になりますか?

We need to discuss our efficiency of operation.

もっと作業効率について話し合わなきゃいけないな。

といった感じです。

「Operation」には「何かを動かすための作業」という意味合いが強いので、「Task」のようにひとつひとつの作業を表すよりも、一連の作業工程を表すことができる単語だといえます。

また、「Operation」も数えることができる単語ですので、

We have two operation managers in this company.

私たちの会社には、オペレーション・マネージャーは2人います。

といった感じで複数形にもできますよ。

少しぼやかした表現をするなら「Something to do」を使おう

「作業」という言葉を使いたくない時や、作業内容を言いたくない時には、「Something to do」「やることがある」という表現も使えます。

例えば、

Hey are you busy?

忙しい?

Ah, yeah, I have something to do.

そうだね。やらなきゃいけないことがあるんだ。

とか、

I have something I need to finish.

終わらせなきゃいけなことがあるんだよ。

なんて感じで伝えることができます。

はっきりと「作業をしている」と言わなくても「何かをしている」という事を伝えられますし、この表現は作業がどんなものであっても使えるので、とっても便利ですよ。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<