いろんな文化の魅力がギューッと詰まったシンガポールの女子旅行記☆

私は、気楽な一人旅が大好きなのですが、友達と行く旅行も好き♪社会人になる前に卒業旅行に行こうということで、女友達3人でシンガポールに行きました!

今回は、私のシンガポール女子旅の体験をご紹介して行きます。

いろんな文化のいいとこどりなシンガポールにウキウキ

「せっかくだし、卒業旅行で海外に行こう!」と、私の友人が言い出し、女3人で海外旅行の計画を始めました。

私はディープなアジアが好きなので、カンボジアとか、私が何度か行ったことのあるインドを提案しました。

ですが、友人に「私は、危なそうなところはちょっと…。」と言われ、却下。そこで挙がったのがシンガポール。

「シンガポールなら、ミックスカルチャーだから、インドや、中国、マレーシアなど、いろんな国の雰囲気を楽しめていいんじゃない?」ということで、シンガポールに行くことに決めました。

シンガポールの街並みはとっても素敵で、「かわい~!!」の連続。カラフルなイギリス建築の家屋や、にぎやかな中華街、アラビアンな雰囲気のアラブストリート。どこに行っても感動的な景色を楽しめました。

「1つの国に行っただけなのに、なんだかいろんな国に来た気持ちになれるからお得だね。」なんて言いながら、いろんな街並みを堪能しました。

海南チキンライスに感動!!

シンガポールで食事を楽しむなら、やっぱり、屋台!ということで、私たち3人も屋台でご飯を食べてみることにしました。

「せっかくだから、みんなで違うものを頼もう」と、みんなそれぞれ違ったお店で注文することに。

シンガポールは多文化国家ということもあり、食べ物の種類もインドカレー、中華、マレー料理、そしていろんな文化の混ざったシンガポール独自の料理など、いろんなものから選べるので、どれにするか迷ってしまうほど。

みんなそれぞれ焼きそばや、チャーハンなどをゲットして席に着きました。

友人の1人が注文したのが、海南チキンライス!これがもう絶品で、みんなで「超おいし~!!」と言いながら、他の料理には目もくれず、一気に完食。

海南チキンライスに出会ってからは、みんな、ほぼ毎日1食は食べていました。(笑)

海南チキンライスは、ご飯とチキンを特製のタレと一緒に炊いたものなのですが、ホロホロのチキンと、うまみがたっぷり詰まったご飯が絶品なんです。屋台飯なので、金額も安く、大満足でしたよ。

ハイティーでオシャレな気分を堪能♪

シンガポールは、イギリスの植民地だったこともあり、建築様式や、文化にイギリスの要素が入っています。

ハイティーと呼ばれる、アフタヌーンティを楽しむ習慣も、イギリス統治時代の名残り。私たち3人もちょっとおしゃれをして、ハイティーを体験してみることにしました。

とってもおしゃれな建物に入っていくと、「ここは、シンガポール?」と思うぐらい、西洋な雰囲気。お客さんも、マレーシアのマダムのような人や、観光客ばかり。

案内されたテーブルに着くと、ウェイターのお兄さんが来てくれて、ハイティーの説明をしてくれた……..のですが、彼の英語が全然聞き取れない。(汗)

当時の私たちは英語力があまりなく、ウェイターの彼もシンガポール英語で早口で話してくるので、全然聞き取れなかったんです。お互い苦笑いしながら、「とりあえず、お兄さんがおススメのでいいです。」と聞き返すのをあきらめました。(笑)

お兄さんがおススメしてくれた紅茶はとってもおいしくて、私の友人が、お兄さんに「グッドチョイス!」と言うと、恥ずかしそうに笑っていました。

まもなく、ハイティーの主役である、ケーキのプレートが運ばれてきました。色とりどりのケーキやフルーツにみんなテンションが上がります。ここでも、また、お兄さんが、ひとつずつケーキの説明をしてくれるのですが、聞き取れない。

彼も私たちの状況を察したらしく、説明を途中で切り上げ、「エンジョイ!」と一言言って去っていきました。私は心の中で、「お兄さん、ごめんね。」と呟きました。

ステキな空間でいただくハイティーは、ケーキの味も紅茶の味も格別でした。シンガポールでこんなに優雅な気分になれるとは思っていなかったので、とっても素敵な体験となりましたよ。

あとがき

女子3人でのシンガポール旅行は、いっぱい食べて、いっぱい遊んで、いっぱい話せた、たくさんの思い出の詰まったものとなりました。

たった3日間の短い旅行でしたが、ステキな卒業旅行となりました。

ぜひ多分かが魅力のシンガポール、楽しんでみてください!

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~