3倍速学習法

「solve」と「resolve」の違いは?それぞれのニュアンスを丁寧に解説!

「solve」と「resolve」。どちらも似たような意味だったような…でもハッキリした違いは?と聞かれると困ってしまう。そんな風な、似たような単語ってありますよね。

語感が似ているだけではなくて、意味も似たようなものだから困ってしまいます。

一体どちらを、どのような場面で使ったらいいのか。

今回は、この紛らわしい二つの単語、「solve」と「resolve」について見ていきましょう。

そして、違いをこの際はっきりさせておきましょう!

「solve」はどんな時に使う?

ではまず「solve」から見ていきましょう。まずは辞書で意味を引いてみます。

すると、「解決する・解く・解答する・解明する」と出てきます。

「solve」の「解決する」は、まず問題がそこにあって、それを解決する、という場合に使われます。

例えば、数学の問題を解く、謎を解くなどです。

「しっかり解決」が「solve」なのです。

例文を見ていきます。

・He solved a difficult equation. (彼は難しい方程式を解いた)
・I am trying to solve the computer problem. (私はコンピューターの問題を直そうとしている)

例えば、方程式にははっきりとした答えがあり、「曖昧な解決法」はありませんね。

また、コンピューターに不具合があるとき、なんとなーく直った、というのではまた問題は起こり得ます。「しっかり」直す、修理しないといけませんよね。

こういった、「しっかり解決」を表すことができるのです、

つまり、正解のある問題を解決するのが「solve」です。

「resolve」はどんな場合に使う?

では「resolve」を見ていきます。

これもまずは辞書で意味を見てみると、「解決する、決議する、決意する、決める、晴らす」などと出てきます。

同じ「解決する」でも、「resolve」の解決は「相手がいる問題」の場合が多いです。

「決める」の意味があるように、まずは相手ありきの問題がそこにあり、何かを決めることで「解決」するというニュアンスです。

つまり、数学の答えのような、一つしか答えのない「ハッキリした解決」ではないのですね。

例文を挙げてみます。

・There are some tasks that we must resolve. (いくつか解決しなくてはならない問題がある)
・I’d like to resolve this issue as soon as possible. (私はこの問題をできるだけ早く解決したい)
・He made a resolve to stop smoking! (彼はタバコをやめると決心した!)

ちょっと分かり辛いかもしれないので、一つづつ見ていきます。

「There are some tasks that we must resolve. 」、この例文で「解決」しようとしているのは「task(仕事、務め)」です。そして「we must resolve」ですので、一人ではなく「私たちで解決しなくてはならない仕事」ですね。

「I’d like to resolve this issue as soon as possible.」この「issue」はここでは「課題」と意味づけることができるでしょう。

この二つ、「解決する」のはどれも「ハッキリしたただ一つの答え」ではないですよね。

仕事の問題にしても、課題にしても、どちらも相手がいる問題や、複雑な問題の「解決」になります。

そして「He made a resolve to stop smoking! 」この「resolve」は「決心」になります。

「タバコを吸うという問題を、やめることで解決した=タバコを止めると決心した」になるわけです。

このように、「resolve」は「ハッキリした一つの解答を得るような解決」ではなく、「何かを決議したり、決めることによって導く解決」になるわけです。

主観的で正解のない問題を解くのが「resolve」なんですね。

まとめ

「solve」と「resolve」、この違いわかったでしょうか?

・He solved a difficult equation. (彼は難しい方程式を解いた)

この例文のように、「正解のある問題の答えを得る解決」がe」。数学や謎を解くときなどによく使われます。

・There are some tasks that we must resolve. (いくつか解決しなくてはならない問題がある)

そして、「何かを決議したり、決めることによって導く解決」が「resolve」。

政治的な問題や、会議などでの解決に用いられます。

「しっかり解決のsolve」、「解決策を見つける、決めるのがresolve」と覚えておきましょう。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<