海外勤務の私が実践した英語のスピーキング力を向上させる4ステップ

こんにちは、ヤマシです。

あなたはなぜ英語を勉強しますか?就職の為ですか、それとも海外旅行の為ですか?私はやはり話せるようになりたいから英語を勉強していました。

やはり日本にいるとスピーキング力というのはなかなか向上するのが大変です。だって日本にいたら日本語しか使いませんから。

私が思うに日本人が英語を勉強する理由はおおよそスピーキング力の向上が目的だと思います。

今回はスピーキング力の向上について紹介します。

日本語でも普段から使うフレーズは丸暗記

まず重要なのはよく使う言い回しを覚えてしまう事です。

自分の伝えたい内容が思うように口から出てこないという方は、まずは代表的な言い回しをいくつも暗記してしまうのもとても効果的です。

しかしこれについては難しい事は覚える必要はありません。本当に日常会話の挨拶やうなずきで使うフレーズだけで構いません。

これだけの英語を覚えているだけで会話をつなぐことが出来ます。一度例をだしてみます。

  • All right=いいよ、了解
  • That’s right=その通りです。
  • How about~=~はどう?
  • Let’s ~=~しよう。
  • It’s my pleasure(you’re welcome)=どういたしまして
  • Of course not=もちろんだめ!
  • Congratulation!=おめでとう。

このような言葉は感覚で覚えたほうが日常ですぐ使いますので覚えていても問題ありません。

むしろこれらこそが私からすると一番先に覚えないといけないといけないフレーズと思います。最低限のコミュニケーションですからね。

これが最初に私がやるべきことの1つ目です。

自分でトピックを決めて話す

次に大事だと思うのが自分で何かトピックを決めて話すことです。

自分で普段話している会話のトピックを英語にしたらどうなるんだろうと考えながら、スピーチをしてみる、これが非常にスピーキング力がアップします。

なぜかというと、ずっと英語で話さなければいけない状況を自分で作っていて、かつ専門的な分野の場合更に頭を働かせます。そこで単語が出なかった時、自分で調べることでその記憶は普段机に座って勉強して覚えた単語よりも格段に覚えます。

私は机に座って勉強が苦手な人が英語をチャレンジするのであればこれをオススメします。

ただこれには欠点があります。それは・・

“一人で継続して続けるのは中々難しい事”です。

独りで鏡に向かって話すのは自分の話していることが正しいのか、または相手に理解してもらえているのか分かりません。

だから私はこの特訓をする際は必ずパートナーを探します。あなたの周りで英語を勉強している人がいたらその人を捕まえて一緒に行いましょう。

またスピーチ式トレーニングは自分でルールを設定することもオススメします。例えば“3分間は止まってもあきらめずにとにかく話し続ける“、もしくは”相手に自分が今何を伝えているのか理解してるか“このように自分ルールを敷く事でノルマを作ることがムダにさせない1つの方法です。

最初から完璧な人はいません。しゃべれない人同士で行ったとしても感じ方は自分で分かります。それが分かった時また勉強するモチベーションへと変わっていくのです。

洋書を読む

次に自分の勧める事が洋書を読むことです。

洋書と言っても分厚い本でなくて結構です。3歳の子供たちが読むような童謡本からで大丈夫です。

童謡本、特にディズニー本なんかはページ数も少なくある程度聞いた話もあると思うので分かりやすいです。

今ではAmazonなどで簡単に購入できます。ネットの世の中だからこそそれを利用して少しでも英語上達に役立てていきましょう。

もしくは画像のようにタブレットからダウンロードして読むのもOKです。

発音を意識、そして改善する。

これらを継続して続けていくと発音の壁にぶつかってきます。

この発音が日本人にとっての一番の壁になります。

実は日本語のアクセントと英語のアクセントは全くと言っていいほど違います。なのでよく日本語英語と言われますが、それは発音が主な原因です。

この発音に関しては自分がこれから勉強するにつれて分からない単語に出会うでしょう。

その時にしっかり音声と発音記号を確認してどこを一番強く発音するのかをしっかりと理解していきましょう。

まとめ

私が今回勧めた方法の中で携帯のアプリケーションを使ったり、チャットを使用するということはあえていいません。

それはこれらが受け身で学ぶスタイルだからです。

勿論しゃべるという点ではチャットもいい方法の一つかもしれませんが、私は能動的に英語を使う上記の方が覚えた後忘れにくくなると思っています。

今回の方法をまとめると

  • 普段から使うフレーズは先に覚えてしまう。
  • 自分でトピックを作って話す。
  • 洋書を読む
  • 発音を意識、そして改善させる。

スピーキング能力が上がると非常に楽しくなってきます。是非トライしてみましょう!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。