英語の「多分」使いこなせてる?違いを分かりやすく徹底解説!

「多分」は英語でなんて言うの?と聞かれたら8割以上の日本人が maybe と答えることでしょう。

でも「多分」を表す英語は他にも probably やpossibly などたくさんあるんです。

「一体なにが違うの?!」というのは至って当たり前の質問。よく参考書には「確信の度合いによって使い分ける」と書いてありますが、実はそれだけではない意味が隠されているのです!

実はこの「多分」の英語を使いこなすまで私も随分苦労しました。

今回はそんな私の経験をもとにこのややこしい「多分」の表現の数々を克服しちゃいましょう^^!

Probably(多分の確信度80%)

ほとんどそれが起こるという高い確率の時に使うことが出来ます。英語での説明はこんな感じ。

it’s used when you have evidence to back it up.
(それを裏付ける証拠がある時に使う)

ただ少し困ったこともあるのです。

「Are you coming back?」と聞かれて「I’ll probably come back.」と答えても全く間違いではないのですが、自信満々な印象になってしまい「その自信はどこから?」という印象を与えてしまうこともあります。

Probably ぐらいの確信がある時はシンプルにI’ll come back. と言った方が自然かも知れません。そこまで言い切りたくない時は I think I’ll come back. などと言ってもOKです。

I guess so.(多分の確信度60%)

Guess(予想する)という単語を使うことで「多分そう思うけど違うかな?うーん…」といった自信のない確信の度合いを表すことが出来ます。

I guess so. だけ言うと少し冷たい感じがするので I guess so, but I’m not sure. などとプラスアルファした方が印象◎です。

Maybe (多分の確信度50%)

自信や確信のない「多分」です。英語での説明はこんな感じ。

I’m not certain about it, but it’s possible.

私は英会話の勉強を始めたばかりの頃、外国人と英語で話す機会があるとこのmaybeをかなり使用していました。答えに困るとmaybe。質問が聞き取れないと取り敢えずmaybe。

今思うと本当に恥ずかしいのですがこのmaybeは単体で使うと「さあね(知らんよ)」といったニュアンスです。かなり失礼な回答になってしまいますね。

あまり単体で使うことはおすすめ出来ないmaybeですがある言葉と一緒ならニュアンスを和らげる優しい言葉になります。それは「should」や「need」などの言葉と一緒に使うこと。

例えばyou should check it again.というと威張っているような印象を与えてしまいますがmaybe you should check it again. ならやんわりアドバイスをしている印象に。you need to say sorry.もmaybe you need to say sorry.ならぐっと控えめなニュアンスになります。

Could be(多分の確信度40%)

単体で使える「多分」の表現。

If she doesn’t figure this problem out, is she leaving our company?
(問題解決出来なかったら彼女は会社を辞めちゃうのかな?)

Could be.
(もしかしたら、そうかもね…)

控えめなニュアンスを伝えることが出来ますので、日本人の文化的な控えめさを上手く表すことが出来る表現かも知れませんね。

Perhaps (多分の確信度35%)

Could be と確信度の度合いは殆ど一緒ですが、あまり口語では使われません。丁寧な表現です。かしこまった印象があるので会社の上司などに対して使うことが出来ます。

Could you perhaps help me figure this out?
(こちらを手伝って頂けませんか?)

この言葉が使いこなせたら英会話上級ですね!

まとめ

「多分」という英語は色々とありますがそれぞれ違いがあります。今回紹介した言葉以外にも mayやmightなども「多分」という表現として使うことが出来ます。I might go.(確信度とても低い)I may go.(確信度低い)などと使うことが出来ます。

この2つの言葉で良く使われるのが I might cry.とI may cry.という言い方。この日本語訳は何でしょうか…?

実はこれは「泣きそう…」という意味です。使える表現なので覚えて使ってみて下さいね。

私はこの「多分」を使いこなせるようになるまで、かなりの時間を費やしてしまいました…。知識として知っていてもいざ口に出そうとすると正しい言葉が出てこないんですよね(>_<)

使いこなすのはとても難しいと思いますが、いつか完全にマスターして自由自在に操れるようになればあなたの英会話が更に彩りを増していくと思いますよ。焦らず一緒に少しずつ頑張っていきましょうね^^

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。