3倍速学習法

「散らかす」や「散らかっている」は英語で何という?

日本語で、よく使う言葉も、ふと英語でなんていうんだろう?と考えた時、とっさに思いつかない言葉ってありますよね。

「散らかす」とか「散らかっている」という英語もその一つではないでしょうか?

特にお子さんがいるお母さんは、この言葉を子供部屋でよく使いませんか?(笑)

何を隠そう、私もよく子供部屋の散らかりぶりを見て、よく「なんて散らかってるの!!」と叫んでます(笑)

ここでは、その「散らかす」や「散らかっている」という言葉を英語でなんというのかをご紹介したいと思います。

辞書で「散らかす」を調べると…

辞書で「散らかす」を調べてみると、

「scatter」は「撒き散らす、ばらまく、散財する、散らばる」

「mess up」は「散らかす、バラバラにする、しくじる、ヘマをする」

「litter」は「散らかす、汚す、ポイ捨てする」

「disorder」は「散らかす、乱す、無秩序、混乱」

などが上がってきます。

「散らかす」の意味だけでもたくさんあるんですね。

確かにどれも、「散らかす」という意味なのはわかりますが、どう違うのでしょうか?

1つずつ見ていきましょう!

「撒き散らす、ばらまく、散財する、散らばる」の意味の「Scatter」

このscatterには「散乱」のような事を意味することが多く、例えば、パチンコの玉などがバラバラと床に散らばるような感じといった感じでしょうか。

四方八方に散らばっていたら、所々に目的もなく散らばっているという感じの時に使います。

Farmers scattered the seeds. (農家が種を蒔いた)
He scatters his socks around the house. (彼は靴下を家で脱ぎ散らかした)
She scattered the beans on setsubun.(節分に彼女は豆を蒔いた)

そして、scatterは人に使われる場合もあります。

The crowd scattered. (群衆は散り散りに散らばった)

人が四方八方に散らばる感じを意味する時に使えるので覚えておくと便利ですね。

同じ「撒き散らす」でも、diffuseになると、形のとても微細なものや無形の光や気体などが「拡散」される時に使うので、scatter との違いも覚えておくといいですね。

「散らかす、バラバラにする、しくじる、ヘマをする」を意味する「Mess up」

ネイティブの人と話していると、このmess upという言葉をとてもよく耳にします。

このmessには「ぐちゃぐちゃ」という意味があり、mess upで「ぐちゃぐちゃな状態にしてしまう」のような時に使えます。

My son always messes up his room. (息子はいつも部屋を散らかす)
Why do you always mess up your room? (あなたはなぜいつも部屋を散らかすの!)

このように、親が子供部屋を見て、叫ぶのには一番使われるのがmess upですね。

このmess から派生してmessy「汚い」という言葉もとてもよく使われるので、一緒に覚えてしまいましょう。

また、このmess upにはscatterと同様に人にもよく使われます。

I messed up!! (ぐちゃぐちゃの状態にしてしまった! → ヘマやっちゃった!)

上の例文のように、ネイティブの方が失敗してしまった時に、この「mess up」はとてもよく耳にします。

部屋が散らかっているのと同様、こちらの使い方もよくされるので、一緒に覚えて使ってみると良いかもしれませんね。

「散らかす、汚す、ポイ捨てする」の意味の「Litter」

もともとlitterの名詞系には「ごみ」の意味があります。

そこで、動詞の意味になると「散らかす、汚す、ポイ捨てする」などごみが落ちているような状態を意味することが多いですね。

Please do not litter on the street. (道でポイ捨てしないでください)
Littering is not allowed in this city. (この街ではポイ捨ては禁止されています)
No littering. (ポイ捨て禁止)

この「No littering」はよく公園などのゴミ箱に書いてあることがあります。

letterと一文字違いなので是非、スペルや読み方を間違えないでくださいね。

「散らかす、乱す、無秩序、混乱」の意味の「Disorder」

Disorderには「無秩序」とか「混乱」という名詞の意味があります。

そこから「無秩序になった状態になる=散らかす」という意味も持っています。

My room is in disorder. (部屋が散らかっています)
The lines are in disorder. (列がバラバラだ)

また、disorderには「心身機能の障害、病気」という意味があるので注意をした方がいいでしょう。

Kenny has an eating disorder. (ケニーは摂食障害です)

まとめ

  1. 「scatter」は「撒き散らす、ばらまく、散財する、散らばる」。四方八方に散らばるイメージ
  2. 「mess up」は「散らかす、バラバラにする、しくじる、ヘマをする」。物事をぐちゃぐちゃにするイメージ
  3. 「litter」は「散らかす、汚す、ポイ捨てする」。ポイっとゴミを捨てるイメージ
  4. 「disorder」は「散らかす、乱す、無秩序、混乱」。無秩序に乱されたイメージ

「散らかす」だけでも、こうみると色々と違いがあるもんですね。

しっかり意味の違いを把握して、状況に応じた英語を使い分けてみてくださいね。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<