TOEICで600点の壁を超える勉強法とは?僕が実践した具体的4つの戦略

僕は学生時代に英語の文法も全然やらなかったので、TOEICに関しての知識も全くなく、最初に受けたときのTOEICの結果は悲惨なものでした。

もう10年以上前の話ですが、400点くらいだったような気がします。

これはマズいですよね^^;

で、これじゃあまずいなと思ってあるときからTOEICの勉強を猛烈に行い、数年後には600点、700、800・・前後まで上げることが出来ました。

今回はどのようにして僕がTOEICで点数を上げたのか、スコアを「400→600」にまで伸ばしたその勉強法を紹介したいと思います。

まずはTOEICを受けてみる

まずは今の自分のレベルを図るためにも何も準備せずに実際にTOEICを受けてみることをおすすめします。

最初はわからなくても当然ですし、良い点がとれなくても構いません。

受けた後にどうしていくかというのを考えていくことが何よりも大事です。

試しにでもいいので実際にやってみることをおすすめします。

どういった問題が出題されるのか、リスニングはどれくらいの速さなのか、リーディングや文法問題はどういった形式なのか実際に肌で感じることで何かつかめるかもしれません。

日本ではほぼ毎月のように試験が行われていますし、費用もそこまでめちゃめちゃ高いというわけでもありません。

この記事を見てTOEICに興味のある方はすぐにでも申し込んでみてはいかがでしょう?

ちなみに僕が最初に受けたときの点数は400点くらいで、試験中はわからなすぎてほぼ適当に回答したような覚えがあります。^^;

TOEICで600点を取る理想の形は300・300

みなさんそれぞれに目標としている点数があると思います。

それをまずしっかりと定めることが重要なポイントです。

今回は600点が目標と仮定して進めて行きます。

調べたところ、一般的な大学生のTOEIC平均スコアは450点くらいだそうです。

なのでもし600点欲しい場合はあと150点ですね。

この数字からみて600点でしたらコツさえつかめば多分すぐに取れます。

TOEICには Listening(リスニング)とReading(リーディング)がありますよね?

これをそれぞれ300点に目標設定するのが一番ベストかなと思います。

その目標設定と今の自分の英語力を比較して今からはどの部分を一番強化したらいいのかなを考えていきます。

例えばもし、前回のテストがリスニング200点、リーディング200点だった場合は、それぞれを100点アップさせるつもりで平等に対策を練っていきます。

もしもリスニング300点、リーディング100点だった場合リスニングの勉強はほぼやらなくてもよくて、リーディングの方に重きを置くようにします。

こんな風にして何が一番効率的で無駄なく勉強できるのかを自分なりに導き出していきます。そうすることで、手が届かない点数ではなくて、自分でも何とかいけるかも?と思えてきます。

リスニングスコアを上げるには?

TOEICのリスニングは比較的点数が上げやすい分野です。

僕は海外にもうすでに何ヶ月か住んでいて英語がなんとなく聞きとれるようになってきてたのでそこまで苦労しなかったですが、リスニングはただたくさん聞けばいいというふうなことでもないですね。

なぜなら、知らない単語はいくら聞いてもわからないからです。

これも語彙力を増やすことに繋がるんですが、リスニングの聞き取り練習をするときは知らない単語が出てきた場合は解説をしっかりみるのが大切です。

もっと言うと英語は、特に単語は自分が正しく発音出来ないものは聞き取れないと言われています。単語を覚える際には発音練習も兼ねて同じように発音できるように何度も練習することが大事です。

これは会話にも絶対役立つので面倒くさがらずどんどん発音練習をしていきましょう!

TOEIC600点を取る肝はズバリこれ!語彙力を増やすこと

TOEICの試験で600点以上の高得点を取るために一番大切なことはずばり語彙力です。

単語の種類はビジネス用語が多いのでビジネスシーンで使われることが多いですが、結構日常でも使われる単語も多く出てくるのでTOEICを理由に単語をたくさん覚えるのはすごく効果があると思います。

僕は自分のレベルに合わせて語彙力を伸ばすようにしました。

単語帳などを買ってただがむしゃらに覚えるというのではなく、リーディング問題に出てきた単語を一つ一つ覚えるようにしました。

リーディング問題の最後のパートは長文読解です。

このパート7の部分に関連したテキストを購入し、まずは問題を解いてみてその後知らない単語が出てきたらその都度覚えるようにしました。

単語を覚えるのは非常に大変で、僕は正直あまり単語を覚えるのが得意ではなかったので自分が一番やりやすい手段をとりました。順番はこんな感じです。

  1. パート7の問題を解く
  2. わからない単語に線を引く
  3. 線を引いた単語を一つ一つ調べてオリジナルの単語帳(持ち運びできる小さいノート)にまとめる
  4. オリジナル単語帳を常に持ち歩く(空き時間に確認する)
  5. 寝る前に一通り目を通す
  6. ぐっすり寝る←人は寝ているときにその日の記憶を整理する

この1から6を繰り返すとどんどん単語の数が増えていきます。

そして何回も目にする単語はすでに長期記憶に入っているので復習するときに時間も短縮できます。

その一方で忘れていってしまう単語やなかなか覚えられない単語も出てきます。

それらは自分が苦手としている単語たちなので忘れたら何度も思い出す訓練をします。

僕が行ったのはこんな勉強方法です。

まとめ

  • 実際にTOEICを受けてみる(今の自分のレベルを把握する)
  • 目標点数(600点)に到達するには今何が一番必要か考える
  • リスニングは聞き取れない単語はを一つ一つ調べる
  • 語彙力を増やす

TOEICはコツさえ掴めば誰でもある程度まで点数を上げることができます。

しかしそれを可能にするためにはやはり努力も絶対不可欠。

ぜひ頑張って目標点数を達成しましょうね!!

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~