3倍速学習法

「使い切る」を英語で言うと?よく使われる2つの重要フレーズ

日本語で「使い切る」という言葉の意味を、まず改めて辞書で引いてみましょう。

砂糖を使い切ってしまった、このノートは使い切った、予算を使い切った、など「与えられたものを全部使ってしまう。使い尽くす」という意味です。

同じ「全部使ってしまう」でも、「使い切る」と「底をつく」は英語では違うフレーズがあります。

どのような違いがあるのか、どんな場面でどちらを使うのかなどを見ていきましょう。

「使い切る」は英語でどんなフレーズ?

「使い切る」を表すスレーズは、

・use up

です。

とても簡単な単語の組み合わせなので、覚えやすいし言いやすいですね。

でもこれらの簡単な単語の組み合わせでできている英語のフレーズはとても多いので、いくら簡単といっても混乱してしまうこともあるかもしれません。

そこで、この「up」がつくフレーズは、大抵は「徹底して何かを行う」「全部」というニュアンスになる、ということを覚えておいてください。

例を出すと、「give up(諦める)」 「lock up(戸締りする)」 「messed up(失敗する)」「 eat up(食べ尽くす)」などがあります。

一つずつ見ていきましょう。

「give up(諦める)」=断念する、仕方がないと思い切る、ということですから「徹底して」いることですね。

「lock up(戸締りする)」=全部戸を閉める、ですのでこれも「全部〜する」のニュアンスがあります。

「messed up(失敗する)」=これはスラングになりますが、めちゃくちゃになる、大失敗という意味ですから、「徹底して」駄目になったという事です。

「 eat up(食べ尽くす)」=平らげてしまう、ですから「徹底して」「全部」食べてしまうということですね。

このように、ある単語の後に「up」がついたフレーズは、「徹底して何かを行う」「全部」のニュアンスがあると覚えておくと、混乱しにくくなるかもしれません。

つまり「使い切る」は、「使う」という意味の「use」に「徹底して何かを行う」「全部」の「up」がつきますから、「全部徹底して使う=使い切る」になるというわけです。

例文を上げてみると、

・I’ve used up milk. (牛乳使い切っちゃった。)
・Can I use up all the honey? (はちみつ使い切ってしまってもいい?)

などとなります。

「底をつく」のニュアンスは?

もう一つ、「全部使ってしまう」という意味合いのフレーズ、

・run out

があります。

こちらは「使い切る」とも言えますが、どちらかというと「底をつく」というニュアンスになります。

詳しく見ていきましょう。

「use up」の「使い切る」とどう違うのかというと、「use up」は、「使い切ってしまう人」に視点が置かれているのに対し、「run out」は「使い切ってしまったもの」に視点がある感じです。

なんだかわからないですね。例文を挙げて見ていきますよ。

・We’ve used up money.
・We’ve run out of money.

どちらも、「お金を使い切ってしまった」という意味です。

でも、「use up」を使った「We’ve used up money.」は、「私たちはお金を使ってしまった。」と、「私たち」に視点があるのです。

一方、「run out」を使った「We’ve run out of money.」は、「お金が底をついてしまった」というふうな「無くなってしまったお金」に視点があります。

なぜかというと、「run out」を使うときは、前置詞である「of」を入れてから目的語が来るため、「run out of 〇〇」で一つのフレーズになるので、「使い切ってしまった〇〇」に視点が来るわけなんですね。

ですので先ほどの例文、「Can I use up all the honey? (はちみつ使い切ってしまってもいい?)」の「use up」を「run out」に置き換えてみると、

・Can I run out of all the honey?

となって、不自然なわけです。

「私」に視点のある「私がはちみつを使い切ってもいい?」なので、「use up」を使うべきでしょう。

「run out」を使ったよくある表現としては、「run out of water(水がなくなる)」、「 run out of fuel(燃料切れ)」、「 run out of steam(息切れする)」などがあります。

まとめ

同じ「全部使ってしまう」でも、場面によって微妙な違いがありましたね。

・use up

は、「使い切ってしまう人」に視点がある「使い切る」。

・run out

は、前置詞である「of」を入れてから目的語が来て、「使い切ってしまった〇〇」に視点があります。

状況によって、ニュアンスの近い方を使ってみてくださいね。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<