トルコ・イスタンブール空港で過ごした感想。お土産は高いから要注意!?

たくさんの魅力の詰まったトルコ旅行を終え、日本に帰国前にイスタンブールの空港でショッピングをすることにしました。

ただ、ビックリだったのが、空港内の物価!

かなり高くて驚きでした。(笑)

今回は、トルコ、イスタンブール空港でのビックリ体験についてお話していきます。

空港のお土産屋さんは要注意??

友人を訪ねてトルコを旅行していたのですが、トルコの方はとっても親切で、というか、親切すぎるくらい親切だったんです。(笑)

どれくらい親切かと言うと、一緒に出掛けた時も、友人のご家族が食事代や交通費、美術館の入場料まで払ってくれて、私はお財布を出すことがないくらい。

最初は「とっても優しいな~。」と思っていたのですが、出かけるたびに何でも払ってくれていて、だんだん申し訳ない気持ちになりました。

さらには、お土産を買おうとした時も、「私たちが払うから!」といって強引に払うのを止められ、「これは私の友人の為に買うから、私に払わせて。」と言っても、「トルコに来たらあなたはお客さんなの。だからお客さんには1円も払ってほしくないのよ。」と言われてしまいました。

とっても優しいその気遣いは、うれしかったのですが、自分が買いたいものが買えず、「まあ、帰りに空港でお土産を買えばいいか。」と、旅行中の買い物はあきらめました。

トルコ旅行最終日、空港まで一緒について聞きてくれた友人に別れを告げ、空港内に入りました。

トルコの空港は思っていたよりとっても立派で、カフェやお土産物屋さんがたくさん。

「これなら良いお土産が買えそう。時間もあるし、ゆっくり見よう。」と、空港のお土産物売り場を見に行くことにしました。

トルコの雑貨は本当にかわいいものばかり。チューリップ柄のティーカップや、おしゃれなブレスレット、キラキラ輝くトルコランプ。

「どれも素敵なものばかりだなぁ。何を買おう。」と迷ってしまうほど、魅力的なものであふれています。

「このブレスレットならいろんな柄があるし、重くないし、お土産にいいかも。」と思い、値段を見てみると、「そんなに高くないな。」といった感じ。

トルコ人の友人からは、「空港内は金額が高いから、買い物はしないほうがいいよ。」と言われていたのですが、そんなにビックリするような金額ではありません。

ブレスレットや、刺しゅうの入った小物入れなどいくつかお土産を手にし、レジに向かいます。

レジのお姉さんが伝えてきた金額を払おうとすると、「No No これはユーロの金額よ。」と言われました。

「え?どうゆうこと?」と聞くと、ブレスレットに付いた値札を私に見せて、「ここにユーロって書いてあるでしょ?トルコリラの金額で計算すると…」と、トルコリラの金額を打った電卓を見せられました。

「えっ?うそでしょ??こんなに高いの??」とかなり驚きのお値段。

旅行中に見てきたものの2~3倍以上の金額でした。

ですが友人のお土産も買いたい。なので、あまっていたトルコリラを全てお姉さんに渡します。

「う~ん。ちょっと足りないわね。」と言うお姉さん。

私も焦りながら、「オーストラリアドルがあるけど、使える??」と聞くと、「オッケー。」と言って、オーストラリアドルで残りを支払うことができ、何とか無事にお土産を買うことができました。

どこの国でも英語が通じるわけではない

「ちゃんと友人の忠告を聞いておくべきだったなぁ。」と後悔しながら、自分の乗る飛行機のゲートに向かいます。

ゲートに向かう途中、「あっ、お水でも買おう。」と、近くにあったカフェで、「ボトル入りのお水をください。」と英語で言うと、「えっ?何?」とトルコ語で言われ、「Water, Water」と言ってもなかなか通じません。

最終的には滞在中に教えてもらったつたないトルコ語で、「Su(水)Lutfen(お願いします)」と言うと、「あ~。オッケー、オッケー。」と、やっとお水を買うことができました。

そして、そのお水もやっぱり高かったです。(笑)

トルコでは、英語が話せる人は、結構限られていて、旅行中も都市部の観光地のお土産物屋さんなど以外では、英語が通じない場面は多々ありました。

空港でも、お土産屋さんのお姉さんはとっても流ちょうな英語を話していましたが、カフェのお兄さんは英語が苦手そうでした。(笑)

空港はどの国でも英語が通じるだろうと思っていましたが、意外と英語が伝わらない場合もあるんだなぁと感じました。

あとがき

トルコ空港内のお店の金額の高さには、かなり驚かされました。

他の国でも、空港で買うものは高いという印象がありますが、トルコは予想以上に高かったです。(笑)

このトルコ旅行で、旅行に行く際は現地の物価、そして空港事情について事前に調べておくことは大切だなぁということを学びました。

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~