大人の中学英語やり直し講座⑩『未来形』のニュアンスを抑えよう

今回は未来形です。未来形と聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか?

将来何をしたいか将来どうなるか、未来のことを思い浮かべますが、実際の英文法の未来形は近いうちにしようとしていることなどを表現したり、遠い未来=将来のことだけではありません。

今回も、私が英会話によく使う英文と一緒に未来形について説明したいと思います。

未来形も英会話でよく使いますので、英会話と結びつけて未来形を勉強していってくださいね。

未来形は大きく分けて3種類!使い分けに気をつけよう

未来形の表現は、主に3つの表現の仕方になります。

それぞれ未来を表すけれど表現する意味合いが違いますので、意味合いをしっかり理解をした上で使い分けていきましょう。

少し微妙な意味合いの使い分けが必要かもしれませんが、使っているうちにあなたのよく使う表現が身に付いていきます。

最初は難しいかもしれませんが、焦らず意味を理解しながら英会話で話される表現を覚えていくといいと思います。

前もって決めたことを表すbe going to

未来に起こることで、前もって決めていたことを表すのってよくありますよね。

「〜する予定」とか「〜するつもり」という話です。

例えば「明日なんか予定あるの?」「明日は、京都に行く予定やねん」という会話があるとしたら、”What are you going tomorrow?” “I am going to go to Kyoto.” という感じです。

未来に起こりうることで、前もって決まっていることを表します。英会話でこの表現もよく使うと思います。

予定として前もって決めていることを表現するのは、be going to〜になります。

否定形の場合は、be not going to〜、疑問形の場合は be 主語 going to〜となります。

今さっき思いついて決めたことや予想できることを表すwill

今、パッと何かしようと決めることってありますよね。そういう時はwillを使います。

「そうだ!京都に行こう!」なんて時は、”I will go to Kyoto.”

ちなみにwillは、省略できますので I’llとすることもできます。

それと、天気予報で「明日は曇りでしょう」というのは、”It will be cloudy tomorrow.”と表現します。

否定形は、will not で、疑問形はWill 主語 動詞 の形になります。

ちなみにwillの疑問形は、誰かにお願いをする時にも使うことができます。

「傘を貸してくれませんか?」”Will you borrow your umbrella?”

すぐに起こりうることを表すbe 〜ing

come,arrive,go,leave,do,finish,stay,sleep、などの動詞はごく近い未来形として表すことができます。

形は現在進行形の形になって、”Spring is coming soon.”「春がもうすぐ来る」や「もうすぐ仕事が終わるよ」”I am finishing my job.”なんて表現もできます。

これは単語の感覚みたいなもので覚えるしかないと思います。

この表現は、あまり知られていない表現かもしれません。未来形の表現の中に現在進行形で近いうちに起こりうることが表現できるということも頭に入れておいてくださいね。

使い分けが難しい未来形を使い分けて英会話に活かそう!

私は未来形を勉強した時に感じたのは、やっぱり微妙な違いが理解しにくいと思いました。

だから、シンプルに前もって決まっていることを表す時は、”be going to”を使って、思いついたことや予想できることはwillという感じで覚えて英会話で話しています。

やはりネイティブではないから、間違えることも多いし微妙なニュアンスの違いを理解することは難しいです。

そこは、あまり気にしないで、どんどん英会話で話していって間違えていると教えてくれる人がいたら教えてもらってもいいし、色々調べながら勉強することが大切だと思います。

私は英作をしてわからない時はGoogleを使うようにしています。

調べたい文章に「英語」とつけるだけで、検索できることができるのでよく使っています。

自分の英作が正しいかどうかってわかりませんよね。もちろんネイティブに教えてもらうのが1番なんですが、なかなかそうもいかないはずです。

そんな時はGoogleで調べるのが早いし、どうしても気になるならYahoo知恵袋に聞いてもいいかもしれません。

正しい英文が勉強できる方法をあなた自身で見つけることをおすすめします。

覚えた文法を使って英作することを習慣づけよう!

英会話は、だいたい自分の生活のことを話すことが多いですよね。新しく勉強した文法を自分の生活で考えて英作をしてみてください。

朝起きて「今日何しよう?」と考えて、「今日はカフェに行こう!」とその場で決めたなら、”I’ll go to my favorite cafe.” と英語にしてみたり、前から予定したことがあるなら、”I’m going to see my friends.” 「友達に会う予定やな」なんて英文にしてみたり。

あなたの日常のことをどんどん英語に訳していってください。

この積み重ねがあなたの英会話力をつける勉強であり習慣にしていくことで、すぐに英語が話せる準備ができていきますよ。ぜひそういう勉強を習慣にしていってくださいね。

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。