大人の中学英語やり直し講座⑦『現在進行形』のバリエーションを覚えよう

今回は現在進行形です。文法的にも分かり易く、英会話にもよく使う現在進行形を私が使うフレーズとともに説明していきたいと思います。

英会話でもよく使うだけに、マスターして色々な会話で使って欲しい文法の1つです。

色々なシチュエーションを想像して現在進行形を使ってみてくださいね。

現在進行形の作り方のバリエーション

現在進行形は、今の時点のことを表現します。英文もとても作りやすいので、色々な想像をしながら現在進行形を作ることができます。

英会話の練習はイメージトレーニングが大切なので、普段からあなたのしていることなどを現在進行形で表現してみると面白いかもしれませんよ。

頭の中で英作してみたり、実際口に出して呟いてみたりするといざ英会話をする時にスラスラ英文が口から出るようになりますから、そんな感じで習慣にしてみてくださいね。

シンプルな肯定文

現在進行形は、be動詞+一般動詞にingをつけた形でできあがりです。

I am reading a book.(私は本を読んでいます)

今、何をしているかを表す一般動詞にingをつけること、主語に対するbe動詞am,is,areを決めれば作ることができる現在進行形です。

私的には、とてもシンプルに作ることができる文法だと思っています。

今、自分が何をしているか一般動詞さえわかれば表現できますので、一般動詞を多く覚えてより自分の今を表現できたら楽しいですよね。

notを付けるだけの否定文

現在進行形のbe動詞の後ろにnotをつけて否定文になります。

I’m not reading a book.(私は本を読んでいません)

とても簡単に否定文にすることができます。

「今、何してんの?」「本は読んでへんで」なんて会話を想像してしまいました(笑)

具体的な会話として使うことができる現在進行形。否定文の場合も色々な会話のシチュエーションを思い浮かべて英作してみてくださいね。

疑問詞をつけて種類も豊富な疑問形

現在進行形の疑問形は、be動詞+主語+一般動詞のing形になります。

Are you reading a book?
(あなたは本を読んでいますか?)

→Yes,I am.
(はい、読んでます)

→No,I am not.
(いいえ、読んでいません)

「今、何してんの?」「本読んでるん?」日常自分の話言葉で会話を想像してみるとより身近に感じられると思いますので、私の話言葉の関西弁で会話を想像して英会話にしてみます。

あなたの話言葉であなたが誰かと会話をしそうな想像をしてみるのが面白いですよ。

そして、疑問詞を使った現在進行形の表現もあります。

What are you doing?(
あなたは何をしてますか?)

Who is reading a book?
(誰が本を読んでいますか?)

Where is she going?
(彼女はどこへ行くところですか?)

など、現在進行形の疑問形を覚えると英会話で会話が続きやすくなります。

ぜひあなたも英会話の時に現在進行形の疑問文で尋ねてみてください。相手も色々今の状況を話てくれるはずです。

現在進行形に使わない一般動詞

単語自体に進行形の意味を含んでいる英単語には現在進行形に使いません。

代表的な単語をいくつかあげると、love,like,see,want,knowなどがあげられます。

少し注意が必要なのは、haveです。

haveは、(持っている)という意味と(食べる)という意味があり、(食べる)という意味の表現の時には現在進行形を使います。

I am haveing dinner.
(夕食を食べています)

となります。

eatingでも使えますが、この点に関しては注意をしてくださいね。

今を表現する必須の現在進行形は英会話に頻繁に使います

現在進行形は、英会話によく使う文法の1つだと思います。

シチュエーションも色々想定することができます。

例えば電話で「もしもし。今何してる?電話して大丈夫?」「大丈夫やで!今、テレビを観てるところやから。」という会話を英訳すると

“Hello. What are you doing? Can I call you now?”

“OK! I’m watching TV.”

このような会話も想像して作ることができます。

ボキャブラリーが増えるとそれだけ色々な現在進行形の表現ができるようになりますので、合わせて単語や語彙力を増やす勉強もすることをお勧めします。

文法を勉強しながら、単語や語彙の勉強もして、作った英文を口に出して練習するということ心掛けていると、英会話力がどんどん伸びていきます。

ぜひ実践的に勉強する方法をあなたなりに見つけてくださいね。

英会話を意識しながら文法の勉強をしよう!

いかがでしたか?

仕事や家事などで忙しい大人だからこそ、中学英語の文法をやり直しを効率よくやる必要があります。

英会話を意識しながら自分で勉強している文法を使った英作文をしながら、声に出して勉強するという勉強法がおすすめですよ。短い時間で英語力、英会話力を身に付けられるので、私も日頃から実践しています。

楽しみながら学んでいきましょう!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。