ワーホリ中に確実に英語力を伸ばすには?僕が現地で行った勉強法

最初にカナダにワーホリで行ったときは、何も準備をしなかったので全く英語が出来ませんでした。

それでも現地に住んで、そこで生活していれば自然に英語も覚えていくだろうと思い、現地に行ってたから英語をしっかりと勉強しようと思っていました。

そのとき僕がどんな風に英語を覚えていったかということをお伝えしていこうと思います。

カナダに着いた後、3ヶ月間は語学学校へ

多分ほとんどの人は最初の数ヶ月間は現地の語学学校に通うのではないかと思います。

僕もそれが一番手っ取り早く英語を学べると思ったので3ヶ月間は語学学校に通いました。

僕が行っていた学校は英語オンリーのポリシーがある学校で校内で母国語は一切禁止。もし使えばペナルティを課せられ、何度注意しても守れない場合は最悪退学になるという厳しい学校でした。

ストイックな僕にとっては非常にいい環境だったので校内ではどんどん英語を使うようにしました。

もちろん僕は全くの英語初心者だったので何をしてもいいのかもわからないし、どんな風にコミュニケーションをとっていいかもわかりません。

最初はわからなすぎて困りましたが、毎日通えば相手の言っていることがわかるようになるし、授業内で出てくるフレーズが日常で使えるものばかりだったので、覚えたフレーズはどんどん使うようにしました。

校内では日本人同士でも英語を使わないといけないので、非常に奇妙な感覚でしたが、慣れれば居心地のよさもあり、非常に楽しいスクールライフだったのを覚えています。

学校へは朝の9時から夕方の15時くらいまでしっかり勉強して、その後図書館に行って18時くらいまでその日の復習をしたり、宿題をしたりして、毎日を過ごしました。

なので日本語を使う暇も、日本語を見る暇もないまま毎日が過ぎていきました。非常に充実した日々だったと思います。

家ではホストファミリーと英会話

僕は常に英語の環境を作りたかったのでカナダに住んでいる間はずっとホームステイをしていました。

最初に決まったホストファミリーの家が僕には居心地がよかったので、結局1年間住むことになりました。

特によかったことは、家ではリアルな英会話ができたということ。

最初の3ヶ月間は英語がままらならなかったので、毎日学校でしっかり英語の勉強を行い、家に帰ってからもホストファミリーのみんなと積極的に会話をするようにしました。

フィリピン人のお宅だったので彼らは結構おしゃべりで話好きな僕にとってはありがたい環境でした。

いつも学校から帰ってくるとちょうど夕飯時で、帰宅して一息ついたら夕食の時間になり、ディナーを食べながら家族との団欒を楽しむという毎日でした。

そこのホームステイ先には子供達もいて、夕食後には一緒に遊んだりしてました。

最初は単語だけでやり取りをしてたのですが、学校で覚えたフレーズを使ったりしていくうちに会話が出来るようになっていきました。

毎日覚えたことがそのまま活用できるような環境にあったので毎日が新しい発見の連続で非常に充実していました。

みんなが寝静まった後は部屋で発音練習

そこのホストファミリーはいつも21時には寝ていたので僕はみんなが寝静まった後には部屋に戻って洋楽を聴きながら発音練習をするようにしました。

日本にいたときはついつい夜更かししてしまい、いつも寝るのが1時とか2時になっていたので、21時は早過ぎだななんて思いながら部屋に戻り発音練習に励みました。

みんなの寝室は2階にありで僕は1階の部屋だったんですが、あまり音が大きくなるとよくないのでなるべく小さいボリュームで発音練習をしていました。

これがまた面白くてついついハマってしまい、いつも夜遅くまで起きて練習していました。それでも23時くらいにはめちゃめちゃ眠くなるのでその時間には寝ていましたが、日本にいるときに比べても非常に健康的で尚かつ毎日勉強した!っていう感覚があったので夜にはぐっすり眠りことが出来ました。

発音練習に関しては、好きなミュージシャンのCDを購入して、まずは歌詞を全て暗記し、そしてそのミュージシャンと同じように歌えるようになるまで何回も練習しました。

この練習方法は自分の発音が悪いとすぐにわかるのですごくおすすめです。

日本語訛りの発音を直さないと英語はうまくリズムに乗れないので、自分が苦手な箇所(うまくリズムに乗れてない場所)を把握し、何度も何度も練習を繰り返しました。

これによって発音が上達したんじゃないかなと思います。

しかも一曲全てうまく歌えたときはかなり嬉しくどんどん歌えるようになりたいとやればやるほど発音練習の魅力に虜になっていきました。

休みの日は図書館で勉強

学校があったのは月曜から金曜までで土日は基本的には自由な時間を過ごすことが出来ました。

学校で知り合った友達ともよく遊びにも行っていましたが、何も予定がないときは図書館に行って英語の勉強に励みました。

宿題はもちろんですが、学校で習った自分が苦手なところや、日常でよく使えそうなものなどを集中的にやるようにしました。

なので主に文法の勉強が多かったような気がします。

それだけではなく、簡単な英語の本なども借りて読むようにしてました。

本は最初は全然読めなくて苦労しましたが、難易度の低いものから読むようにして、だんだんレベルを上げていくようにしました。

僕はもともと本が好きだったので、英語の本を読めるようになってまた新たな世界が広がるようになりました。とにかく毎日の日々を無駄にしたくなかったのでやりたいなと思ったことは何でもチャレンジしてみました。

最後に

カナダに来る前は、海外に行けば英語が自然と話せるようになると思っていましたが、そうではありません。

カナダに住んでいる間にたくさんの日本人とも出会いましたが、中には数年住んでいるけど全く英語が話せないという人も結構いました。

これは本人たちの問題なので、僕がどうこう言うことではないですが、英語圏で住んで、そこの生活をいかに有効に活用するか、いかに英語を使う機会を作るか、そして現地ならではの体験を楽しむかどうかで変わってきます。

英語を使うことが楽しいという感覚になればもう上達は早いですよね。

日本語よりも英語で話すことの方が楽しくなります。

なので英語をマスターしたいという方は海外に行ってどんどん英語を使って、ときに自分に厳しく英語しか使えない環境に自分を置くことを強くおすすめします。

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~