【ビジネス英語】メールでお礼を伝える!3つのシチュエーション別表現方法

相手にお礼を伝えることって日常よくありますよね。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるくらい、どんな関係の相手にもお礼の気持ちはちゃんと伝えたいものです。

友達なら「ほんまにありがとう!」と気軽に色々お礼を伝える言葉が思い浮かんで伝えることができますが、これが仕事上でお礼を伝えないといけない場合だと、ちょっと難しく考えてしまいませんか?

今回はビジネス英語で相手にお礼をメールで伝える時に使えるフレーズをご紹介しますね。

ビジネスメールでお礼を伝える時のポイント

英語のライティングでは、日本語で文章を書くのと文法が違うので伝えたい内容を簡潔にまとめる必要があります。

何に対してお礼を伝えたいのか、お礼を伝える相手とのビジネス上の関係などを理解した上でメール文を考えなければいけません。日本語や英語関係ないことですよね。

英語でビジネスメールを送る場合でも、シチュエーションでお礼を伝えるフレーズが変わります。

「Thank you!」でもお礼の気持ちは伝わりますが、色々なフレーズをシチュエーションに合わせて使いこなせる方がわかりやすく相手にお礼の気持ちを伝えることができます。

では、具体的シチュエーション別でフレーズを紹介していきますね。

面接後もしくは新しい仕事が決まった時に伝えるフレーズ

面接や新しい仕事が決まった場合は、面接していただいたお礼や新しい仕事が決まるまで話をする機会をもらったことに対してお礼を伝えるフレーズがいいでしょう。

  • Thank you for taking your time.
  • Thank you for the interview.
  • Thank you for the time to speak with me.
  • Thank you very much for this opportunity to work with me.

より感謝を強調したい時には、Thank you very much for ~. という感じで使うといいでしょう。

何かお世話になったお礼を伝えるフレーズ

お礼を伝える内容でよくあるシチュエーションだと思います。こういう場合は、何に対してのお礼なのかがわかる文章にしましょう。

よく使うフレーズは、Thank you for ~. ですが、他にも丁寧な言い方で、I appreciate for ~. も使うことができます。

相手の仕事に対するお礼を伝えるフレーズ例は、

I appreciate for your hard work.

このフレーズも覚えておくと使えるシチュエーションが出てくるはずです。

返信メールでお礼を伝えるフレーズ

メールをいただいたことに対して返信する場合、一言必ず添えた方がいいフレーズです。

日本語でも、「ご連絡いただきありがとうございます」という一文を入れますが、英語では

  • Thank you very much for your e-mail.
  • Thank you very much for your reply.
  • Thank you very much for your quick reply.

あくまで例文ですが、ビジネスメールで返信の場合はこういうフレーズを必ず入れるようにしてください。

色々な仕事があり、会社でビジネスメール文の決まり事があることもあります。会社の場合は上司や同僚に確認してもいいかもしれません。

返信の場合に使うフレーズは、ビジネス以外でも使うことができます。

Thank you for your quick reply. 返信を早くもらえた時には次の返信の時に使えるフレーズです。

英語の基礎が身についていたらフレーズをアレンジできる

ビジネス英語といっても日常英語の基礎が身についていたら、その知識をビジネス用にすればいいだけのことなんです。

今回紹介したフレーズはあくまで例文です。違う単語を使ったりフレーズをお礼の内容に合わせてアレンジすればいいのです。

ビジネス英語のフレーズ集も売っていますが、全てを覚えるには暗記し定着させる時間が必要になります。なので英語の基礎が身についていたら、後はビジネスでよく使う言い回しを覚えてそれをアレンジして使い回す感じです。

私がビジネス英語を勉強し始めて思うのは、基礎英語を発展させた感じ。シチュエーションにあった英語を使うということです。

ビジネス英語に対して難しいイメージを持っていましたが、基礎ができていればシチュエーションに応じた使う英語を覚えるだけでいいことがわかりました。

ビジネス英語の勉強、あまり難しく思わず取り組んでみてくださいね。

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~