人気記事

サイト運営者の元北大生レオの物語です。

・なぜサイト運営をしているのか?
・なぜ就職していないのか?
・どのように個人の力で生きているのか?

留学中の方に大好評の記事です。
あとでぜひ読んでみてください。

→独学英語LIFEの裏話。不安だらけの元北大生の起業物語

海外のバレンタイン文化を体験してみた感想。日本とは真逆で衝撃体験

日本ではバレンタインと言えば、女性からチョコレートを渡したり、告白をする日なんてイメージがありますよね。

でも、海外のバレンタインは全然違うんです!

今回は私がオーストラリア留学中に見た海外のバレンタイン事情についてお話していきます。

日本とは違うバレンタインにビックリ!!

オーストラリアに留学中、バレンタインデーが近づいてきました。

当時彼氏がいなかった私にはバレンタインは特に大切な行事でもなく、あまり気にかけてはいなかったのですが、ふと彼氏がいる友人に、「バレンタインは彼に何かあげるの??」と聞くと、「えっ?何かもらうのの間違いでしょ?」と言われました。

「バレンタインは彼女から何かあげるんじゃないの?」と聞き返すと、「日本では女性から男性にあげるの?オーストラリアでは男性が女性にプレゼントする日だよ。」と言われ、ビックリ!

「日本とは真逆なんだ!」という事を知りました。

友人に「日本では女性がチョコレートを好きな人にあげる日なんだよ。中学生や高校生の頃は手作りのチョコレートとかチョコレートケーキとかよく作ったなぁ。あと、義理チョコっていうのもあって、お世話になっている会社の同僚の男性社員とかにあげたりもするんだよ。」と、日本のバレンタインの習慣を教えると、彼女はかなりビックリしていました。(笑)

「それって日本独自の習慣だね。」と言われ、初めて日本のバレンタインの習慣がほかの国とは異なるという事を知りました。

さらに、その友人に、「じゃあホワイトデーは?」と聞くと、「ホワイトデーって何のこと?」と言われてしまいました。

日本にある男性がバレンタインのお返しをするホワイトデーは海外にはないとのこと。

バレンタインもホワイトデーも海外発祥のものだとばかり思っていたので、日本独自に発展した習慣だと知り、かなりビックリでした!

オーストラリアのバレンタインデー

バレンタインデー当日、私はいつも通りレストランでアルバイトをしていました。

ボスから、「今日はきっとカップルがたくさん来るぞ!」と言われ、「そうなんですね。」と言いながら、お店をオープンすると、あっという間に客席はカップルのお客さんで満席。(笑)

なんだかいつもとは違った雰囲気が漂っていました。

いつもより忙しかったバレンタインの仕事を終え、ヘトヘトになりながら家に帰る途中、市内を歩いていると、街中には、たくさんのカップルであふれていました。

カフェやレストランにはハート形のバルーンや赤やピンクのディスプレイが飾られ、幸せムードいっぱい。

中にはお年寄りのカップルがお茶をしている姿もあって、「わたしも、年をとってもバレンタインを祝える、こんなカップルになりたいなぁ。」と感じました。

海外のバレンタインはとってもロマンチック♪

オーストラリアや欧米諸国では 、バレンタインデーは男性が女性にプレゼントをあげたり、お互いにプレゼントを交換し合ったりします。

チョコレートをあげることもありますが、多くの場合ちょっとおしゃれなレストランに行ったり、バレンタインカードと一緒にジュエリーやお花をプレゼントするのが一般的です。

バレンタインが近づくと、TVなどではジュエリーやギフトアイテムのコマーシャルをたくさん見るようになり、バレンタインムードが高まっていきます。

また、海外では$1ショップやスーパーなどにもメッセージカードコーナーがあって、誕生日カードから出産祝い、結婚式などいろんな場面に合ったカードが売られています。

もちろんバレンタインの時期にはバレンタインカードがたくさん。

カードを開くと中はブランクになっているので、自分の思いを書き込めるのですが、表にはかわいらしいデコレーションと一緒にステキなメッセージが書かれていて、「こんなカードと一緒にお花をもらえたら、最高だなぁ。」と思ってしまいました。(笑)

あとがき

海外生活を通して、日本のバレンタインが海外のものとはかなり違うという事を知りました。

もちろん女性からチョコレートをあげる日本のバレンタインもステキだなと思います。

しかし海外の女性に愛を伝える日、感謝の気持ちを示す日というバレンタインは、レディファーストな国ならではだなぁと感じました。

個人のスキルを高めたい方へ

僕は大学生の頃に
このサイトを立ち上げました。

ネットで発信すること。
それが僕の仕事です。
現在は誰からも雇われずに生活しています。

正直怪しいと思います。
けどこれまでに何十人もの留学経験者や
英語を勉強している方の相談を受け、
僕の経験をお話することで
めちゃくちゃ刺激になったという方がいます。

すべての方に当てはまるかは不明ですが、
僕がどのようにして
現在の個人で生きる道にいたったのか?

下記の記事では
僕、運営者レオの物語を書いています。

意外とゆるい感じで書いてるので、
興味のある方は読み物の感覚で
さらっと読んでみてください。けっこう楽しめるかと思います。

→【独学英語LIFEの裏話】22歳の頃に起業したレオの物語