極寒の地、カナダの生活はどれくらい寒い?-40℃の国に移住した感想

カナダと言えば「めちゃくちゃ寒そう!」というイメージありますよね?

なんと私が住むアルバータ州の最低気温は-40℃!

ですが、住んでみると意外と快適なんです。

この記事では、そんな極寒の地、カナダでの生活方法をご紹介していきます。

ヒートテックは必需品

カナダ生活を始める前に、最初にチェックしたのがカナダの気温。

「カナダは寒いイメージだけど、どれくらい寒いんだろう?」と思い、ガイドブックを開いてみると、最低気温-40℃。(汗)

「えっ?カナダの人々はそんな寒さの中どうやって暮らしているの??」と思い、カナダで留学をしている友人に「洋服とかってどんなものを持ってったらいいかな?」と聞いてみると、

「ヒートテックは買ってきたほうがいいかも。カナダでも同じようなもの売っているけれど、分厚いものが多かったり、着心地も日本のもののほうがいいよ。」とのこと。

彼女のアドバイスに従って、出発前にヒートテックのTシャツやカットソー、靴下など、必要そうな防寒グッズを買って、カナダに出発しました。

-40℃でも寒くない?カナダの生活スタイル

私がカナダに到着したのは11月。冬の始まりで雪が降り初めた頃でした。

「きっと寒さで凍えるはず!」と身構えて空港から出ると、「あれ?意外と寒くない。」(笑)

その時すでに-5℃ほどだったのですが、意外と体感温度はそれほど寒くはありませんでした。

そして車に乗車。「おっ。温かい!」とビックリ。車の中は暖房が入っているのはもちろん、座席まで温かい。

「さすが極寒の地。寒くならないような工夫がしてあるんだなあ。これなら生活していけるかも。」と思いながらアパートに向かいました。

カナダのアパートに着くと、またまたビックリ。なんと駐車場は地下!夏場は外でもよいけれど、冬は地下駐車場に車を置いておけば雪に埋もれることも、寒さでエンジンがかからないことも防げるそう。

居住者専用のリモコンキーを「ピッ」と押して、駐車場のドアが開き地下に進んでいきます。そして車を降りると、「寒くない!」駐車場の中もちゃんと暖房が効いていました。

「カナダは暖房がしっかりしているんだなぁ。じゃあアパートの中はどうなんだろう。」とワクワクしながらアパートに入っていくと、もちろん廊下もロビーエリアも暖かい。

アパートは、ビル全体をセントラルヒーティングで温めているので、冬でも24時間暖房が入った状態。なので、建物に入ってしまえば、寒さを感じることはありません。

部屋の中にも、床の周りにヒーターが付いていて、一日中部屋を暖めてくれます。なので、外で雪が降っていても、部屋の中ではTシャツで全然過ごせちゃうんです。

むしろ、温度設定を高くしたままでいると、暑すぎて、窓を開けて外からの冷たい空気を入れるぐらい。(笑)持ってきた厚手の部屋着の出番がないくらい、室内はめちゃめちゃ暖かいんです。

温度は壁についている温度計のようなもので調節できるのも画期的。そしてなんと、暖房代は家賃に含まれているので、とっても経済的!すぐにカナダのアパートが気に入りました。

カナダでの生活は、家の中も温かく、車に乗って移動すれば、-40℃でも、外気に触れることがあまりないので、意外と快適に過ごせるものだなぁと感じました。

冬の観光でリアルな寒さを体感

アルバータ州はロッキーマウンテンで有名。12月、冬真っただ中でしたが、カナディアンロッキーとルイーズ湖を訪れることにしました。

ダウンジャケットにヒートテックインナー、手袋にカナダで購入した超防寒スノーシューズという完全装備でいざルイーズ湖へ。

車から降りて一歩外に出ると、ビューッと突風。「寒っ!」肌が出ている顔の部分に冷たい風が突き刺すします。マフラーで顔を覆って、湖まで歩いていったのですが、道行く人みんなとっても寒そうに体を縮めて速足で歩いていきます。

5分ほどで湖に到着。ですがこの5分が10分ぐらいに感じるほど寒さが体中に走りました。

すごい寒さにもかかわらず、メインの湖では、凍った湖でスケートをしたり、雪景色を楽しむ人がたくさん。私も真っ白な景色を楽しみました。ただ、湖での滞在時間は10分。(笑)

これ以上いたら肺が凍りそうなほど、息をするだけで体の中まで冷え切った感じがして、短い観光時間となりました。(涙)「夏にまた来て、ゆっくり観光しよう。」と決め、湖を後にしました。

その後もロッキーマウンテンを車の中から眺め、外に出ることはあきらめました。建物の中にいる分には寒さを感じることはありませんが、やはり、長時間外に出るとカナダの寒さが身に沁みました。

まとめ

カナダの冬はとっても寒い!ですが、その気候に合わせて生活ができるようにシステムがしっかりしているので、-40℃の世界でもそこまで寒さを感じることなく生活できています。

きちんとした防寒着と、温かいコーヒーがあれば、凍えることなく生活できますよ。

長時間外に出る時は要注意です。(笑)

ーーー

このブログを運営しているREOです。

24歳の現在、僕は就職をせず、
世界中を飛び回って生活をしています。

一度きりの人生、やりたいことは沢山ありました。
そのために英語も勉強してきました。

けど現実はきびしく、
時間も限られているし
金銭的な問題もあるし
生活のために働く必要もある。

せっかく英語を勉強しても、
理想の人生を実現するのは簡単じゃなかった。

こちらのレポートにも書いたように
当時は様々な苦悩がありました。

そんな僕でも、今では英語を武器に
個人として自立していける力を身につけ
理想としたライフスタイルを実現できています。

下記、僕の無料メルマガでは
英語×自己実現の具体的内容を発信してるので、

現状の生活に物足りなさを感じている、
まだまだ人生で挑戦したいことが沢山ある、
そんな方はぜひ登録いただけると嬉しいです。

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<