「Shame」の意味を解説!覚えておくと便利な日常会話での使い方

「Shame=恥=使わない!」という図式が頭の中に出来ている人はいませんか?

Shameには確かに「恥」という意味もありますが、実は日常会話でよく使われるもう一つの意味もあるんですよ!

Shameという単語を使いこなせないなんてもったいない!

今回は日常英会話で使えるShameの意味と使い方を解説していきます!

Shameの語源は?

Shameという単語はもともと古期英語のSchameから来ています。

これはドイツ語の「schame(恥)」と全く同じで、この言葉が現在のshameになったと言われているんですね。

Shameの意味する「恥」の重要なニュアンスは「罪悪感」です。

なので失敗してしまって恥ずかしい時や、好きな人に告白するときの恥ずかしい気持ちを表す時にはこの単語は適しません。

Shameの2つの意味

ではさっそくshameの意味を見ていきましょう。Shameには主に2つの意味があります。

  1. 残念

です。使い方をご紹介します。

Shame! I can’t believe that you just said that!
(恥を知れ!そんなこと言う信じられない)
I can’t tell the truth for shame.
(恥ずかしくてホントのことなんて言えないよ)

※自分が正しくないことをした時など罪悪感を感じている場合

When I was a child, I cheated a test. My teacher blamed on me about that, and I totally blushed with shame.
(子供の頃テストをカンニングして、それを先生に怒られたんだ。その時は本当に恥ずかしくて真っ赤になったよ)

これら3つの例は名詞としての「恥」の例文です。

She told the truth in front of everyone. I was shamed!
(彼女みんなの前で本当のことを言ったんだ。恥をかかされたよ!)

こんな風に動詞としても使うことが出来ます。

では次は②番の意味の例文です。

What a shame you couldn’t come.
(あなたが来れなくて残念でした)
It’s a shame that she wasn’t here to see it. If she were here, she would be so happy.
(彼女がこれを見られなくて残念。もしここにいたら喜んだだろうに)
I screwed up again! I’ve lost my key!
(やばい!鍵なくした!)

That’s a shame.
(残念だね=やっちゃったね=あらら)

※that’s a shameは「あらら」ぐらいの軽い残念さを表すことも出来ます。子供が服を汚した時、同僚がちょっとしたミスをしてしまった時などに使えますね。

会話では①番の意味はあまり使いません。日本語でもあまり普段「恥さらしめ!」なんて言わないですよね。なんだか芝居じみた感じがしますが、英語でも同じです。

よく使うのが②の意味。that’s shame!はthat’s too bad!と同じように使うことができますよ!

Shameを使ったイディオム

◆For shame (なんてざまだ、みっともない)

What a dirty cloths! For shame! Take them all up!
(なんて汚い服!みっともない!お脱ぎなさい!)

◆To my shame (お恥ずかしいことに)

To my shame, I left everything at home.
(お恥ずかしいことに全部家に置いて来てしまいまして)

◆Shame on you (みっともないですよ!)

◆Shame on me (お恥ずかしい!)

◆Shame take him that shame thinks. (自業自得)

I didn’t study at all, failed the test.
(全然勉強しなくてテストに落ちた)

Shame take him that shame thinks.
(自業自得だね)

◆I’m sorry to hear that

That’s a shame(残念です)と同じ意味を持つ表現にI’m sorry to hear thatがあります。似ている表現ですがI’m sorry to hear thatの方がほんの少しカジュアルな表現になります。

What’s wrong? You look down.
(どうしたの?元気ないじゃん)

I’m a bit sick.
(少し気分が悪くて)

I’m sorry to hear that.
(残念だね(大丈夫?ぐらいの意味))

I’ve had no money all day.
(今日一日全くお金なかったんだ)

I’m sorry to hear that!
(残念だね(かわいそう!ぐらいの意味))

まとめ

Shameの「残念」の意味はマイナーな意味ですがよく使われています。

人の気持ちに共感する時に使える便利な単語ですので、ぜひ使ってみてくださいね。

それではまたお会いしましょう!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

24歳の現在、僕は就職をせず、
世界中を飛び回って生活をしています。

一度きりの人生、やりたいことは沢山ありました。
そのために英語も勉強してきました。

けど現実はきびしく、
時間も限られているし
金銭的な問題もあるし
生活のために働く必要もある。

せっかく英語を勉強しても、
理想の人生を実現するのは簡単じゃなかった。

こちらのレポートにも書いたように
当時は様々な苦悩がありました。

そんな僕でも、今では英語を武器に
個人として自立していける力を身につけ
理想としたライフスタイルを実現できています。

下記、僕の無料メルマガでは
英語×自己実現の具体的内容を発信してるので、

現状の生活に物足りなさを感じている、
まだまだ人生で挑戦したいことが沢山ある、
そんな方はぜひ登録いただけると嬉しいです。

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<