3倍速学習法

英語の伝わる話し方にはコツがある!海外在住歴7年の私が実践している事

英語を勉強しているのに、英語が話すのに抵抗がある、英語が伝わらないと感じていませんか。

きっとそれは英語力に問題があるのではなく、英語の話し方、伝え方に問題がある場合が多いんです。

今回は、海外在住7年目の私が実践している英語が伝わる話し方をご紹介いたします。

とにかく大きな声で話そう

英語を話す時に、自信を持って話せていますか?

自信がない時って、小声になってしまったり、モゴモゴと話してしまったりしますよね。それが英語が伝わらない大きな原因になっていることがあるんです。

私の友人の一人に、英語は中学、高校の基礎しか学んでいないけれど、海外で生活してみたくてオーストラリアに来ていた子がいます。

その子の英語は、文法もめちゃくちゃでしたし、発音もきれいとは言えないものでしたが、なぜか彼女の英語はいつも伝わっていたんです。

英語が伝わっていた理由は彼女の話し方。その子はいつもハキハキと、大きな声で話していたんです。

英語が上手くなくても、大きい声で、自信を持って話せば、英語は案外伝わるものです。自分の英語に自信を持って話してみましょう。

早口はNG?

英語をスラスラ話せている人って、かっこいいですよね。ですが、自分の英語を伝えるためには、ただスラスラと早口で話すのではなく、単語ひとつひとつを丁寧に発音することを心がけてみてください。

私たち日本人の英語は、ネイティブの人からすると、発音が違ったり、文法に間違いがあったりと、ナチュラルではない場合もあります。その間違った英語を早口で話してしまうと、やはり聞き取ってはもらえません。

日本語でもそうですが、ゆっくり、丁寧な話し方をすれば、相手に伝わりやすくなるものです。英語の流暢さは後からついてきます。

始めのうちは丁寧に話すことを心がけると良いですよ。

伝えたい単語を強調しよう

伝わる英語を話すためには、単語を強調して話すのもカギ。この方法はとても効果的で、わたしも英語で話す時にいつも気を付けています。

例えば、買い物に行って、この洋服のMサイズはありますか?と言いたいときに、「Do you have Medium size for this?」といった感じで聞くことができるのですが、その時に、このMediumのところを強調して、ちょっとゆっくりめに言うことで、この人はMサイズを探しているんだなと分かってもらえます。

つなげて話した方がかっこよく聞こえますが、英語を話すにはかっこよさよりも伝わりやすさが大事な場合もありますよ。

感情をこめて話そう

英語のネイティブスピーカーの方は、日本人からするとオーバーじゃないかと思うくらい表現力が豊か。

楽しい時は本当に楽しそうに話をするし、悲しいことがあったときは、話を聞いているこちらも悲しくなるようなトーンで話したりします。

最初は感情を入れて話すのに抵抗があるかもしれませんが、恥ずかしさを捨てて英語を話すことを楽しみましょう。

英語が伝わることを実感できますよ。

伝わらない場合は説明してみる

海外で生活をしていると、1回で自分の言っていることが伝わらないことは良くあります。単純に聞こえなかった場合もありますし、私の発音が悪かったり、使っている単語が相手が知らないものだったり理由は様々。

聞き返されてしまうと、「伝わらなかった、どうしよう」と思いがちですが、そんな時は他の言葉に言い換えたり、伝えたいものが何なのかを説明すると良いですよ。

先日、アジア系のスーパーで餃子の皮を探していたのですが、なかなか見つからず、店員さんを見つけて「餃子の皮って置いてますか?」と聞いてみました。

その方は、「うーん。分からないけど、それはどんなもの?」と聞いてきたので、「餃子って知ってますか?アジアの食べ物で、お肉とかを小麦粉でできた皮で包んで食べるヤツ。その包む皮を探しているんです。」と言う感じで説明したら、「あー。それなら冷凍アジア食品コーナーにあると思うよ。」と教えてくれました。

1回で伝わらなくても、それがどんなものなのか、何に使うものなのかなどを説明できれば、自分が探しているものを簡潔に伝えることができますよ。

ネイティブが使う表現をマネしよう

日本の学校で学ぶ英語は、日常会話では実際にあまり使われていない場合もあるんです。

例えば、「お元気ですか?」は「How are you?」で学んできましたよね。

ですが、あまりこの表現を使う方はいません。

それよりも、「How’s it going?」(調子はいかがですか?)とか、「How have you been?」(元気にしていましたか?)などの表現の方がよく聞かれます。

このような表現は学校で習うことはあまりないので、ネイティブスピーカーが使っている表現をキャッチして、自分も使ってみましょう。

英語がナチュラルになって、より伝わりやすくなりますよ。

まとめ

私が海外で生活する中で、実践すると、英語が伝わりやすいなーと思った方法をご紹介しました。

ちょっとしたことを変えるだけで、英語は伝わるようになります。

ぜひ、自信を持って英語で話してみましょう。英語が伝わるってとっても楽しいですよ。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<