英語の雑談力を上げよう!!会話に困らなくなる5つの鉄板ネタとは?

『外国の人と楽しく会話がしたい』
『外国人の同僚との距離を縮めたい』
『ホストファミリーと仲良くなりたい』….

日本語では何の苦労をしなくても会話できるのに、英語になるとおとなしくなってしまう…そんな方いるのではないでしょうか?実は、私もその1人でした。

今回はそんな私が、英語の雑談力を身につけることで変わった世界、そして会話で困らなくなる5つのオススメ雑談ネタをご紹介します。

英語の雑談力を身につけるとこんなに楽しくなる!

私が留学に行く目的はいつも『もっと英語を話せるようになりたい!』。

話せるようになるには、実践が重要です。

そして留学は、自分の英語力を試す最大のチャンスです!

私は留学に行くとあまり日本人と関わらないようにしていて、積極的に他国の人と一緒に過ごすようにしています。

そんな時に仲良くなれる人は、“雑談”が盛り上がったときです。

何でもない話だけど、なんだかとても居心地がいい。そう思ってもらえたらあっという間に友達になれます。1人友達が増えると、どんどん輪が広がっていきます!

また、外国で働いていると、日本人と働いていた時よりも、上司や同僚と仕事の話以外のプライベートな話で盛り上がることがあります。

私はそういう話が出来るようになってから、お互い顔を合わせた時に笑顔が増えて、よりリラックスモードで関われるようになってきたことで、格段に仕事がスムーズにやりやすくなりました。

雑談力を磨いて、どんどん話せるようになりましょう!

英語の雑談で困らない5つのネタ

それではこれから雑談に使える会話のネタを紹介したいと思いますが、そもそも雑談力を鍛えるのは実践を積むことが何よりも重要です。

会話の雰囲気など、その場にいる人にしかわからないことも多くあるので、「知識」と「実践」、どちらも大事にして雑談力を磨いていってくださいね。

では、私もよく使っている5つの雑談ネタをご紹介します。

①あいさつをする

あいさつが大事なのは世界共通です!

まずは顔を合わせたら『Hello,〇〇!』『How are you doing?』であいさつをしましょう。

私も、たとえ会話が続かなくても毎日根気よくあいさつを続けていたら、だんだんと会話が増えてきていつの間にか仲良くなっていた…!!ということが何度もありました。きっかけを作ることが重要です。

②身につけているものを褒める

私は、これで今のカナダ人の同僚と仲良くなりました。

『I like your tops!』(あなたのトップス素敵ですね!)

『I like your boots』(あなたの靴素敵ですね!)

『You are wearing a nice watch!』(素敵な時計をしていますね!)

『I like your hair, you look beautiful!』(あなたの髪型素敵ね、とても綺麗だわ!)

褒めるものが見つけられなければ、色を褒めます。

『I like the color of your sweater』(そのセーターの色素敵ですね)

褒められて嬉しくない人はいません。みんながハッピーになります!

これで会話のきっかけとなり、『このトップスは〇〇で買ったんだよ〜』、『I like yours, too』と繋がり会話が続きます。

③『What’s new?』『What’s up?』への答え方

これ、『最近どう?』という意味ですが、日本人が聞かれて一度は悩んだことがあるのではないかと思います。日本では馴染みのない習慣ですよね。

私は、いつもこれを聞かれて「そんなに話すほどの面白いこと、ニュースになるようなことなんてないよ〜」と、固まっていました。

他にも、『How was your day?』(今日はどんな1日だった?)と聞かれると、『It was good』(よかったよ〜)とか、『So so…』(まぁまぁ…)と答えるだけで会話が終わってしまったりして、しばらくこれに苦しんでいました。

でも、実は話す内容は、なんでもいいんです。

私はいつも、『I took a bus this morning and it was so crowded…』『I went to 〇〇 last weekend…』と1日のできごとや、週末にしたこと、自分に起こった事を話しています。

④相手の出身地を尋ねる

海外にいると、いろんな国の人に会います。

私の今いるカナダには他国からの留学生が沢山いますし、職場にも移民や、同じ国でも違う地域で生まれた人がいます。

シンプルに、『Where are you from?』

もし自分の知っている国の出身者であれば、自分の知っている話をすればいいし、

知らない国でも『Do you have snow in your country?』

『How long does it take to get here?』など、色々な質問で会話ができます。

私も、語学学校で必ずと言っていいほど出身地の話になりましたが、かなり話が続きます。

⑤日本の話で盛り上がろう

日本は世界的にもとてもポピュラーな国だと言えます。

私の外国人の友達のほとんどが”いつか行ってみたい国”として候補にあげてくれます。

人口、政治、経済、食事、文化、アニメ….意外とコアな部分を聞いてくる人もいます。日本に興味を持ってくれる人が沢山いること、日本に生まれてよかった!と日本をもっと好きになる瞬間です!

そして、私は日本についてまだまだ知らないことがあるな〜といつも思います。聞かれて調べていくうちに、日本ってこんなに素晴らしい国なんだな、と実感します。

まとめ

英語での雑談力UPは、”慣れ”が重要です。

まず、この5つの中のどれかを実践してみてください。少しずつ会話が続いている実感が湧いてくる日が必ず来ます。

一緒に雑談できるネイティブの友達が欲しい!という方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

憧れを現実に!英語を生かしてネイティブの友達を作る方法4選

あなたの英会話がより楽しく、過ごしやすいものになりますように、コツコツと積み重ねていきましょう。

すぐに変化は出ないかもしれませんが、英会話を”楽しむ”ことを忘れずに!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。