海外でのハロウィーンイベント!メルボルン・ゾンビウォーク体験記

ハロウィーンというと、仮装をして、かぼちゃを飾ってというイメージがありますよね?

ですが、実際の海外のハロウィーンは日本とはかなり違うんです!

今回は、私がメルボルンで体験したハロウィーンイベント、ゾンビウォークをご紹介していきます。

ハロウィーンイベントは日本と一味違う!

オーストラリアにあるメルボルンに留学中、ハロウィーンの季節がやってきました。

初めての海外でのハロウィーン。

「海外のハロウィーン、テレビでは見たことあるけれど、実際はどんな感じなんだろう?」とワクワクした気持ちで学校に向かうと、お店のウインドウや、学校の構内も、魔女やかぼちゃに、ガイコツなどの飾りがされていて、ハロウィーンムード満載。

「ハロウィーンの装飾って、やっぱりかわいいなぁ。」と思っていると、友人に、「夜の墓地ツアーがあるみたいなんだけど、行ってみない?」と誘われました。

「そんな怖いツアーがあるの??」と驚きでしたが、もともとあまり怖いのは得意なほうではないので、「いや~、そういうのはちょっとパスかも。」と言うと、

「じゃあ、ゾンビウォークを見に行こうよ!これならそんなに怖くないはず。」と言われ、「ゾンビウォーク?きっとみんなが仮装して歩くパレード見ないな感じかな?おもしろそう!」と、友人と一緒に見に行くことにしました。

リアルすぎて震え上がったゾンビウォーク

ゾンビウォーク当日、開始時間よりちょっと早めに待ち合わせをして、「どこで見るのがいいんだろうね~。」と友人と話し合いました。

というのも、このゾンビウォーク、メルボルンの街中全体で行われるイベントで、町中にゾンビが溢れるようになっているんです。(笑)

「とりあえず、一番メインの道で見てみない?」ということになり、歩いていきます。

メインロードには、ゾンビウォーク目当てのお客さんがいっぱい。「結構人気なイベントなんだね。」と話していると友人が、「ほら、これでどこにゾンビがいるか分かるんだよ。」と携帯の画面を見せてくれました。

彼女に携帯の画面には、赤い点が点滅していて、ゾンビが今いる場所を教えてくれます。

「GPS機能ってすごいね!これでどのくらいで私たちのところまで来るかわかるね。」と、携帯を見ていると、ゆっくりと赤い点が私たちのいるところに近づいてきます。

「ゾンビだからやっぱり怖いのかなぁ??」とちょっと怯えながら待っていると、遠くのほうから「キャー。」とか、「わー!!」と言う声がしてきます。

「もうすぐ来るね!!」とワクワクしながら待っていると、ゾンビ集団が見えてきました。

「わー!!これはかなり本格的!!」みんなどうやってメイクをしたり、衣装を作ったのか、かなりリアルなゾンビたち。歩き方や表情もまさにゾンビって感じで、ゾンビ映画を体感しているような感覚になりました。

写真を撮っていると、いきなり、「わー!!」といって襲ってくるゾンビもいて、かなり怖かったです。(笑)

中には子どもゾンビちゃんたちもいて、「かわいいー。」と思って顔を見てみると、赤ちゃんにもゾンビメイクがしっかりされていました。(笑)

「これは日本とは、クオリティーが全然違うわ。」と、とっても驚きでした。

その後も、街の中は人々の叫び声や笑い声、そして、ゾンビに追いかけられて、逃げまどっている人なんかもいて、「ここは、どこ?」と思ってしまうくらい、ゾンビワールドな街になっていました。

私たちも、いつゾンビに襲われるかソワソワしながら街を歩いていると、ちょっとカフェで休憩しているゾンビなんかもいて、「ゾンビがコーヒー飲んでる。」と、笑ってしまいました。

ゾンビたちの中には、白雪姫や、ナース、魔女など、一人ひとり、とっても凝った衣装やメイクをしていて、どのゾンビも見ごたえバツグンでした。

あとがき

メルボルンの町中がゾンビ一色になったゾンビウォーク。

もっとかわいらしいパレードかと思っていたら、かなりホラー感の強いイベントで、ビックリでした。

海外では、ハロウィーンは、元々悪霊払いなどの意味があるそう。

なので、ハロウィーンの時期にはテレビではホラー映画特集が組まれたり、廃墟や墓地巡りツアーなどがこの時期に開催さ入れたりするようです。

ですが、今回私が体験したゾンビウォークのゾンビたちはとっても気さくで、一緒に写真を撮ってくれたり、驚かせた後は、「ごめんね。」と言ってくれたりと、オーストラリアのゾンビたちは、とっても優しかったです。(笑)

日本とはちょっと違ったハロウィーンイベント、とっても怖かったですが、楽しいイベントでした♪

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~