人気記事

サイト運営者の元北大生レオの物語です。

・なぜサイト運営をしているのか?
・なぜ就職していないのか?
・どのように個人の力で生きているのか?

留学中の方に大好評の記事です。
あとでぜひ読んでみてください。

→独学英語LIFEの裏話。不安だらけの元北大生の起業物語

留学の服装はこうすべし!経験者が教える現地で困らない服装選び

留学に行く際に、持って行く服って迷いますよね。

あれもこれもとスーツケースに入れているうちに、荷物がどんどん増えてしまうことも良くあります。

私も、実際に持っていったのに1度も着なかった洋服もありました。

荷物を増やさないためにも、必要最低限の洋服を持って行きましょう。

今回は、留学に持っていくと使える洋服をご紹介していきます。

ベーシックなTシャツは何枚か持っていこう

Tシャツや長袖のカットソーなどは、何枚か持っていくと便利。留学先で買うのも良いのですが、海外のTシャツって、値段が高い割に、すぐに伸びたり、穴が空いちゃったりするんです。

私も、オーストラリアに留学中に、何度か現地でTシャツを買ったのですが、2、3回洗っただけで、すぐに穴が開いてしまったことがありました。

日本の洋服のクオリティは他の国と比べると高いんです。

よく使うものだからこそ、日本から持っていくと良いですよ。

カジュアルな服装がベスト

日本のファッションのまま海外に行くと、現地で浮いてしまったり、日本人だと分かってしまって、トラブルに巻き込まれやすくなったりすることもあります。

ですので、Tシャツにジーンズぐらいのカジュアルな洋服がベスト。

留学に行く場所によっても、街の雰囲気が違うので、一概には言えないのですが、オーストラリアやカナダなどでは、スポーツウエアの人や、ジーンズ姿の人が多いんです。

私が留学していたメルボルンは、オシャレな街として有名で、日本と同じくらいのファッションでも浮くことはなかったのですが、シドニーやケアンズなどでは、Tシャツにサンダルというラフな格好の人が多いので、あまりおしゃれな格好をしていると、ちょっと浮いてしまう印象です。

なので、留学中はあまり服装を気にせず、現地に溶け込めるようなカジュアルなファッションを心がけると良いですよ。

ジーンズやパンツは日本から持っていこう

海外で洋服を買おうと思うと、日本人のサイズに合わないことって良くありますよね。特に、ジーンズやタイトなパンツなどは、自分に合ったサイズを探すのは大変。

私も何度か海外でジーンズを買ったことがあるのですが、サイズは合っているのに、丈が長すぎたり、脚の部分はフィットしているのに、ウェストが大きすぎたりと、なかなか思うようなものが買えませんでした。

トップスや大きめサイズの洋服は、留学先で買うのも良いですが、ジーンズなどは日本から自分の体形に合ったものを持っていくことをおススメします。

万能!薄手のパーカーで調節しよう

私が留学や海外旅行に絶対持っていくのが、薄めの長袖パーカー。

留学先の気候って、行ってみないと分からなかったりしますよね。また、場所によっては、1日のうちの気温差が激しいところもあります。

そんな時に薄手のパーカーを一枚持っていれば、カバンにいつも入れておいて、寒い時に1枚着ることができて、とっても便利なんです。留学の際は、是非1枚持っていきましょう。

きれいめな服を1着持っていこう

海外では、レストランやクラブ、パーティー会場などでドレスコードがある場所もあります。

滞在先にもよりますが、クラブでは、女性はドレス、男性はシャツと長ズボンの着用がドレスコードとなっていて、短パンや、サンダルなどでは入れてもらえません。

留学中に現地で仲良くなった子とクラブに行ったり、誕生日パーティーに呼ばれたりすることもあるので、1着はしっかりとした洋服を持っていくと役立ちますよ。

歩きやすい靴も必須アイテム

留学中は、広いキャンパスの中や、学校から家までの通学の際などに、たくさん歩かなければならないこともあります。

知らない土地でたくさん歩くと、自分が思っている以上に疲れを感じるものです。

ですので、留学中は履き慣れた、歩きやすい靴をチョイスして持って行きましょう。

現地で洋服を買って、現地のファッションを楽しもう

Tシャツやジーンズなど、ベーシックな洋服は日本から持っていくことをおススメしますが、留学先で洋服を買うのもおススメ。現地に溶け込めるような洋服を見つけることができますよ。

海外の洋服って、日本に無いような色合いやデザインのものもあるので、留学先でショッピングをするのも楽しいんです。日本にまだ上陸していないようなブランドの洋服も見つけることができますよ。

私が良く買うのは、オシャレなものではないのですが、「Australia」とか、「Melbourne」など、地名が入ったパーカーやTシャツ。おみやげ物屋さんなんかで買うことができます。

意外と現地の人も、普段着として、地名が入ったTシャツを着ているので、私もよく学校に行くときに来て行っていました。地名の入ったTシャツを見て、そこから話しかけられたりすることもあるので、現地の人とのコミュニケーションを取る良いツールにもなるんです。

留学中は外に来ていくのも良いですし、日本に帰国後も、外に来ていくのが恥ずかしかったら、部屋着にもなるのでおススメですよ。

まとめ

  1. ベーシックなTシャツは何枚か持っていこう
  2. 留学中はカジュアルな服装がベスト
  3. ジーンズやパンツは日本から持っていこう
  4. 万能!薄手のパーカーで調節しよう
  5. きれいめな服を1着持っていこう
  6. 歩きやすい靴は必須アイテム
  7. 現地のファッションを楽しもう

日本で流行っているオシャレは、海外の人の目から見ると、ちょっと変わっていたりすることもあります。現地で浮いてしまわないためにも、留学中は日本のオシャレは忘れて、カジュアルな服装をしてみましょう。

留学中は、留学先のファッションを楽しんで、現地の色に染まってみてはいかがでしょうか。

個人のスキルを高めたい方へ

僕は大学生の頃に
このサイトを立ち上げました。

ネットで発信すること。
それが僕の仕事です。
現在は誰からも雇われずに生活しています。

正直怪しいと思います。
けどこれまでに何十人もの留学経験者や
英語を勉強している方の相談を受け、
僕の経験をお話することで
めちゃくちゃ刺激になったという方がいます。

すべての方に当てはまるかは不明ですが、
僕がどのようにして
現在の個人で生きる道にいたったのか?

下記の記事では
僕、運営者レオの物語を書いています。

意外とゆるい感じで書いてるので、
興味のある方は読み物の感覚で
さらっと読んでみてください。けっこう楽しめるかと思います。

→【独学英語LIFEの裏話】22歳の頃に起業したレオの物語