「焦る」を英語で言うと?状況別のニュアンスをわかりやすく解説!

「焦る」にはどんな英語の表現があるでしょうか。

時間に遅れそうで焦ったり、何かが気がかりで焦ったり、うっかり変なことを言ってしまって焦ったり。

そんな「焦る」瞬間は誰にでもありますよね。

できれば最小限に抑えたいものですが(笑)。

状況に合ったニュアンスの「焦る」表現を見ていきましょう。

気持ちが「焦る」

一番日本人にも身近な言葉としては「panic」があります。

パニック映画、なんていうジャンルにもなっていますね。

「焦って取り乱してしまう」感じのニュアンスでしょうか。

使い方としては

・Don’t panic! (焦らないで!)
・He is panicking.(あいつ焦ってるな。)

などがあります。

「Don’t panic! 」は「頑張って!」みたいなニュアンスで使われることもあります。

例えば運動会とか、何かの試験とかの前に言うんですね。

「頑張って、焦らないでね!」といった感じです。

 

そしてこちらもよく使われます。「freak out」。

焦る、びっくりする、気が動転してみたいな意味合いです。こちらの方がpanicより頻繁にみんな使います。

・I freaked out.(私もうビビっちゃって。)
・She was freaked!(彼女もう狂っちゃってさあ!)

といったニュアンスですね。

びっくりした!焦ったじゃないか!っていう感じは?

びっくりして焦ると、気持ちが落ち着いた後にちょっとむかっと来ませんか?

そんな感情の表現もあります。

・I was upset because she told me that in last minutes!
(彼女、ギリギリになってそんな事言うんだもん、焦ったよ!)

「upset」は学校では「怒る」の表現で習いませんでしたか?

単純に怒る、だけでなく気持ちが動揺した場合によく使われます。

基本ネガティブな気持ちの表現です。怒る、不安になる、イラつく、嫌な気分になる、焦る、などですね。

そしてもう一つ、似たような表現を例文をあげて説明します。

A:Did you know your mom was there when you talked about your boyfriend?
(彼氏の話してた時さ、実は君のママがそこにいたの知ってた?)

B:what!? (うそっ!)

A:Haha just kidding!(うそだよー)

B:You scared me..!(焦ったじゃん..!)

「あなたは私を怖がらせた」と直訳されますね。

「私を焦らせた」といったニュアンスで良く使われます。

時間に遅れそうで焦ってるときは?

では物理的に、時間に遅れそうで焦っている場合のフレーズもご紹介。

・I’m in hurry!(急いでるんだ!)

すごい焦ってますね。これを言われてなお何かを頼んできたり、話を続ける人はいないでしょう。

他には「rush」も焦ってる感が出る言葉ですね。

・I rushed home from work to get ready for the party.
(パーティーの用意をするために仕事後家に焦って帰ったよ。)

まとめ

日常で使える「焦る」のフレーズをご紹介しました。

ではおさらいです。

  • Don’t panic! / I freaked out.
  • I was upset./ You scared me!
  • I’m in hurry.

気持ちが焦る、焦って怒る、時間に遅れそうで焦る、ですね。

焦っていてもさらっとこんな表現を使いこなせたら、だいぶ英会話も上達したということかもしれませんよ!

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~