「ever」の5つの使い方!現在・過去・未来、ここで完全攻略しよう

Everってどんな意味があるのでしょうか?

色々な場所で見かけますがイマイチ意味が掴みにくいですよね。

でも安心してください。これから紹介するeverの5つの使い方とニュアンスを覚えれば、いつでも自由自在にeverを使いこなせるようになります。

everは活用頻度が高いので、リスニングや実践の英会話などあらゆる場面で役立ちますよ!

ではさっそく、みていきましょう!

everの使い方①:現在のことについて表す

さてこの2つの文章を比べてみてください。

Do you ever speak Japanese?

Do you speak Japanese?

どちらも「日本語を話しますか?(話せますか?)」という風に訳されることがありますが、この2つの文章にはニュアンスの違いがあります。

「Do you ever speak Japanese?」は、「日本語話せたりするんですか?(まさか!)」といった感じ。なんだか疑っている印象がありますね。

一方の「Do you speak Japanese?」は、「日本語話せるんですか?」とシンプルに聞いている感じがします。

このニュアンスを逆手にとって

Do you ever fail test?

「試験に落ちたりするの?(まさか!)」という風に使えば、この現在形のeverも上手に使いこなすことが出来ますね。

everの使い方②:過去のことについて表す

Nobody ever listens his class.
(誰も彼の授業を聞いたことがない)

のように、過去形ではありませんが実質過去のことを表す使い方もあります

また、

Did you ever go toHokkaido?
(北海道に行ったんですか?)

のようにもちろん過去形と一緒に使うことも可能です。

Everを置く場所は動詞の前ですね。

everの使い方③:未来のことを表す

Will you ever go back to your country?
(いつか母国に帰るんですか?)

Will you ever try Takoyaki?
(いつかたこ焼きを食べますか?(食べたいですか?))

こんな風に未来形と一緒に使って「いつか〜する」という表現も出来ます。

ここでポイントなのは「未来形にはsomedayを使うことが多い」ということですね。

例えば

Will you ever come to Japan?
(いつか日本に来ますか?)

Yes, I will go someday.
(ええ、いつか行きますよ)

Will you ever try Sashimi?
(お刺身を食べてみたいですか?)

Yes, I will try someday.
(ええ、いつか食べたいです)

などですね。

答えの時はeverは入りません。覚えておきましょう。

ちなみに否定形では

I won’t ever forgive you!
(許さないから!)

という風に使います。

Everは過去・現在・未来全ての時制に対応できる万能な単語です。

未来+否定形のパターンでは「未来のいかなる時でも〜しない」という意味になりますので、このような強い意志を表すことも出来ますね。

everの使い方④:現在完了を表す

日本の英語の教科書ではこの使い方が一番多く取り上げられています。

あなたもよく知っている「いままでに」という訳ですね。

Have you ever been to Thai?(
(タイに行ったことがありますか?)

Have you ever eaten Mexican food?
(メキシコ料理を食べたことがありますか?)

などがあります。

この場合は答えにbeforeがつくことが多いです。

Have you ever been to Russia?
(ロシアに行ったことがありますか?)

Yes, I’ve been to Russia before.
(はい、以前行ったことがあります)

Have you ever eaten soba?

(蕎麦を食べたことがありますか?)

Yes, I’ve eaten soba before.
(はい、ありますよ)

everの使い方⑤:否定疑問文

最後の使い方は否定疑問文です。例えば

My husband Hroshi hasn’t ever helped me with the chores.
(私の夫のヒロシは家事を手伝ったことがない)

という感じで使います。

実はこの文章はneverを使って言い換えることが出来ます。

確認しておきたいのはnever=not everだということ。

では言い換えてみましょう。

My husband Hitoshi has never helped me with the chores.
(私の夫のヒロシは家事を手伝ったことがない)

Notがhasの中に組み込まれるかeverの中に組み込まれるか…といったイメージですね。

Everを使う言い方は日本人の学習者はあまり使い慣れていないと思いますので、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください!

まとめ

Everの使い方が少しお分りいただけたでしょうか?

everは今回紹介した以外にも

This is the best music ever.
(今までで最高の音楽だ)

This is the worst boyfriend ever.
(今までで最悪の彼氏だ)

などという比較級の使い方も出来ます。あわせて覚えておきましょう。

それではまた!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。