3倍速学習法

「homie」の意味とは?スラングの使い方と意外なもう1つの意味を解説

「homie」という単語を知っていますか?

「知らない!」といういう人はどんな意味だと思いますか?

実はこの「homie」という単語は若者の間でよく使われるスラングなんです。

SNSなどでもよく使われていますので、しっかり覚えて、今度SNSでこの単語を見かけた時には意味がわかるようにしましょう。

それではさっそく始めていきますよ!

「homie」の意味

「homie」は「仲間、友達」という意味のスラングです。

「homey」と綴ることもでき、「よっ」という呼びかけにも使います。

「友達」という意味ですが、基本的には男性が使う言葉です。

元々はアフリカ系アメリカ人男性が同じアフリカ系アメリカ人男性に使う言葉でした。

Hey, homie. Sup?

(よっ、元気か?)

You homeys come with me, yeah?

(お前らは一緒に来てくれるよな?)

Yo, what are you up to, homie?

(おいお前ら何やってんだよ?)

「homey」のもう一つの意味

「homie」と同じ意味を持つ「homey」ですが、実は「homey」にはもう一つの意味があります。

「homey」は「くつろげる、家庭的な」という意味を表すアメリカのスラングでもあります。

I like this hotel, because it has homey atmosphere.

(家庭的なのでこのホテルが好きです)

I feel homey when I stay here.

(ここにいるとくつろげる)

「homie」の由来

「homie」はもともと「home boy」(地元の友達)という単語から来ています。

ちなみに女性の場合は「home girl」と言いますね。

つまりアフリカ系アメリカ人男性が、同じアフリカ系の男性にこの「homie」を使うのは、「同じバックグラウンドを持った友達」という意味で使っているのです。

つまり幼馴染の友達や地元の友達など、何らかの共通点のある友達に使える表現だと言えますね。

ただ、かなり砕けた表現なのでビジネスの場での使用は避けましょう。

英語のネット辞書にも「親しい人同士で使う低俗な言葉」とあります。

使うシチュエーションには気をつけてください。

「いつメン」を英語で言ってみよう

では次に「いつものメンバー=いつメン」を英語で言ってみましょう。

squad

「squad」は「軍隊のチーム」という意味の単語ですが、若者の間では「いつメン」の意味で使われています。

ちなみに運動の「スクワット」と似ていますが、こちらのスクワットは「squat」となりますね。(「squat」にはスクワットという意味の他にしゃがむという意味もあります)

Went to the Nana’s place with the squad.

(ナナの家にいつメンで行って来たよ)

※SNSなどで

I’m chilling at home with the squad today.

(今日はいつメンで家でゴロゴロしてるぜ)

usual faces

「usual faces」も「いつメン」を表す表現になります。

I feel awkward, because I don’t see usual faces.

(いつメンじゃないと気まずい)

※awkwardは「気まずい」という意味の英単語です。

You wanna come to the party? Let’s enjoy with the usual faces.

(パーティー来ない?いつメンで楽しもうよ)

ちなみに「usual faces」は「usual members」ということもできます。

またおまけですが「about face」「回れ右をする、態度を180度変える」という意味です。(この時の「face」は複数形ではありませんので注意してくださいね)

When she saw my face, she about faced and run away.

(彼女は私の顔を見るや否や逃げて行った)

まとめ

今回は「homie」という言葉についてご紹介しました。

「homie」はいつでも誰でも使える言葉ではありませんが、何かでこの単語を見た時に意味が分からないよりも分かった方が良いですよね。

いろいろと脱線してしまいましたが、関連語も一緒にご紹介しましたのでできたら一緒に覚えてみてくださいね。

それでは今回はこの辺で!See you next time!

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<